本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ラスベガスにチームが創設され、レブロンがオーナーになる」レジェンドのマッグレディがNBA新球団設立の噂に言及<DUNKSHOOT>
NBAは今年の7月1日から新たな労使協定(Collective Bargaining Agreement/CBA)が施行されており、今季からは「インシーズン・トーナメント」も採用され、準決勝と決勝は12月上旬にラスベガスで開催される。 これは2025年に契約が満了する放映権に関して、新たな巨額契約を...
別窓で開く

キングスが2006年以来、17年ぶりのプレーオフ進出決定!NBA史上最長の“負の歴史”に終止符<DUNKSHOOT>
サクラメント・キングスがついに、長い暗黒のトンネルから抜け出した。 現地時間3月29日、敵地モーダ・センターでポートランド・トレイルブレイザーズとの一戦に臨んだキングスは、120−80で大勝。今季成績を46勝30敗とし、2005−06シーズン以来、実に17年ぶりのプレーオフ進出を決めた。...
別窓で開く

NBAが故ビル・ラッセル氏の背番号「6」を全チームで永久欠番化。NBAでは初、北米4大リーグでは3例目<DUNKSHOOT>
NBAと選手会は11日、リーグ創設期のレジェンドで先月31日に亡くなったビル・ラッセル氏の背番号「6」を、全チームの永久欠番とすることを発表した。 リーグ全体での永久欠番はNBAでは初、北米4大プロスポーツリーグではMLBのジャッキー・ロビンソン、NHLのウェイン・グレツキーに次いで3例目となる。...
別窓で開く

ファンへの暴言、チケット剥奪、OBの出禁…ニックスのオーナー“狂人”ドーランの常軌を逸した行動【NBA秘話|後編】<DUNKSHOOT>
■MSGを“暴言”御法度の聖域にしたい暴君ドーラン その2か月後、ドーランはさらに信じがたい行動を取っている。ある日の試合前、ニックスの大ファンであり、シーズンチケット・ホルダーでもある35歳の弁護士、マイク・ハマースキーがガーデンのロビー近くでビールを飲みながら友人を待って...
別窓で開く

センター一番の高給取りは意外な選手。3000万ドル超えはゼロと需要低下を如実に表わす結果に【NBAサラリーランキング2021・センター編】〈DUNKSHOOT〉
2019−20シーズンにおけるNBA選手の平均年俸は、1人あたり約832万ドル(約8億6271万円)。これは、全世界のスポーツにおいて最も高額なサラリーであり、同じ北米4大スポーツのMLB(約403万ドル/4億1796万円)やNFL(約326万ドル/3億3810万円)、NHL(約269万ドル/2億7...
別窓で開く

ガーネットがふたつの時代でトップを経験。近年はビッグマンの市場価値低下が顕著に【NBAサラリーランキング・PF番外編】〈DUNKSHOOT〉
2019−20シーズンにおけるNBA選手の平均年俸は、1人あたり約832万ドル(約8億6271万円)。これは、全世界のスポーツにおいて最も高額なサラリーであり、同じ北米4大スポーツのMLB(約403万ドル/4億1796万円)やNFL(約326万ドル/3億3810万円)、NHL(約269万ドル/2億7...
別窓で開く


<前へ1次へ>