本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



 サッカー・JFLの鈴鹿ポイントゲッターズを運営する「アンリミテッド」(三重県鈴鹿市)は27日、吉田雅一社長ら役員4人が辞任し、新社長に、地元出身でホンダ鈴鹿製作所への勤務経験がある山口隆男氏(73)が就き、ゼネラルマネジャー(GM)兼監督の三浦泰年氏(56)が代...
別窓で開く

「国民は多くを期待してない」本田圭佑がインド紙で日本代表のW杯を厳しく展望!「強い相手には良いプレーを見せている」と期待も
来年6月に開催予定のアジアカップの3次予選が先日行なわれ、本大会進出の24か国が決定した。本田圭佑がゼネラルマネジャーを務めるカンボジア代表は残念ながら、グループDの最下位となり、大舞台には立てなかった。 インド・コルカタでの集中開催となった同グループは6月8日から14日までの間に総当たりのリーグ戦...
別窓で開く

「脱・自前」で日本企業は変わるか セブンイレブンがダイソーの商品を売る深い意味
■変革を拒む「タコツボ社会」 ホンダは4月5日、米ゼネラル・モーターズ(GM)と新たな電気自動車シリーズを共同開発し、2027年以降に全世界で展開すると発表。コンビニ大手のセブンイレブンでは、100円ショップで知られるダイソーの日用雑貨の販売をスタートさせ、6月までにほぼ全店で導入する見通しだ。...
別窓で開く

ホンダが2030年までにEVを30車種投入し、年間200万台以上生産へ。EV戦略の「本気度」
4月12日、ホンダはEV(電気自動車)に関する新たな戦略を発表した。すでにホンダは2040年に新車販売をすべてEVかFCV(燃料電池車)にし、ガソリン車からの撤退方針を宣言しているが、より具体的な方針が掲げられたという。自動車専門誌の元編集長で、カーライフジャーナリストの渡辺陽一郎氏が特濃解説する。...
別窓で開く

ホンダの新EV戦略...2030年までに30車種、年間200万台超生産へ 相次ぐ自動車大手の大型投資でEVシフト加速
ホンダが新しい電気自動車(EV)の戦略を打ち出した。2030年までにEV30車種を世界で発売し、年間200万台超に生産を増やすとことを目指し、開発や生産設備に計5兆円を投じるというのだ。トヨタ自動車や日産自動車もEV目標を掲げて大型投資を計画しており、自動車大手のEVシフトがさらに加速しそうだ。...
別窓で開く

世界で販売する新車を、2040年までにすべて電気自動車(EV)か燃料電池車(FCV)にする「脱エンジン目標」を宣言しているホンダ。4月12日には電動化戦略に関する説明会を開催し、10年間でEVやソフトウェア関連に5兆円を投じ、EVの年間生産台数を2030年までに200万台にすると明らかにした。ホンダ...
別窓で開く

■生産設備の共通化も視野にホンダ・GMの提携が次のステージへ ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)は5日、量販価格帯の新たな電気自動車(EV)シリーズを共同開発し、2027年以降に全世界で発売していくことを発表した。 両社は、GMが開発した次世代バッテリー「アルティウム」を搭載した新たなグローバル...
別窓で開く

ホンダ×GMが深〜く連携強化 数百万台規模でEV生産へ
設備の共通化も図ります。すでに共同開発車種も ホンダとGM 米GM(ゼネラルモーターズ)とホンダは2022年4月5日(火)、EV(電気自動車)の共同開発など連携強化を発表しました。 両社で設備の共通化などを目指し、量販価格帯のコンパクトSUVを含む新たなEVシリーズを2027年以降、北米を皮切りに投...
別窓で開く

【深センIPO】自動車サスペンション部品の江蘇紐泰格科技、初値は公開価格の約2.5倍に
 自動車のサスペンションシステムを扱う江蘇紐泰格科技(301229/深セン)が2月22日、深セン証券取引所創業板に新規上場した。公開価格20.28元に対し、初値は146.55%高い50.00元だった。  同社は2010年設立の民営企業で、自動車のサスペンションシステム、内装、外層のアルミニウム鋳造部...
別窓で開く

【深センIPO】自動車サスペンション部品の江蘇紐泰格科技が11日に公募開始、2000万株発行予定
 深セン証券取引所創業板への上場を目指す江蘇紐泰格科技(301229/深セン)が2月11日に公募を開始する。2000万株を発行予定で、公募価格は20.28元。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は2010年設立の民間企業。自動車のサスペンションシステム、内装、外層のアルミニウム鋳造部品の研...
別窓で開く


[ ゼネラル ホンダ ] の関連キーワード

ダイソ ソニー インド セブン ipo
深セン ホンダ

<前へ123次へ>