本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「俺は入らないとわかっていた」75周年記念チームに落選したハワードが胸中を吐露「もう忘れよう」<DUNKSHOOT>
現地時間11月9日(日本時間10日)、ロサンゼルス・レイカーズのドワイト・ハワードが『Bleacher Report』のテイラー・ルックスとのインタビューに登場した。 その中で、10月下旬に発表されたNBAの75周年記念チームに落選したことについて言及した。「俺は入らないと分かっていた。(理由は)政...
別窓で開く

レブロンとカリーの選出は確実も、アデトクンボとドンチッチは微妙?「NBA75周年記念チーム」のメンバーを予想<DUNKSHOOT>
7月29日(日本時間30日、日付は以下同)、NBAコミッショナーのアダム・シルバーはリーグ創設75周年目となる2021−22シーズンに向けて「我々は選手たちとチーム、過去と現在において世界中のファンの皆様を魅了してきたその双方を称えることを楽しみにしています」と語った。...
別窓で開く

辿り着いた理想郷すら手放した問題児ウェバー。類い稀な才能が送った“物足りないキャリア”【NBAレジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
■“理想郷”サクラメントでキャリアの最盛期を迎える ワシントンに移ってからは、ケガや問題児のイメージがさらに増幅される。2年続けて肩を脱臼するなど、度重なる故障に悩まされただけでなく、1998年にはスピード違反で逮捕された際、車からマリファナが発見された。...
別窓で開く

「俺が歴代ベストディフェンダー」と豪語するグリーンに守備職人アレンが反論!一方、ウォリアーズの元関係者は賛辞の声〈DUNKSHOOT〉
NBAキャリア9年目を迎えたドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)は、これまで3度の優勝(2015、17、18年)を経験したほか、2017年には最優秀守備選手賞(DPOY)に選ばれ、オールディフェンシブチームにも5度選出された名ディフェンダーだ。...
別窓で開く

大事件、躍進、別離……ピアースとウォーカーが紆余曲折を重ねて築いた確かな絆【NBAデュオ列伝|後編】〈DUNKSHOOT〉
■大事件、躍進、別離…紆余曲折を重ねる2人の運命 2年目の1999−2000シーズンも素晴らしい活躍をしたピアースを、突然の不幸が襲ったのは2000年9月25日未明のことだった。ボストン市内のナイトクラブで暴漢たちに襲撃され、首や背中、胸などを11回も刺されたのだ。一歩間違えれば死に至...
別窓で開く

キャブズが本格的にドラモンドのトレードを画策。放出先は渡邊雄太のラプターズなどが候補に〈DUNKSHOOT〉
オールスターに2度選出、リバウンド王にも4度輝いたリーグ屈指のセンター、アンドレ・ドラモンド。昨季途中にデトロイト・ピストンズからクリーブランド・キャバリアーズへとトレードされたばかりだが、どうやら2シーズン連続でトレードを経験することになりそうだ。...
別窓で開く


<前へ1次へ>