本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「これから先もハッピーになれない」移籍要求から一転、ネッツ残留のデュラントをバークレーが痛烈批判!「惨めな男」<DUNKSHOOT>
現地時間8月23日、今夏にリーグを賑わせた“ケビン・デュラント狂想曲”が終焉を迎えた。 ブルックリン・ネッツのショーン・マークスGM(ゼネラルマネージャー)は、チームにトレードを要求していたデュラント、スティーブ・ナッシュHC(ヘッドコーチ)、ジョー・ツァイ(オーナー)、クラ...
別窓で開く

“史上最高のディフェンダー”“究極の勝利者”“人種差別と戦った闘士”。永遠に語り継がれるラッセルの伝説【NBAレジェンド列伝・後編】<DUNKSHOOT>
■プロスポーツ界初の黒人HC、ラッセルこそ究極の勝利者 こうした活躍の陰で、ラッセルは人種差別とも戦っていた。彼がNBA入りした1950年代は、公民権運動が盛んになる前の時代。白人のチームメイトとは、宿泊や食事の場が別々ということも珍しくなかった。...
別窓で開く

バークレーが王者ウォリアーズの対抗馬にクリッパーズを推挙!2枚看板の完全復活で「ものすごく危険なチームになる」<DUNKSHOOT>
現地時間7月27日、地元メディア『NBC Sports Bay Area』がゴールデンステイト・ウォリアーズについて語るポッドキャスト番組『Dubs Talk』に、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーがゲスト出演した。 昨季3シーズンぶりにプレーオフへ返り咲いたウォリアーズは、ウエスタン・カンフ...
別窓で開く

「これ以上何を言うんだい?」カリーの“アンチ”にウォリアーズGMが異議「見届けられるのは幸運でしかない」<DUNKSHOOT>
ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーはNBA13年目にして自身初のファイナルMVPに輝き、これまでのキャリアにさらなる栄光を加えた。ボブ・マイヤーズGM(ゼネラルマネージャー)は、カリーの“アンチ”たちはもはやケチのつけようがないと主張している。...
別窓で開く

アンファニー“ペニー”ハーダウェイ??1990年代のリーグで一際眩い輝きを放った“マジック二世”【レジェンド列伝・前編】<DUNKSHOOT>
今年のNBAドラフト1位指名権はオーランド・マジックが獲得。過去、マジックは3回1位指名権を得たことがあり、1992年のシャキール・オニールと2004年のドワイト・ハワードはいずれも大黒柱へと成長し、チームをNBAファイナルまで導いた。 だが、残るもう1回——1993年に1位指名したクリス・ウェバー...
別窓で開く

“史上最低のドラ1チーム”を識者が選定。ベネット、クワミ・ブラウンら“ある意味有名な選手”が勢揃い<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

「信じられない可能性を秘めている」有望株クミンガをカリーも絶賛!カーHCはオールスター選手とも比較<DUNKSHOOT>
今季開幕20試合で18勝2敗(勝率90.0%)と駆け抜けたゴールデンステイト・ウォリアーズ。しかしドレイモンド・グリーン(左ふくらはぎ)が戦線離脱、ジェームズ・ワイズマン(ヒザ)も手術明けということもあって欠場が続くなど、戦力が揃わず徐々に黒星が増えてきている。 とはいえ、現地時間1月14日(日本時...
別窓で開く

ジョーダンも喜ぶホーネッツの好調ぶり。カプチャックGMは俊英ラメロを往年のレジェンドと比較<DUNKSHOOT>
開幕してからすでに1か月以上が経過した2021−22シーズンのNBA。そのなかで、シャーロット・ホーネッツがここまで好調をキープしている。 昨季のホーネッツは、33勝39敗(勝率45.8%)でイースタン・カンファレンス10位。プレーイン・トーナメントでは初戦でインディアナ・ペイサーズに敗れ、プレーオ...
別窓で開く

カリーとデュラントはどちらが上?名物コメンテーターは「ステフの方が優れたリーダー」とカリーの優位を主張<DUNKSHOOT>
ステフィン・カリーとケビン・デュラント。2021−22シーズンのNBAの序盤戦は、この2人が話題の中心にいると言っていいだろう。 カリー率いるゴールデンステイト・ウォリアーズは現在15勝2敗(勝率88.2%)で、リーグ首位を快走。デュラントを擁するブルックリン・ネッツも12勝5敗(勝率70.6%)で...
別窓で開く

「俺は入らないとわかっていた」75周年記念チームに落選したハワードが胸中を吐露「もう忘れよう」<DUNKSHOOT>
現地時間11月9日(日本時間10日)、ロサンゼルス・レイカーズのドワイト・ハワードが『Bleacher Report』のテイラー・ルックスとのインタビューに登場した。 その中で、10月下旬に発表されたNBAの75周年記念チームに落選したことについて言及した。「俺は入らないと分かっていた。(理由は)政...
別窓で開く


<前へ12次へ>