本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故
 歌手でタレントの森口博子が9月22日に放送された「ダウンタウンDX」(読売テレビ)に出演。デビュー当時の「NGナシ」の過酷なロケについて語った。 この日の放送では松本明子や磯山さやかなど歴代のバラドルが出演し、「過酷なロケでトラウマに!」のお題でトークが展開された。 そんな中で森口が明かしたのが、...
別窓で開く

芸能界の“ドン”渡辺晋に詰め寄った小柳ルミ子マネジャー(下)「お久しぶりね」を"デュエット"
(一緒に「サ・ベストテン」に出演したことも(C)日刊ゲンダイ) ヒットを飛ばす歌手の裏には、必ず優秀なスタッフがいる。昭和46年に『わたしの城下町』でデビューした小柳ルミ子は南沙織、天地真理とともに"新三人娘"と呼ばれ、その後も『瀬戸の花嫁』『星の砂』などの名曲を残した。...
別窓で開く

夏ドラマの名作ベスト5。『石子と羽男』も最高だったけど、圧巻のNo.1は
秋を感じる日が増え、多くの夏ドラマが終焉を迎えました。2022年の夏クールも、多くの作品に楽しませてもらったドラマ好きの筆者が“本気で観てよかった夏ドラマ5選”をご紹介します。まず、圧倒的ツートップは『初恋の悪魔』(日本テレビ系)と『石子と羽男—そんなコトで訴えます?—』(TBS系)でした。...
別窓で開く

芸能界の“ドン”渡辺晋に詰め寄った小柳ルミ子マネジャー(上)"二度の奇跡"はこうして起きた
(小柳ルミ子は今年7月、古希を迎えた(C)日刊ゲンダイ) 人気は魔物だ。芸能界でスターの座に上り詰めるほど難しいことはない。それ以上に、一度売上を落とした歌手の復活は困難を極める。そんな奇跡を二度も成し遂げた人物がいる。近年は無類のサッカー好きとしても話題を呼んでいる小柳ルミ子(70)である。...
別窓で開く

大相撲秋場所・最年長Vの玉鷲「馬力ある」絶賛も…角界が抱える“大きな宿題”
両国国技館 (C)週刊実話Web大相撲秋場所は千秋楽の9月25日、平幕の玉鷲が1差で追いかける高安を押し出して、21場所ぶり2回目の優勝を決めた。37歳10カ月での幕内優勝は、年6場所制になった1958年以降では最年長記録だ。...
別窓で開く

大竹まこと 細田衆院議長“接点”文書公表に「ちゃんとした検証はなくちゃいけないんじゃ…」
 タレントの大竹まこと(73)が29日、パーソナリティ—を務める文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」(月〜金曜後1・00)に生出演。旧統一教会との接点について説明する文書を発表した細田博之衆院議長についてコメントした。 細田衆院議長は関連団体などの大会や会合に4回出席したことなどを認めたうえで、...
別窓で開く

大竹まこと「腹立たしい」 国葬めぐる“無駄な分断”「もうちょっと冷静に考えたら避けられたかも」
 タレントの大竹まこと(73)が28日、パーソナリティ—を務める文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」(月〜金曜後1・00)に生出演。安倍晋三元首相(享年67)の国葬実施をめぐる政府の判断に言及した。 賛否がある中、27日に行われた安倍元首相の国葬。会場付近では反対のデモ行進が行われ、黙とうがささ...
別窓で開く

阪神、岡田新体制着々 今岡氏が打撃コーチ、平田ヘッド、和田氏は1軍監督経験者で初の2軍監督へ
 阪神がOBの今岡真訪氏(まこと、48=野球評論家)を1軍打撃コーチとして招へいに動いていることが分かった。 今季は投手陣がリーグトップの防御率を誇った一方で、攻撃陣の決定力不足に泣いて優勝を逃した。打線のてこ入れは不可欠。入閣すれば、大山、佐藤輝、近本に次ぐ戦力の拡充が期待されるだけでなく、1軍抜...
別窓で開く

大竹まこと 安倍元首相国葬の半旗掲揚に「弔意を示すのをちょっと丸投げした感じ?になるね」
 タレントの大竹まこと(73)が27日、パーソナリティ—を務める文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」(月〜金曜後1・00)に生出演。この日、行われた安倍晋三元首相(享年67)の国葬に合わせた半旗掲揚ついて話した。...
別窓で開く

若戸大橋、還暦迎え 地域の誇りを後世に 橋モチーフの浴衣新調
 洞海湾を挟んで北九州市戸畑区と同若松区を結ぶ若戸大橋は、1962年の開通から26日で60年を迎えた。節目の年に合わせ、若戸大橋のおひざ元の若松区第10区自治会が今夏、橋をモチーフにした盆踊り用の浴衣を新調した。国の重要文化財にも指定された地域の誇りを、住民たちも後世につなごうとしている。...
別窓で開く


[ まこと ] の関連キーワード

ルミ子