本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ボールが顔面に接近するハプニング!審判の送球を全力で避けた大谷翔平に「ドッジボールだ」と米識者も苦笑い
大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が、審判に一瞬の隙を突かれた。 現地時間8月15日のシアトル・マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で出場した28歳は、6回に危うく顔面にボールが直撃するハプニングが起きたのだ。【動画】審判とドッジボール!?大谷のハプニング映像をチェック 6回2死一塁とした場面、打...
別窓で開く

台湾全土を震撼させた<怪奇事件>を描く衝撃ホラー 『紅い服の少女 第一章 神隠し/第二章 真実』特別予告解禁
9月30日より公開される台湾発ホラー映画『紅い服の少女 第一章 神隠し/第二章 真実』より、2作の恐怖シーンなどを収めた特別予告が解禁された。 1998年、台湾で人気を博した心霊番組に1本の動画が投稿された。動画には、ハイキングを楽しむ普通の家族が映されていた。普段と変わらない様子ではあったが、よく...
別窓で開く

まんま「ルパン三世」なジャン=ポール・ベルモンド! 有名作品の“意外な元ネタ”ほか解説!「傑作選」第3弾開催
『カトマンズの男』LES TRIBULATIONS D’UN CHINOIS EN CHINE a film by Philippe de Broca © 1965 TF1 Droits Audiovisuels All rights reserved.ジャン=ポール・ベルモンドを映画史的...
別窓で開く

大谷翔平の“ネイルケア姿”に投球分析家が注目!ベンチで入念準備の二刀流スターが11勝目を目指す
前回登板時、ベーブ・ルースが記録した「2ケタ勝利&2ケタ本塁打」を104年ぶりに成し遂げた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。そんな彼は今季11勝目をかけ、現地時間8月15日のシアトル・マリナーズ戦でマウンドに上がる予定だ。 二刀流として来る日も来る日も試合に出場し続ける28歳は、言うまでもなく...
別窓で開く

英語を社内の「公用語」、軌道に乗るまでいばらの道…「語学力」が評価の基準に不満も
 [New門]は、旬のニュースを記者が解き明かすコーナーです。今回のテーマは「社内英語化」。  楽天グループが社内で英語を「公用語」としてから、10年が経過した。英語に堪能な人材を採用・育成してビジネス拡大につなげた一方、現在も課...
別窓で開く

2022年上半期のアニメは炎上ばかり?『進撃の巨人』『ポケモン』のビッグタイトルも…
2022年上半期のアニメは炎上ばかり?『進撃の巨人』『ポケモン』のビッグタイトルも… (C)PIXTAアニメ『SPY×FAMILY』の大ヒットをはじめとして、2022年上半期もアニメ業界は大いに盛り上がりを見せていた。しかしつねに歓声が巻き起こるわけでもなく、少なくない数のバッシングや炎上騒動もあっ...
別窓で開く

“THE W女王”吉住&“M-1ファイナリスト”真空ジェシカ 影響を与え合う3人が語る「お笑い事務所・人力舎とは?」
金髪のガク&ヒゲ面の川北茂澄というインパクトのあるビジュアルで、昨年の『M-1グランプリ2021』決勝に進出し、一気に注目を集めたお笑いコンビ・真空ジェシカ。そして、独特のストーリーと圧巻の演技力で女芸人No.1決定戦『THE W 2020』で見事に優勝したピン芸人・吉住。独特な世界観で我が道を行く...
別窓で開く

THE RAMPAGE川村壱馬が“絶対に守りたいもの”「失うのは一瞬」NCT 127中本悠太との青春エピソード&長谷川慎との絆も語る<「HiGH&LOW THE WORST X」インタビュー>
【モデルプレス=2022/08/15】THE RAMPAGE の川村壱馬(かわむら・かずま/25)が、9月9日公開の映画「HiGH&LOW THE WORST X」に花岡楓士雄として戻ってくる。熱くまっすぐで強い信念の持ち主——どこか楓士雄と通ずる彼が、今“絶対に守りたいもの”とは?長谷川慎らメンバ...
別窓で開く

Sexy Zone、初のドームツアー開催決定 横浜アリーナ最終公演のオフィシャルレポート到着
6月1日(水) に発売したアルバム『ザ・ハイライト』を引っ提げた、Sexy Zone初のサマーツアー『セクシーゾーン ライブツアー2022 ザ・アリーナ』の横浜アリーナ公演が開催。『ザ・ハイライト』は80?s、90?sを意識して制作された1枚で、本ツアーのセットや演出もそのコンセプトに基づいたレトロ...
別窓で開く

A24史上最も美しく壮大なダーク・ファンタジー 『グリーン・ナイト』11月25日公開決定
『The Green Knight』が、『グリーン・ナイト』の邦題で、11月25日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開されることが決定した。本作は、14世紀の作者不明の叙事詩『サー・ガウェインと緑の騎士』を、『指輪物語』の作家J・R・R・トールキンが現代英語に翻訳したものを原典とした...
別窓で開く