本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



日本の小売店で店舗面積が1000平方メートルを超えるものは、経済産業省と各都道府県に出店情報を届けることになっている。東洋経済は、これらの情報をデータ化し「大型小売店データ」として収集を続けてきた。今回は当社でデータ化が完了している2021年の出店情報(届け出ベース)をピックアップし、日本全国7つの...
別窓で開く

日本の小売店で店舗面積が1000平方メートルを超えるものは、経済産業省と各都道府県に出店情報を届けることになっている。東洋経済は、これらの情報をデータ化し「大型小売店データ」として収集を続けてきた。今回は当社でデータ化が完了している2021年の出店情報(届け出ベース)をピックアップし、日本全国7つの...
別窓で開く

シングル世代におススメ、東京駅まで30分以内、家賃が安い駅ランキング 2位一之江、3位南船橋...1位は?
東京近辺で働く若いシングル世代にとって、家賃が安くて都心へのアクセスがいい駅は格好の狙い目だ。リクルートが運営する住宅ニュースサイト「SUUMOジャーナル」(スーモジャーナル)が2022年6月30日、「東京駅まで電車で30分以内、家賃相場が安い駅ランキング2022年」を発表した。それぞれの駅周辺には...
別窓で開く

両津勘吉も訪れた「船橋ヘルスセンター」跡地に残る「昭和の痕跡」 撤去の危機を2度乗り越えた「一本松」が伝える思い出【昭和の日特集】
突然だが、読者の皆様は「船橋ヘルスセンター」という施設を覚えているだろうか。船橋ヘルスセンターは、1955年にオープンした温泉レジャー施設。温泉施設をはじめ、遊園地やプール、劇場にサーキット場、遊覧船の就航とさまざまな娯楽が楽しめる人気スポットだった。...
別窓で開く

サニックス、ららぽーと福岡に太陽光発電を設置 商業施設の脱炭素化が加速
 太陽光発電のサニックスは、福岡市博多区の福岡市青果市場跡地で25日に開業した大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」の屋上に、太陽光発電設備を設置した。太陽光発電の商業施設設置は政府が目指す2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)に向け、急速に拡大しているが、ロシ...
別窓で開く

ららぽーと福岡、4月25日オープンに決定 九州最大級のフードゾーン登場
 三井不動産と九州電力、西日本鉄道は福岡市青果市場跡地で整備している「三井ショッピングパークららぽーと福岡」(福岡市博多区那珂)を、4月25日にグランドオープンする。ららぽーとの九州進出は初めてで、九州初出店の57店を含む222店と九州最大級のフードゾーンが出現する。...
別窓で開く

神奈川・海老名と大阪・吹田のららぽーと、開業以来初のリニューアル 三井不動産
 三井不動産は、三井ショッピングパークららぽーと海老名(神奈川県海老名市扇町)と三井ショッピングパークららぽーとEXPOCITY(大阪府吹田市千里万博公園)で、開業以来初の大規模リニューアルを実施する。海老名は3月18日から約40店、EXPOCITYは3月24日から36店が順次オープンする。...
別窓で開く

1会計で複数ポイント獲得! ローソン・マツキヨで多重取りする方法
段々ポイ活に慣れてきて、お会計の時は必ずポイントを貯めるようになったまっつん。でも、もっと上手くポイントを貯める方法があった!?今回は、一度のお買い物で複数のポイントを獲得する方法「ポイント多重取り」を紹介します!■「ポイント多重取り」とは?紀村さん、よろしくお願いします! 今回はポイントの多重取り...
別窓で開く

九州初の「ららぽーと」、2022年4月開業へ 福岡市青果市場跡の商業開発
 三井不動産、九州電力、西日本鉄道が、福岡市青果市場跡で開発を進めている「三井ショッピングパークららぽーと福岡」(福岡市博多区那珂)が、2022年4月開業と決まった。旧青果市場の記憶を受け継ぐ「フードマルシェ」や、西鉄ストアが手掛ける食の新業態店舗などが登場、九州初のららぽーととして新たなにぎわいを...
別窓で開く

福岡市青果市場跡の大型商業施設、九州初の「ららぽーと」に
 福岡市博多区那珂の福岡市青果市場跡で整備が進められている大型商業施設の名称が「三井ショッピングパークららぽーと福岡」と決まった。三井不動産、九州電力、西日本鉄道が博多那珂6開発特定目的会社を設立して整備している施設で、ららぽーとの九州開業はこれが初めて。2022年春にオープンする予定。...
別窓で開く


<前へ12次へ>