本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



メジャーで久々上位争い=松山「次に勝てるように」—全米オープンゴルフ
 【ブルックライン(米マサチューセッツ州)時事】19日まで米マサチューセッツ州で行われた男子ゴルフのメジャー大会、全米オープン選手権で、松山英樹は初優勝したマシュー・フィッツパトリック(英国)と3打差の4位に入った。 メジャー大会でのトップ10入りは、優勝した昨年4月のマスターズ・トーナメント以来。...
別窓で開く

タイガー・ウッズと並ぶ最多勝利数を挙げた伝説のゴルファー【きょうは誰の誕生日?】
きょう5月27日は、タイガー・ウッズ(米国)と並ぶ米国男子ツアー歴代最多勝利記録「82勝」を誇るサム・スニード(米国)の誕生日。ベン・ホーガン、バイロン・ネルソン(ともに米国)らと同じ1912年生まれで、数々の記録を打ち立ててきた偉大なゴルファーだ。米国・バージニア州生まれ。父が勤務するコースで、キ...
別窓で開く

「佐々木朗希の105球」を現地で観たファン、観られなかったファン、それぞれの“あの一日”
 これほどまでに「プレーボールから見ときゃよかった……ZOZOマリンで……」と後悔した日はない。 言うまでもなく佐々木朗希・完全試合のことである。《スポーツのニッチなところを押さえる》というモットーを胸に活動しているので、週末の昼は「今日はどのスポーツを観ようかな」という選択に迫られる。...
別窓で開く

久々復帰タイガー・ウッズの仕上がりに驚愕 松山英樹は「悪い状態ではない」【今田竜二のマスターズ現地リポート】
<マスターズ 事前情報◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>松山英樹が「マスターズ」で劇的な優勝を果たしてから1年。今年も現地時間7日(木)にオーガスタでの熱戦が幕を開ける。日本からはディフェンディングチャンピオンの松山のほか、金谷拓実、アマチュア中島啓太の...
別窓で開く

「そんなに暗いものだと思ってない」 松山英樹が首痛の不安吹き飛ばすフルスイング
<マスターズ 事前情報◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>松山英樹が現地時間5日に行われた公式会見に出席。3月の「アーノルド・パーマー招待」2日目に発症し、先週の「バレロ・テキサス・オープン」の棄権の原因にもなった首痛についての状態を明かした。...
別窓で開く

グリーンジャケットは「もっと着ておけばよかったかな」 松山英樹が前年王者として公式会見に出席【一問一答】
<マスターズ 事前情報◇5日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>松山英樹がディフェンディングチャンピオンとして初めて大会の公式会見に臨んだ。冒頭、モデレーターからの『チャンピオンとしてオーガスタに戻ってきたヒデキ・マツヤマ。コングラチュレーション!』という紹介を...
別窓で開く

松山英樹のスイングは万人向けにあらず 「右ヒジが左ヒジより低いトップは驚異的な柔軟性」
<マスターズ 事前情報◇4日◇オーガスタ・ナショナルGC(米ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>現地時間の7日にマスターズが開幕。松山英樹はマスターズ連覇と今季3勝目をかけてオーガスタに挑む。ゴルフ雑誌ALBA841号では、昨年から目澤秀憲コーチと契約し、スイング改造を行った松山のスイングを、...
別窓で開く

松山英樹に「マスターズ連覇」の目はあるのか? ケガの状態が心配される今大会での“注目ポイント”を解説
昨年、海外メジャーの『マスターズ』で優勝し、日本人ゴルファーの悲願でもあるメジャー制覇を果たした松山英樹。あれから1年、今度は連覇を賭けた戦いが現地4月7日から始まる。【動画】感動の瞬間をプレーバック! 昨季マスターズを制した松山の最終日ハイライト 過去、マスターズで連覇を達成したのは、1965、6...
別窓で開く

「非常識な才能だ」劇的な米ツアー8勝目を飾った松山英樹に海外メディアも大絶賛!「素晴らしい締め!」
現地時間1月16日、米男子ゴルフツアー『ソニーオープンinハワイ』の最終日で、松山英樹がラッセル・ヘンリー(米国)とのプレーオフを制し、米ツアー8勝目を飾った。 首位と2打差の2位で最終日をスタートした松山は、前半で3つスコアを伸ばすも、首位のヘンリーが6つスコアを伸ばしていたために5打差と開いてい...
別窓で開く

「アジア人ゴルファーの誇り」松山英樹の功績をフィリピンメディアが激賞!イム・ソンジェとともに大きな期待
先月の米男子ゴルフツアー「ZOZOチャンピオンシップ」での凱旋勝利を飾った松山英樹。マスターズに次ぐ偉業は、日本以外でも大きな反響を呼んでいるようだ。 フィリピン紙『Philippin Star』のチョア・チョー・チェン記者が、松山のここまでの功績を讃え、今後のさらなる飛躍への期待を綴った。...
別窓で開く


<前へ12次へ>