本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



40代におすすめ。笑える人生劇場マンガ3選
 ある程度の年齢になると「わかるわかる...!」と共感できるマンガがある。今回は、40代におすすめしたい、共感必至のマンガを3作紹介する。??43歳を、リアルに明るく描く 最初に紹介するのは、『そもそもウチには芝生がない』(たちばなかおる)だ。...
別窓で開く

「一人二役します」桝太一さんが司会兼パネリスト 日テレ退社し模索する「科学の伝え方」
元日本テレビアナウンサーで、同志社大学ハリス理化学研究所の専任研究所員(助教)を務める桝太一さんは2022年6月14日、スリーエムジャパン(東京都品川区)のイベントに登壇した。桝さんは、「科学の伝え方」を研究・実践するとして日テレを退社している。今後どのようなことに取り組んでいくのか、意気込みを取材...
別窓で開く

この時代にこそ感じたい「ひとり」でないことの証 「ひりひりとひとり」が2年の時を経て開幕
6月10日(金)によみうり大手町ホールにて初日を迎えた舞台S-IST Stage「ひりひりとひとり」。2020年に緊急事態宣言下で公演中止となって以来、待ちわびていたファンにとって待望の開幕となった。物語は、ひとりの俳優・工藤春男を中心に進む。所属する劇団で仲間と共に稽古をしているさ中、実家で父が孤...
別窓で開く

この時代にこそ感じたい「ひとり」でないことの証 『ひりひりとひとり』が2年の時を経て開幕
6月10日(金) によみうり大手町ホールにて初日を迎えた舞台S-IST Stage『ひりひりとひとり』。2020年に緊急事態宣言下で公演中止となって以来、待ちわびていたファンにとって待望の開幕となった。物語は、ひとりの俳優・工藤春男を中心に進む。所属する劇団で仲間と共に稽古をしているさ中、実家で父が...
別窓で開く

石丸さち子が作・演出するS-IST Stage『ひりひりとひとり』 キービジュアルと全出演者の個別イメージビジュアル公開
6月に上演されるS-IST Stage『ひりひりとひとり』のキービジュアルと全出演者の個別イメージビジュアルが公開された。本作は、2020年に上演を予定していたものの、新型コロナウィルスの影響を受け中止となった演劇作品で、2022年に改めて初演を迎える。...
別窓で開く

宝塚退団から6年、柚希礼音の現在地とは 「自分を育ててもらえるような役とまた出合いたい」
舞台人としての圧倒的な華と、心が伝わる芝居、ダイナミックなダンスで観客を魅了してやまない。宝塚退団から6年。柚希礼音さんの現在地とは。男性を演じても女性を演じても、大事なのは心だなと。もともとスターの器を持って生まれたきた人だ。しかし、今年の初夏に上演されたミュージカル『マタ・ハリ』での柚希礼音さん...
別窓で開く

自由研究どうする? アエラ with Kidsの「最強のおうち学習」が話題!
もうすぐ夏休み。子どもたちは来たる長期休みに向けて、ワクワクが止まらない。その一方、小学生のお子さんを持つママとパパは、休みの間の「おうち学習」について頭を悩ませている人も多いのではないだろうか。そこで「おうち学習」を特集したのが、子育て情報誌「AERA with Kids 2021年夏号」(朝日新...
別窓で開く


<前へ1次へ>