本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。コロナ禍の「自粛経済」と東京オリンピック・パラリンピックの開催に揺れた2021年。...
別窓で開く

大谷翔平、ウマ娘、TikTok、SDGs 2021年の「ヒット」には意外性も
2021年のヒット商品や特徴的なトレンドをまとめたランキングが、各種メディアで次々と公表されている。国内では「TikTok」から「大谷翔平」、さらには「SDGs」まで多彩な項目が並んでいる。目をアジアに広げると、思いもかけないようなブームも起きており、驚きが広がる。...
別窓で開く

「戦争」「ウンコ」「害虫駆除」…1日の投稿110件、中国“ツイ廃”総領事を40日追跡して見えたもの
 ここのところ40日以上にわたり、私は53歳の中国人男性を追いかけ続けてきた。相手の名は薛剣(Xue Jian)、2021年6月に着任した中華人民共和国駐大阪総領事だ。 ツイッター( @xuejianosaka )でやたらに暴言を発している中国人外交官──と書いたほうが、ピンとくるネットユーザーも多...
別窓で開く

苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(後編)「習近平が毛沢東を越える唯一無二の政策が台湾統一」 橋爪大三郎(社会学者)×峯村健司(朝日新聞編集委員)
ウイグル人の大量収容、思想改造、虐待、強制労働、デジタル監視社会......新疆ウイグル自治区から香港、台湾へと広がる異形の帝国・中国のウルトラナショナリズムに世界はどう対抗するのか。9月に上梓された集英社新書『中国共産党帝国とウイグル』(橋爪大三郎・中田考著)は、その中国リスクの本質に迫る。ジャー...
別窓で開く

苛烈な"民族弾圧"から読み解く中国最大の弱点とは(前編)「中国共産党、天皇制への羨望の謎」橋爪大三郎(社会学者)×峯村健司(朝日新聞編集委員)
ウイグル人の大量収容、思想改造、虐待、強制労働、デジタル監視社会......新疆ウイグル自治区から香港、台湾へと広がる異形の帝国・中国のウルトラナショナリズムに世界はどう対抗するのか。9月に上梓された集英社新書『中国共産党帝国とウイグル』(橋爪大三郎・中田考著)は、その中国リスクの本質に迫る。ジャー...
別窓で開く

自民党から共産党まで、習近平の「共同富裕」と言うことがほぼ一緒 〜橋下徹が感じる“疑問”
元・大阪府知事で元・大阪市長の橋下徹氏が10月18日、ニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に生出演。衆議院議員選挙の公示を翌日に控え、各党の主張についての疑問を語った。...
別窓で開く

中国大手アリババでの性暴行事件...中官営メディア「韓国財閥のように全てを統制できるという妄想はすてろ」=韓国報道
中国の電子商取引最大手、アリババで職場内性暴力事件が発生し大きな話題となっている中、中国官営メディアが相次いで警告音を出している。中国共産党機関紙人民日報系列インターネットメディアである「踏浪青年」は9日に出した論評で、「大きいからといって崩れないと妄想をしてはならない」とし「さらに韓国財閥のように...
別窓で開く

菅総理が日米首脳会談でバイデン大統領に「話すべきこと」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月30日放送)にジャーナリストの有本香が出演。米バイデン大統領が英ジョンソン首相と電話会談を行い、中国の「一帯一路」に対抗する構想を提案したというニュースについて、評論家の石平氏を電話ゲストに招いて解説した。...
別窓で開く


<前へ1次へ>