本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「力道山が刺された直後に私に放った言葉は…」 現場となった「ニューラテンクォーター」元社長が真相を語る
■力道山刺傷事件の現場「ニューラテンクォーター」 知られざる舞台裏を元社長が語り尽くす(前編) 贅(ぜい)を尽くした内装に最高級の音響、そして海外から招かれた一流ミュージシャンたち。昭和34年12月、東京・赤坂に誕生した「ニューラテンクォーター」には皇族から政財界の大物、ヤクザまでが足繁く通った。...
別窓で開く

真心ブラザーズ「聴いてくれた人の心が、少しでも軽くなればいい」いまを詰め込んだアルバムの真意
【音楽通信】第127回目に登場するのは、数々の傑作を世に送り出し、結成34年のいまもなおライブや楽曲制作にと活躍しているバイタリティあふれるロックバンド、真心ブラザーズ!大学の音楽サークルで出会って結成【音楽通信】vol.1271989年に結成された、YO-KINGさんと桜井秀俊さんからなるロックバ...
別窓で開く

【コラム】日本の演歌解禁…って、韓国人が日本で歌手をする問題が先では? 韓国
 「トロット 韓国演歌」と検索したら、「木蓮の泪」というYouTubeが出て来た。同名異曲はこの世にたくさんあるが、「もくれんのなみだ」と言えば、スターダストレビューの「木蓮の涙」だろうに…こんな日本語名を付けた音楽関係者のセンスを激しく疑う。 トロットを何曲か、数秒だけ聞いてみたら、普通に日本の演...
別窓で開く


<前へ1次へ>