本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「僕はメディアから悪役のように扱われやすい」ジョコビッチが“フェイクニュース”に不満を爆発「不公平を許すつもりはない」<SMASH>
現在開催中のテニス四大大会「全豪オープン」の男子シングルスで4回戦に進出した元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ランク5位)が自身をめぐる“フェイクニュース”に対し、不快感をあらわにしている。 事の発端は現地1月17日に行なわれたジョコビッチとロベルト・カルバレ...
別窓で開く

全豪は悪天候による順延続きで下位選手たちが大混乱。女王シフィオンテクも「本当にひどい」と同情<SMASH>
連日熱戦が繰り広げられている年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」。ただし、今大会は悪天候とエクストリームヒートポリシー(猛暑による試合の中断や延期)の影響によって進行に大幅な遅れが生じている。海外テニス専門メディア『UBITENNIS』によると、トーナメントの運営をめぐって主催側に対する批判の声...
別窓で開く

全豪主催者が会場へのロシア国旗持ち込みを禁止。観戦中のファンが掲げたことで騒動に<SMASH>
現在開催中のテニス四大大会「全豪オープン」を主催するオーストラリア・テニス連盟が、現地1月17日に公式声明を発表。同大会におけるロシア・ベラルーシの国旗の持ち込みを禁止すると通告した。 事の発端は現地16日に行なわれたカミラ・ラヒモワ(ロシア/世界ランク110位)とカテリナ・バインドル(ウクライナ/...
別窓で開く

全豪主催者による“ジョコビッチ妨害禁止令”に元世界3位ワウリンカが「やりたいようにやるべき」と反論<SMASH>
間もなく開幕を迎える年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)。 同大会には昨年1月のオーストラリア入国問題で国外退去を余儀なくされ、「3年間の入国禁止」を通告されていた元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ランキング5位)も...
別窓で開く

不振は脱した? 連覇が懸かるナダルが全豪OPに向け意欲「正直言って準備に不満はない」<SMASH>
間もなく開幕を迎える年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)。同大会で連覇を狙う男子テニス元世界王者のラファエル・ナダル(スペイン/36歳/現世界ランク2位)はなかなか調子が上がらないながらも、ポジティブな姿勢を貫く心構えを見せている。...
別窓で開く

全豪OPの主催者が「新型コロナに感染している選手も出場可能に」と発表。地元選手は「以前の状態に戻れることをうれしく思う」<SMASH>
新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大はスポーツ界に大きな影響を与え、無論テニス界も例外ではない。それでもここ最近は最高峰のグランドスラムを含め、各種ツアー大会や大会開催国が感染拡大防止プロトコルを緩和する動きが目立っている。 そんななか、約1週間後に開幕を控える年内最初のテニス四大大会「全豪オープン...
別窓で開く

42歳の元女王ビーナスが全豪オープンのワイルドカードを返上。ケガのため2年ぶりの出場はならず<SMASH>
女子テニス元世界ランク1位のビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)が、本戦ワイルドカード(主催者推薦)で出場を予定していた年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)の欠場を発表した。 元世界女王のセレナ・ウィリアムズを妹に持ち、四大大会のシン...
別窓で開く

全豪オープンがロシア・ベラルーシ選手の受け入れを決定。ウクライナ大使からの出場禁止要請を却下<SMASH>
昨年2月末に始まったロシアのウクライナ侵攻を受け、同年7月のウインブルドンでは男女ともにロシアと同国の軍事攻撃を支援するベラルーシ出身の選手の締め出しを実行した。こうした動きを受けて今月16日から29日まで開催される年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)...
別窓で開く

「全力を尽くして戦う」ガン公表のナブラチロワ氏が治療に向け決意。解説予定の全豪はリモート出演に<SMASH>
四大大会のシングルスで通算18勝を誇る女子テニス元世界ランク1位のマルチナ・ナブラチロワ氏(チェコ/66歳)が、咽頭ガンと乳ガンを患っていることを公表した。 当時53歳だった2010年4月にも乳ガンの診断を受けたものの、その後の懸命な治療で半年後には寛解に至ったナブラチロワ氏。...
別窓で開く

【中村藍子/扉が開いた瞬間】全豪オープンのセンターコートから持ち帰った「渇望と自信」<SMASH>
女子テニスの「WTAツアー」でトップ50位内に入った実績を持つ日本人が、その経験値をジュニア世代に還元するために立ち上げた一般社団法人『Japan Women's Tennis Top50 Club』(JWT50)。発起人の伊達公子氏を含む9名のメンバーが、リレー形式でキャリアの分岐点を明か...
別窓で開く