本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



佐々木朗希&山本由伸、WBC米決戦マウンドで試投していた
 3月のWBCに出場する侍ジャパンの佐々木朗希投手(21)=ロッテ=と山本由伸投手(24)=オリックス=が、昨年12月に大会の準決勝、決勝の舞台となる米マイアミのローンデポ・パークを“視察”していたことが25日、明らかになった。 2人はこの日から配信が始まった会員制動画配信サービス「プライム・ビデオ...
別窓で開く

【WBC】侍ジャパン、準決勝進出で順当なら米国と対戦…ロッテ・吉井監督は佐々木朗希か山本由伸の先発熱望
 WBCの主催者が23日、大会ホームページを更新して日程などの詳細を明らかにし、米国が舞台となる3月20日(日本時間21日)の準決勝に日本が進出した場合、順当であれば優勝候補の一角である米国と対戦することになった。...
別窓で開く

【WBC】ロッテ・吉井理人監督「異国の地で朗希や山本由伸が投げるところを見たい」改めて私案語る
 ロッテのスタッフ会議が23日、ZOZOマリンで開かれた。出席後、侍ジャパンの投手コーチを兼任する吉井理人監督が取材に応じ、改めてWBCでの投手起用に言及した。 私案と断った上で「やはり世界のチームを相手に異国の地で(佐々木)朗希や山本由伸が投げるところって見たい。大谷やダルビッシュが投げるところは...
別窓で開く

プロ野球選手が現役引退後にお金を稼ぐにはどうすればいいのか。元千葉ロッテマリーンズの里崎智也さんは「プロ野球選手として1億円プレイヤーになるまで約9年かかったが、引退後にYouTuberとなり、約7年で再び1億円プレイヤーになれた。YouTubeで成功するには、自分のブランドを確立する必要がある」と...
別窓で開く

佐々木朗希&松川虎生『しゃべくり007』にバッテリーで出演「プライベートな一面も出せたかな」
ネプチューン、くりぃむしちゅー、チュートリアルがMCを務める日本テレビ系『しゃべくり007』(毎週月曜 後9:00)の23日分に千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手、松川虎生捕手が出演する。 佐々木は、高卒3年目だった昨季の4月10日のオリックス戦(ZOZOマリン)でNPBでは28年ぶり、史上16人...
別窓で開く

大谷&ダルに山本由伸、佐々木朗希、今永昇太も WBC日本代表の先発陣に「世界トップレベル」の声
2023年3月に開催されるWBCで、山本由伸(オリックス)、佐々木朗希(ロッテ)、今永昇太(DeNA)が侍ジャパンのメンバー入りすることが、スポーツ紙各紙で報じられた。3投手の実績は説明するまでもないだろう。山本は史上初の2年連続「投手5冠」に輝き、チームのリーグ連覇と26年ぶり日本一に大きく貢献し...
別窓で開く

球審が見た完全試合、ロッテ佐々木朗希の105球。「やはりモノが違う」「球場は普通の状態ではなかった」
 2022年4月10日、佐々木朗希投手(ロッテ)がオリックス戦(ZOZOマリンスタジアム)で完全試合を達成した。当日の試合の球審を務めた橘鄕淳審判員の話を収めた記事は、本邦初公開となる。今年4月10日のオリックス戦で史上16人目の完全試合を達成したロッテ・佐々木朗希【38年の審判生活で初の経験】──...
別窓で開く

ロッテ佐々木朗希&松川虎生がギネス認定! 歴史的快挙に「すごすぎる」「素晴らしい!」
さまざまなジャンルで『世界一』と認められたものが記録される、『ギネス世界記録』。2022年11月10日、プロ野球チーム『千葉ロッテマリーンズ(以下、ロッテ)』は、同チームに所属する佐々木朗希(ささき・ろうき)選手と、松川虎生(まつかわ・こう)選手がギネスに登録されたことを発表しました。...
別窓で開く

ロッテ・佐々木朗希、オーストラリア戦で登板? 吉井新監督が明かした侍ジャパンでの起用法は
侍ジャパン強化試合の主役は千葉ロッテ・佐々木朗希ということになりそうだ。 11月1日、ZOZOマリンでの秋季練習でシート打撃練習が行われ、佐々木が登板したのは既報通り。岡大海、そして、安田尚憲、高部瑛斗、山口航輝といった同世代のスラッガーたちに2打席ずつ、30球ほどを投げ、4三振を奪ってみせた。...
別窓で開く

オリックスが奇跡の逆転優勝!光った中嶋聡監督の手腕「こんなことがあるのかと信じられない」【オリ熱コラム・2022リーグ優勝記念寄稿】
1ゲーム差で首位のソフトバンクを追っていた2位のオリックスが、10月2日に楽天生命パークで行われた楽天との今季最終戦に勝利。それから約2分後、ZOZOマリンスタジアムで行われていた試合でソフトバンクがロッテに敗れたため、オリックスとソフトバンクが同率首位で並んだ。これで規定により、直接対決で勝ち越し...
別窓で開く


[ zozo 佐々木 オリックス ] の関連キーワード

オーストラリア オリックス ジャパン wbc ロッテ
佐々木

<前へ12345次へ>