本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「パーフェクト」大谷翔平「噂の彼女」狩野舞子、脚きわだつ“ほんのり透けタイツ”のミニスカゴルフウェア姿にファン熱視線!
 MLBエンゼルスの大谷翔平投手(28)との交際が噂されている元バレーボール日本代表の狩野舞子(34)が26日までにインスタグラムを更新。レッグラインがほんのりと透けたタイツが目をひくゴルフウェア姿を披露した。...
別窓で開く

「ハイレベルな才能」吉田正尚の打棒スキルを元同僚が太鼓判!非凡な打撃センスにも言及「日本のファン・ソトのような存在」
オリックス・バファローズからポスティングシステムでのメジャー移籍を目指している吉田正尚。今季は主砲として、チームをリーグ連覇に導き、念願の日本一も登り詰めた。メジャー挑戦の意思も表明し球団に了承されており、現在は米球界移籍に向け、代理人との準備を行なっている。...
別窓で開く

Are you kidding me !?=「冗談だろう!?」大谷のパフォーマンスに数十回、数百回と叫ばれた
(I am not kidding〜♪(C)共同通信社)【SHOHEI OHTANIに学ぶMLB英語】#19 今シーズンもアナウンサーが大谷翔平のホームランや連続奪三振(strike out in a row)の直後、数十回、数百回と叫んだフレーズがこれだ。...
別窓で開く

強豪イングランドに0-0の大奮闘 アメリカでサッカーが「北米4大スポーツ」に加わる日
(イングランドDFと競り合う米国MFマッケニー(C)Norio ROKUKAWA/office La Strada) タレント軍団の「スリーライオンズ」に一歩も引かなかった。 B組2戦目、米国は21日のイラン戦で6ゴールを量産したイングランドに、スコアレスドロー。...
別窓で開く

「バックホーム」について山本キャスターが語る【6−4−3を待ちわびて】第37回
肌寒い朝が増えて冬の到来を実感する毎日、みなさまいかがお過ごしでしょうか、野球大好き山本萩子です。夏のビールもおいしいけれど、冬はやっぱり熱燗。寒い夜は早く自宅に帰って家族と鍋を囲みながら晩酌をしたいもの。社会人になって数年が経ちましたが、やはり自宅(ホーム)が一番ということで、本日は「バックホーム...
別窓で開く

迫る現役ドラフトにDeNA三浦監督は何を語る? 「どういう風になるんだろう」と“戦力アップ”に期待
12月9日に初開催となる「現役ドラフト」。新たな“選手獲得”が可能な新システムに向けて、DeNA三浦大輔監督が率直な思いを寄せている。 そもそも現役ドラフトとは、MLBで行われているルール5ドラフトを参考にしており、ポジションかぶりや育成方針など、さまざまな要因で出場機会に恵...
別窓で開く

W杯ドイツ敗北→ファン激怒でTV破壊&家庭崩壊 日本メディア報道もネタだった...投稿者認める
ドイツ代表のファンが腹いせにテレビを破壊、妻子は泣いて家を飛び出した——。FIFAワールドカップカタール大会を巡るこんな悲劇的なエピソードが日本で報じられ、嘲笑の対象になっている。しかし、発端とみられる投稿者に話を聞くと「コピーパスタ」だと明かした。■「このチームは僕の人生とパーティーを台無しにした...
別窓で開く

ダルビッシュ聖子、水族館へのお出かけを懐古 「素晴らしいママ」の声も
MLBサンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手の妻で元レスリング世界女王・ダルビッシュ聖子さんが25日、自身のAmeba公式ブログを更新。5年前にダルビッシュが遠征したときのことを振り返った。■水族館に訪れる聖子さんは、「今日は我が家が唯一一緒に遊びに出かけるお友達家族とシーワールドへ」と、水族館...
別窓で開く

FA「近藤健介」、巨人“横取り”の現実味 パ球団三つどもえで、6年前の「再現」の余地も
■福良GMにヘッド時代の威光 プロ野球日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言した近藤健介外野手(29)を巡ってはソフトバンク、オリックス、西武、ロッテ、そして古巣日本ハムとパ・リーグ5球団による異例の大争奪戦が展開されている。出だしはソフトバンク、オリックスの2球団が条件面でリードしていたようだ...
別窓で開く

「実現すれば史上最高の選手という証明となる」ヤンキースの大谷翔平トレード獲得の可能性は? NY識者は「かなりの若手有望株が犠牲に」と見解
米国内で報じられているMLBストーブリーグのトピックにおいて、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平の名前も連日のように扱われている。現地時間23日にはニューヨークのスポーツ情報を発信する『Empire Sports Media』が、アーロン・ジャッジの去就などで話題となっているニューヨーク・ヤンキー...
別窓で開く