本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「あなたはMVPトロフィーをコビーに返す必要がある」アービングがナッシュHCへ爆弾発言?元選手が衝撃告白<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは2枚看板であるケビン・デュラント&カイリー・アービングの残留が決まり、2022−23シーズンにリーグ優勝を目指す体制はひとまず整った。 しかし、スティーブ・ナッシュ・ヘッドコーチ(HC)が抱える問題は解消されていないと、元NBA選手のオルデン・ポリニスが指摘している。...
別窓で開く

「これから先もハッピーになれない」移籍要求から一転、ネッツ残留のデュラントをバークレーが痛烈批判!「惨めな男」<DUNKSHOOT>
現地時間8月23日、今夏にリーグを賑わせた“ケビン・デュラント狂想曲”が終焉を迎えた。 ブルックリン・ネッツのショーン・マークスGM(ゼネラルマネージャー)は、チームにトレードを要求していたデュラント、スティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)、ジョー・ツァイ(オーナー)、クラ...
別窓で開く

「デュラントはコビーと似た展開になった」現地記者がリーグを揺るがせた今夏の移籍騒動に言及。ネッツの優勝を暗示した可能性も?<DUNKSHOOT>
現地時間6月30日の“衝撃のトレード要求”から約2か月。オフシーズンのリーグを揺るがせ続けたケビン・デュラントの移籍騒動は、8月23日にブルックリン・ネッツ残留が決定し幕を下ろした。 マイアミ・ヒートやフェニックス・サンズ、ボストン・セルティックス、フィラデルフィア・セブンテ...
別窓で開く

FAになる権利を持つアービングはネッツと大型契約を結ぶ意向?一方でマークスGMとは方針にズレも<DUNKSHOOT>
先日、ブルックリン・ネッツのショーン・マークスGM(ゼネラルマネージャー)がシーズン終了に伴う記者会見を開いた。 今季開幕前、ネッツは優勝候補の一角に挙げられていたものの、蓋を開けてみればレギュラーシーズンは44勝38敗(勝率53.7%)でイースタン・カンファレンス7位に終わり、プレーオフではファー...
別窓で開く

“史上最低のドラ1チーム”を識者が選定。ベネット、クワミ・ブラウンら“ある意味有名な選手”が勢揃い<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

ハーデン放出でシモンズらを獲得したネッツ。デュラントは「どんな形でシーズンを終えることになるのか楽しみだ」<DUNKSHOOT>
現地時間2月10日、NBAはトレード・デッドラインを迎え、今年も複数のトレードが成立して多くの選手たちがシーズン途中で移籍した。 なかでも最大の衝撃となったのはブルックリン・ネッツとフィラデルフィア・セブンティシクサーズによる大型トレードだ。...
別窓で開く

セルティックスのGMがブラウンとシモンズのトレードの噂を否定。愛弟子へ送った言葉を明かす<DUNKSHOOT>
NBA史上最多タイとなる17度の優勝を誇るボストン・セルティックス。昨季まで7年連続でプレーオフへ進出し、長くイースタン・カンファレンスの強豪として君臨してきたが、今季は苦戦を強いれらている。 直近4戦で3勝と調子を上げているとはいえ、現地時間11月11日(日本時間12日、日付は以下同)時点で5勝6...
別窓で開く

「ベンは悪いヤツじゃない」“シモンズ問題”に同郷の先輩が持論「周囲が間違ったアドバイスをしている」<DUNKSHOOT>
フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズは、今季まだ1試合もプレーしていない。現在はチーム施設でのトレーニングを行なっているというが、練習への不参加や罰金処分(後にチームが撤回)とゴタゴタは絶えず。エースのジョエル・エンビードからも「アイツのことはもう気にかけていない」と匙を投げられる...
別窓で開く

「チームに残りたくない」残留希望から一転、シモンズがシクサーズと“決別宣言”!<DUNKSHOOT>
ベン・シモンズは2016年のドラフト1位でフィラデルフィア・セブンティシクサーズに入団。1年目はケガで全休したが、17年にデビューすると身長211センチながら司令塔を務め、平均15.8点、8.1リバウンド、8.2アシストとトリプルダブル級のスタッツを残して新人王を手にした。...
別窓で開く


<前へ1次へ>