本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2022年7月15日、トヨタの最上級車種である「クラウン」がフルモデルチェンジを発表し16代目となった。初代の誕生は、67年前の1955年だ。その前、1933年に豊田喜一郎は、自動車製造部門を豊田自動織機製作所内に設立した。そして2年後の1935年に、A1型と呼ぶ試作乗用車が完成する。このときは、内...
別窓で開く

大谷翔平に1460日間密着 アメリカ人が驚愕したパフォーマンスの秘密に迫る「ショウヘイはとにかく負けたくないのだ」
ロサンゼルス・エンゼルスで活躍するメジャーリーガーの大谷翔平に密着した著書『SHO−TIME 大谷翔平 メジャー120年の歴史を変えた男』(徳間書店)が7月12日に日米同時発売。本書の著者ジェフ・フレッチャーのコメント動画、巻頭カラーページ、そしてエンゼルス前監督のジョー・マドン氏が本書に寄せた序文...
別窓で開く

【深センIPO】自動車エンジントルクダンパー部品の保定市東利機械製造、初値は公開価格の約2倍に
 自動車エンジントルクダンパー部品を製造する保定市東利機械製造(301298/深セン)が6月6日、深セン証券取引所の創業板に新規上場した。公開価格12.68元に対し、初値は106.70%高い26.21元だった。終値は同116.56%高の27.46元だった。 同社は1998年設立の民営企業で、2014...
別窓で開く

【深センIPO】自動車エンジントルクダンパー部品の保定市東利機械製造が25日に公募開始、3680万株発行予定
 深セン証券取引所の創業板への上場を目指している、保定市東利機械製造(301298/深セン)が5月25日、新規公開(IPO)に向けた公募を開始する。3680万株を発行予定で、公募価格は24日に発表する。公募終了後、速やかに上場する見込みだ。  同社は1998年設立の民営企業で、2014年に株式会社化...
別窓で開く

米国紙「韓国LG電池搭載、仏ルノーEV車が火災危険性でリコール」 GMや現代車などでも炎上多数
韓国LG製のバッテリーをめぐる「火災物語」がまだ続きそうだ。  仏自動車企業ルノーが、韓国のLGES(LGエナジーソリューション)のバッテリーが搭載された電気自動車モデルである「ゾエ(ZOE)」の一部車両について、バッテリー火災の危険性があるとしてリコールに入った。...
別窓で開く


<前へ1次へ>