本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「僕はメディアから悪役のように扱われやすい」ジョコビッチが“フェイクニュース”に不満を爆発「不公平を許すつもりはない」<SMASH>
現在開催中のテニス四大大会「全豪オープン」の男子シングルスで4回戦に進出した元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ランク5位)が自身をめぐる“フェイクニュース”に対し、不快感をあらわにしている。 事の発端は現地1月17日に行なわれたジョコビッチとロベルト・カルバレ...
別窓で開く

全豪は悪天候による順延続きで下位選手たちが大混乱。女王シフィオンテクも「本当にひどい」と同情<SMASH>
連日熱戦が繰り広げられている年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」。ただし、今大会は悪天候とエクストリームヒートポリシー(猛暑による試合の中断や延期)の影響によって進行に大幅な遅れが生じている。海外テニス専門メディア『UBITENNIS』によると、トーナメントの運営をめぐって主催側に対する批判の声...
別窓で開く

全豪主催者が会場へのロシア国旗持ち込みを禁止。観戦中のファンが掲げたことで騒動に<SMASH>
現在開催中のテニス四大大会「全豪オープン」を主催するオーストラリア・テニス連盟が、現地1月17日に公式声明を発表。同大会におけるロシア・ベラルーシの国旗の持ち込みを禁止すると通告した。 事の発端は現地16日に行なわれたカミラ・ラヒモワ(ロシア/世界ランク110位)とカテリナ・バインドル(ウクライナ/...
別窓で開く

戸上隼輔、順位決定戦で勝利 日本勢は全選手が代表決定<世界卓球2023アジア大陸予選>
<2023年世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸予選会 日程:1月7日〜13日 場所:カタール・ドーハ>13日、2023年の世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸選考会は大会最終日を迎え、各種目の順位決定戦が行われた。戸上が決定戦で勝利13日に戸上は、25位、26位決定戦でQUEK Izaac...
別窓で開く

戸上隼輔が順位決定戦で2勝 最終日の代表決定戦に挑む<世界卓球2023アジア大陸予選>
<2023年世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸予選会 日程:1月7日〜13日 場所:カタール・ドーハ>12日、2023年の世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸選考会は6日目を迎え、各種目の順位決定戦が行われた。戸上が2勝、最終日へ11日の17〜24位決定戦で馬龍(マロン・中国)に敗れ、25...
別窓で開く

全豪主催者による“ジョコビッチ妨害禁止令”に元世界3位ワウリンカが「やりたいようにやるべき」と反論<SMASH>
間もなく開幕を迎える年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)。 同大会には昨年1月のオーストラリア入国問題で国外退去を余儀なくされ、「3年間の入国禁止」を通告されていた元世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア/現世界ランキング5位)も...
別窓で開く

及川、イラン代表に勝利で代表権獲得 戸上は順位決定トーナメントで代表の座狙う<世界卓球2023アジア大陸予選>
<2023年世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸予選会 日程:1月7日〜13日 場所:カタール・ドーハ>11日、2023年の世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸選考会は5日目を迎え、全種目の順位決定戦が行われた。及川が男子日本勢4人目の代表権獲得及川瑞基(木下グループ)は順位決定戦でノシャド...
別窓で開く

不振は脱した? 連覇が懸かるナダルが全豪OPに向け意欲「正直言って準備に不満はない」<SMASH>
間もなく開幕を迎える年内最初のテニス四大大会「全豪オープン」(1月16日〜29日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート)。同大会で連覇を狙う男子テニス元世界王者のラファエル・ナダル(スペイン/36歳/現世界ランク2位)はなかなか調子が上がらないながらも、ポジティブな姿勢を貫く心構えを見せている。...
別窓で開く

吉村真晴が五輪王者に勝利 女子単・日本勢全5選手が代表権を獲得<世界卓球2023アジア大陸予選>
<2023年世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸予選会 日程:1月7日〜13日 場所:カタール・ドーハ>10日、2023年の世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸選考会は4日目を迎え、男女シングルスと男女ダブルスのアジア代表決定戦が行われた。...
別窓で開く

早田ひな、3種目で代表権獲得 インド選手にストレートで勝利<世界卓球2023アジア大陸予選・女子単>
<2023年世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸予選会 日程:1月7日〜13日 場所:カタール・ドーハ>10日、2023年の世界卓球ダーバン大会(個人戦)アジア大陸選考会は4日目を迎え、女子シングルスのアジア代表決定戦が行われた。早田ひな(日本生命)はTENNISON Reeth(インド)相手に...
別窓で開く