本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



浦和FW興梠慎三、プロ19年目の目標は「2桁ゴール取る」 移籍交渉から一転、再合流のDF岩波には…
 浦和のFW興梠慎三が6日、さいたま市内で練習後に取材に応じ、プロ19年目の目標を明かした。 新型コロナ禍のため、昨年までクラブ会員限定で練習を数回だけ公開。この日は約3年ぶりに人数制限を設けずに一般公開し、約300人のサポーターが集まった。興梠は「皆さんには後押ししてもらってるので、こういう機会を...
別窓で開く

水族館の魚がとった「驚きの行動」に目を疑う… エモすぎる光景にネット民感動
卒業から10年、数十年と経過しても、不思議と記憶に残っているのが「国語の教科書」の内容。たとえすぐに思い出せなくとも、タイトルを聞いた瞬間に内容がフラッシュバックする…という人は、少なくないはずだ。以前ツイッター上では、とある水族館にて目撃された「国語の教科書を連想させる光景」が話題とな...
別窓で開く

LIL LEAGUE、富士急ハイランドで初のコラボイベント 楽曲園内放送にフードやグッズも
【女子旅プレス=2023/01/11】11日、LDHの6人組ボーイズグループLIL LEAGUE(リルリーグ)と山梨県富士吉田市の富士急ハイランドによるコラボレーションイベント「LIL LEAGUE IN FUJI-Q HIGHLAND」がスタートした。会期は4月9日(日)まで。...
別窓で開く

ステージ4の「スキルス胃がん」が発覚して、32歳の若さで亡くなったみどりさん。医師から病名が告げられたとき、双子の娘「もっちゃん」「こっちゃん」はまだ4歳でした。がんと診断され最期をむかえるまでに、夫の「こうめいさん」ら家族は何をどう選択したのか、双子の娘に残した2冊のノートはどのようにして書かれる...
別窓で開く

サッカー代表専属シェフ感激させた GK川島の“ピッチ外での大号令”
「決勝トーナメントのクロアチア戦翌日の昼食には、揚げたエビチリとマーボー豆腐、それに鶏もも肉などを出しました。食後、長友(佑都)さんに聞いたんです。『今日のランチはどうですか?』って。そしたら言ってくれましたよ、大きな声で『ブラボー!』って」満面の笑みを浮かべてこう話すのは、サッカー日本代表帯同シェ...
別窓で開く

「チョビ」っていう手遊び知ってます?の問いに色んな地域の呼び名あつまる
 「『チョビ』っていう手遊び知ってます?」とTwitterで質問したのは、福島県二本松市のとろんたまテンチョーさん。 多くの人が「知らない」と答えるかもしれませんが、実はこれ「いっせーの、せ!」と言って親指をあげ、その数を予想するゲームのこと。この呼び方が福島限定なのか?全国で使われているのか?Tw...
別窓で開く

「皆さんの苛立ちはわかる」2連敗の岐阜、主将・柏木陽介がサポーターへ呼びかけ「全力で怒っていい。ただ…」
 J3のFC岐阜に所属するMF柏木陽介が7月11日、インスタグラムを更新。サポーターへ向けて自身の熱い想いを綴った。 岐阜は今シーズンJ3開幕後、7試合終了時点で2勝1分4敗と低迷し、5月6日に三浦俊也監督が退任。ヘッドコーチだった横山雄次氏が新指揮官に就任して以降は7試合無敗と好調を続け、巻き返し...
別窓で開く

メディア志望の就活生は読んで。地方局の「作り手」描く一冊。
 3月になり、来春大学を卒業する人たちの就職活動が正式に解禁になった。テレビ局などメディアを志望する人も多いだろう。そんな人にぜひ読んでもらいたいのが、本書『探訪 ローカル番組の作り手たち』(はる書房)だ。全国各地53の放送局などの制作者たちを訪ね歩いた渾身のリポート。地方のテレビ、ラジオは「まだま...
別窓で開く

烏賊←読める、鮑←ギリ読める、翻車魚←読めない…肝がウマい魚介類
食についての著作を数多く発表している小泉武夫教授。そのなかでも肝についてのこだわりは強く、世界一の肝喰いを自認するほど。これまで食してきた肝のなかから“絶品肝”を取り上げ、その扱い方や食べ方、肝の魅力を述べつつ肝料理談義を展開します。...
別窓で開く

「フットボールの原点がそこにある」森山直太朗が“応援歌”に込めた、高校サッカーと選手権への無上の愛
 学生時代、サッカーにのめり込んでいた者ならば、誰もが共感できる原風景ではないか。 仲間とともに追い求めた夢、理想と現実の狭間、支えてくれた愛すべき人びと、小さな栄光と大きな挫折、そして、ほんのりと思い描いた檜舞台への道。その中心軸にはいつも、サッカーボールがあった。わずか数年の間に刻まれた喜怒哀楽...
別窓で開く


<前へ12次へ>