本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



今度は「3000万円の使いかた」?! 原田ひ香ら7人の女性作家の「お金」アンソロジー。
 『三千円の使いかた』(中央公論新社)、『財布は踊る』(新潮社)など、原田ひ香さんの「お金」をテーマとした小説が話題だ。12月21日、原田さんを含む7人の女性作家が「お金」をテーマに書き下ろしたアンソロジー『ここだけのお金の使いかた』(中央公論新社)が刊行された。 本書は女性作家集団「アミの会」が企...
別窓で開く

写真の「ピコ太郎に扮した女性」の正体は…作家・林真理子が「遊びの場」でも全力を尽くす“粋な理由”
「郷ひろみさんの前で裸にならなきゃいけなくなったら自害します」林真理子も驚いた「新潮社の名物編集者」のトーク力 から続く「素人が笑わせようと思ってやるほどみっともないものはない。とにかく真剣に練習に練習を重ねること。それでも間違えてしまったりするからみんなが笑えるんだ」 遠藤周作さんの言葉を真摯...
別窓で開く

「郷ひろみさんの前で裸にならなきゃいけなくなったら自害します」林真理子も驚いた「新潮社の名物編集者」のトーク力
「誰だって食べたいでしょ!」有名人との会食に“勝手に友人を連れてくる”ことも…林真理子が激怒した「社交界のタブーな人たち」 から続く「彼女は自虐ネタの入れ方が抜群に上手い」——コピーライター、作家、座談の名手として、これまで多彩な才能と共に仕事をしてきた林真理子さん。...
別窓で開く

「誰だって食べたいでしょ!」有名人との会食に“勝手に友人を連れてくる”ことも…林真理子が激怒した「社交界のタブーな人たち」
「断りもなく、知らない人を連れてくる無神経さが私は大嫌いなのです」 作家・林真理子さんが激怒した、その場にいる資格のない「社交界のタブーな人たち」とはいったい? 大ベストセラー『野心のすすめ』から9年ぶりとなる話題の新書『 成熟スイッチ 』より一部抜粋してお届けする。...
別窓で開く

古代のオリンピアンは全裸だった!? 学校では教えてくれない「性」の歴史
 「宗教」と「性」の関係には、どんなイメージがあるだろうか。少し知識のある人なら、キリスト教で禁欲が説かれていたり、仏教の五戒(信者が守るべき規範)の中に「不邪淫戒(妻以外と性行為をしてはいけない)」があったりするなど、宗教は性をタブー視するイメージがあるかもしれない。 ところが、キリスト教以前の古...
別窓で開く

高学歴ジャニーズの元祖は「初代ジャニーズ」だった!?
 Snow Manの阿部亮平さんら、有名大学出身または在学中のいわゆる「高学歴ジャニーズ」が、各クイズ番組で活躍している。 「高学歴ジャニーズ」の元祖といえば、誰でも嵐の櫻井翔さんを思い浮かべるだろう。父親が元官僚、幼稚舎からの慶応ボーイという来歴は、00年代のジャニーズアイドルの中では際立って異色...
別窓で開く


<前へ1次へ>