本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



描く、見る、編集する…1kg未満の最新「dynabook Vシリーズ」でいつでもどこでもクリエイティブ!
コロナ禍を経て大きく様変わりしたワーキングスタイルに合わせて、ダイナブックから13.3型プレミアムPenノートの店頭向け最新モデル「dynabook V8・V6」(実勢価格:27万4780円前後、24万1780円前後)が登場しました。最新の第12世代 Core iシリーズ CPUとともに高性能ノート...
別窓で開く

大画面16インチ「LG gram」は軽量&タフな2in1!
商談中は手書きでメモやスケッチを残して、移動中は打ちやすいキーボードでサクッと報告書を作成。出張や外回りが多い人にとって、タブレットとしてもラップトップとしても使える2in1ノートは頼れるアイテムです。特にタブレット使用が多いなら画面は大きければ大きいほど使い勝手がいいけど、当然ながらサイズに比例し...
別窓で開く

3Dゲームにピッタリ!Acer 「プレデター」最新モデルは裸眼で立体視が可能だぞ
Acer(エイサー)のゲーミングPCブランド・Predatorより、最新モデル「Predator Helios 300 SpatialLabs Edition 」(Acer公式オンラインストア販売価格:63万9800円)が発表されました。...
別窓で開く

搭載メモリは超大盛りの64GB!MSIのゲーミングノートPCなら動画編集だって余裕しゃくしゃく
流行中のPCゲーム、ある程度プレイ技術が習熟してくるとこだわりたくなるのがPCの性能。ということで、ここ数年注目を集めているのがゲーミングに特化したハイエンドなノートPCです。処理速度を左右するCPUはできるだけ高性能なものを搭載したいし、素早い動きに迅速に追随するには高精細描画を可能にするグラフィ...
別窓で開く

「カスタマイズレッツノート」SRシリーズはダークなカラーとスマートなデザインに注目
オフィスでも自宅でも外出先でも、いつでも高いパフォーマンスで仕事をこなしたい。そんなビジネスパーソンなら、選択肢として外せないのが、抜群の軽さと頑丈さを誇るパナソニックのビジネスノートPC「レッツノート」。特に妥協のないスペックを求めるなら、断然カスタマイズに対応した公式オンラインストア「パナソニッ...
別窓で開く

MSIがRyzen搭載のクラウドゲーミングデスクトップPC「MAG Trident S 5M」を出展:TGS2022
9月15日から18日にかけて幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2022」。MSIブースでは、同社が「クラウドゲーミングデスクトップ」と呼ぶデスクトップPC「MAG Trident S 5M-022JP」を出展しました。...
別窓で開く

天空から眺めるとこんな感じ? ファンが作ったドラクエXI「命の大樹」ジオラマ
 現実やフィクションの世界を縮小したジオラマは、普段とは違う視点で世界を見られて、作者の見つけ出したアングルに驚かされることもしばしば。 ドラゴンクエストファンの「ちゃむ」さんは「ドラゴンクエストXI」の“命の大樹”などが登場するファンアートのジオラマをTwitterに投稿。...
別窓で開く

スペック重視か取り回しの良さか。仕事・目的に応じて選べるMSIの新ノートPC
働き方が以前とは大きく様変わりしたニューノーマルな時代、ビジネスとプライベートに明瞭な境界線を引くことなく、どちらも自分らしく充実させようという考え方が定着しつつあるようです。仕事も遊びもシームレスにサクサクこなしたいなら、ぜひチェックしておきたいのがMSIコンピューティングの最新16インチノート「...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■金融界にデジタルトランスフォーメーション(DX)の大波「週刊ダイヤモンド」(2022年...
別窓で開く

MSIがRyzen搭載のクラウドゲーミングデスクトップPC「MAG Trident S 5M」を7月28日に国内販売開始へ
エムエスアイコンピュータージャパンは、5月に開催された展示会「COMPUTEX 2022」にMSIが出展した「クラウドゲーミングデスクトップ」と呼ぶデスクトップPC「MAG Trident S 5M-022JP」を7月28日に国内向けに販売することを発表しました。...
別窓で開く



<前へ12345次へ>