本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



矢田亜希子が語る男女間の友情「永遠のテーマですね」…読売テレビ系「しょうもない僕らの恋愛論」
 女優・矢田亜希子(44)が、今月19日にスタートした読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「しょうもない僕らの恋愛論」(木曜・後11時59分)に出演中。40代独身の主人公・拓郎(眞島秀和)に20年以上も思いを寄せる森田絵里役を演じている。「恋愛ものは久しぶり。絵里がピュアな気持ちとともに、勇気を持って一歩...
別窓で開く

優しく誠実な夫が離婚届を残し失踪…あるカップルの物語を描く『求めよ、さらば』
「今回は、恋愛小説を書こう、というところから始まりました。もともと片想いを書くのが好きなんです」と、奥田亜希子さん。新作長編『求めよ、さらば』は、あるカップルの物語だ。翻訳家の志織には、結婚して7年になる誠太という優しく誠実な夫がいる。唯一の悩みは、不妊治療に励んでもなかなか子どもができないこと。...
別窓で開く

「職なし、貯金なし、彼氏なし」人生詰んだ元アイドル自伝がコミックに 大木亜希子インタビュー(2)
 「小説現代」2021年7月号で新作小説「MILK」を発表した大木亜希子さん。前回「同性でしか味わえない官能と癒しの世界 大木亜希子インタビュー(1)」では、作品「MILK」に込めた想いなどを聞いた。 第2回となる今回は、彼女の作品を原作にして描かれたコミック『つんドル! 〜人生に詰んだ元アイドルの...
別窓で開く

同性でしか味わえない官能と癒しの世界 大木亜希子インタビュー(1)
 「小説現代」2021年7月号は、「NEO官能小説特集 性と生のあわいに」と題して、官能小説を特集している。表紙も、ベッドで背を向ける男にゆるめに抱きつく女性が描かれた、なかなか刺激的なカットだ。 写真は、「小説現代」2021年7月号(講談社) 文学で性はタブーではないことは重々承知しているが、今回...
別窓で開く

恋愛感情とは何か? ポリアモリーの世界描くシェアハウスの物語『愛の色いろ』
ポリアモリーとは、複数の人を同時に、誠実に愛するライフスタイルのことだという。奥田亜希子さんの新作『愛の色いろ』はポリアモリストらが暮らすシェアハウスの物語。新しい愛の形を選んだ人々が暮らすシェアハウスの光景とは。「3年ほど前、ポリアモリーのニュースをちょこちょこ目にして、新書を読んでみたんです。...
別窓で開く


<前へ1次へ>