本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「IEEE 802.1AS-2020」の登場、想定外に広く使われだしたIEEE 802.1AS-2011の改定版【ネット新技術】
 前回は、TSN(Time-Sensitive Networking)を構築する技術の1つであるIEEE 802.1AS(IEEE 802.1AS-2011)を取り上げた。...
別窓で開く

「三笘は周りが見えすぎていた」元日本代表MFがクロアチア戦出場の森保ジャパン全16選手を独自採点!「PK戦の分析はどこまで?」【W杯】
 カタール・ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で、日本代表はクロアチアに1−1からのPK戦の末に敗北。悲願のベスト8進出を果たせなかった。 今大会では現地カタールに足を運んで、日本代表のグループステージを観戦した元日本代表MF、橋本英郎が、連載コラム「現役の眼」の特別版としてクロアチア戦を論評。...
別窓で開く

あのちゃん、アーティスト“ano”としての連続リリース「蓄えたものをエンタメとして表現したい」
【音楽通信】第128回目に登場するのは、バラエティ番組でもひっぱりだこで若い世代を中心にカリスマ的人気を誇り、音楽活動では別名義で活動中のあのちゃんこと、anoさん!家では洋楽のバンドサウンドを聴いて育つ【音楽通信】vol.128現在、音楽活動のほかにもタレントやモデルとしても活躍し、若い世代を中心...
別窓で開く

伊達公子「みんな口をそろえて言うんですよ。ユー・アー・クレイジーって」〜心に響くトップアスリートの肉声『日本スポーツ名言録』——第30回
(画像)icedmocha/Shutterstockこの9月、52歳の誕生日に再婚を公表した元テニスプレーヤーの伊達公子。日本人の女子選手として初の快挙をいくつも成し遂げてきたレジェンドは、社会の古めかしい既成概念にとらわれず、プライベートでも自由に振る舞い続ける。...
別窓で開く

W杯連覇狙うフランスが誇るのは攻撃だけじゃない! 大会No.1驚愕の守備力データ
(ポーランド戦での先発イレブン(C)新華社/共同通信イメージズ) 前回ロシア大会王者のフランスが決勝トーナメント初戦でポーランドを3−1で下し、8強入りを果たした。 前半44分にエースのFWエムバペ(23=パリSG)が、相手DFの裏をかくスルーパスでジルー(36=ACミラン)の先制点をアシスト。...
別窓で開く

【ポップな心霊論】「写真に写ったディレクターさんの脚が真っ黒に…」
その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、吉本興業所属の“霊がよく見える”芸人・シークエンスはやとも。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!【お祓いは、受ける側の気持ちも大切です】数年前、心霊ロケの帰りにお...
別窓で開く

キャラ立ちまくり観光列車「時代の夜明けのものがたり」に乗る 中は“宇宙船”そのワケは
JR四国の観光特急「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」。週末に高知〜窪川間を1日1往復します。高知行き「開花の抄」に乗ってみましたが、車両デザインもおもてなしも、高知県らしさにあふれていました。高知行き「開花の抄」に乗車 JR四国の観光特急「ものがたり列車」は、通年で高乗車率を誇ります。...
別窓で開く

【悪ノリ&内輪ネタ】とんねるずの“笑い”は面白ければなんでもアリの時代が生み出した!
住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代に話題だったバラエティ番組の話。活躍する同世代の女性と一緒に、“’90年代”を振り返ってみましょうーー。「’80年代後半から’90年代にかけ、とんねるずはテレビ界を席巻しました。なかでも、フジテレビのバラエテ...
別窓で開く

神田うの CMよりもバレエ優先!「ちょっと変わった子」だった中高生時代
住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代に話題だったバラエティ番組の話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。「幼いときはバレエ漬けの毎日。テレビを見る時間がなく、アイドル時代のキョンキョンさんは知らなかったん...
別窓で開く

就職面接で他者と差がつくコツ動画 「私はこれで採用された」
「どうしてもこの仕事がほしい」と思っても、就職活動で失敗してしまうことがある。しかしある女性は負け知らずで、面接に受かるコツを動画にまとめて公開したところ大変な話題を集め、『The Mirror』など海外メディアにも取り上げられた。【動画】面接“必勝”? ある動画が人気に。...
別窓で開く