本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



高橋ヒロム、YOH下しIWGPジュニア王座初防衛 ザックも石井撃破でベルト死守…新日・北海道大会全成績
◆新日本プロレス「THE NEW BEGINNING」大会(5日、北海道・北海きたえーる、観衆3316人) メインイベントのIWGPジュニア王座戦で、高橋ヒロムがYOHを下し初防衛を果たした。 序盤から場外戦に持ち込む荒々しいファイトを見せたヒロム。...
別窓で開く

内藤哲也、海野翔太下し4年ぶり札幌での「ハポン!」締め オスプレイはタイチ撃破…新日・北海道大会全成績
◆新日本プロレス「THE NEW BEGINNING」大会(4日、北海道・北海きたえーる、観衆3073人) メインイベントのスペシャルシングルマッチで21日の武藤敬司ラストマッチの相手に決まっている内藤哲也が昨年凱旋帰国した海野翔太に劇勝。レジェンドとの一戦に勢いをつけた。...
別窓で開く

激戦必至の大会を徹底予想! 新日本プロレス最強戦士決定戦『G1クライマックス31』優勝するのは誰だ?
新日本プロレスは9月18日の大阪府立体育会館大会より最強戦士決定戦『G1クライマックス31』を開幕させる。 幾多の激闘が繰り広げられ、毎年、大きな盛り上がりを見せるG1。はたして、本年度は一体誰が覇者となるのか。その激闘の行方を占う。——◇———◇—— まず、Aブロックから見ていこう。...
別窓で開く

鷹木信悟が初防衛も“代役”を務めた棚橋弘至に脱帽!「さすがはエース! 本当の勝者はアンタかもな」【新日本】
7月25日、新日本プロレスは東京ドームで『WRESTLE GRAND SLAM in TOKYO DOME』を開催した。 注目のメインイベントとして開催されたIWGPヘビー級選手権試合は、当日になって王者の鷹木信悟への挑戦者が変更された。当初組まれていた飯伏幸太が、なんと誤嚥性肺炎の回復状態を考慮し...
別窓で開く

準決勝進出の鷹木をEVIL&東郷が急襲!「飯伏に勝ってIWGPの名を消した新しいベルトを作る」【新日本NJC】
新日本プロレスは3月16日、春の最強戦士決定トーナメント『ニュージャパンカップ(NJC)2021』東京・後楽園ホール大会を開催した。 NJCの準々決勝、鷹木信悟とKENTAによる注目の対決が実現。 KENTAは序盤、鷹木をじらすようなインサイドワークを見せるが、鷹木は「とことん、やってやる!」と真っ...
別窓で開く

新日本、ドーム2連戦で飯伏幸太は「神」になれるか?「鬼」になったオカダ&棚橋にも注目!【レッスルキングダム15見どころと試合順】
新日本プロレスは1月4日、5日に東京ドームで年間最大のビッグマッチ『レッスルキングダム15』を、6日には東京ドームシティホール(TDCホール)で『NEW YEAR DASH!!』をそれぞれ開催する。新型コロナウイルス新規感染者の拡大から、東京都の要請により当日券の販売はないが、東京ドーム2連戦はCS...
別窓で開く

新日本『G1』SANADAがEVILの暴走を止め決勝進出!「プロレス界の希望になってやるよ」
新日本プロレスは17日、東京・両国国技館で最強戦士決定戦『G1クライマックス30』Bブロック公式戦最終戦を開催した。 自力で決勝進出できるのはEVILのみ。EVILがSANADAに勝てば決勝進出が決まる。EVILが引き分けまたは敗北で、内藤哲也が勝利を収めれば内藤が決勝進出。内藤が敗北し、SANAD...
別窓で開く

新日本『G1』Bブロック、棚橋弘至がKENTAを破り、内藤哲也を猛追!「ちょっくら優勝してきます」
新日本プロレスは、6日、広島サンプラザホールで最強戦士決定戦『G1クライマックス30』Bブロック公式戦を開催した。 メインイベントでは棚橋弘至(2勝2敗)とKENTA(2勝2敗)が対戦。両者は昨年の『G1』でも対戦しており、バレットクラブ入りをする前のKENTAが勝利を収めている。 試合はKENTA...
別窓で開く

新日本G12日目、内藤哲也が棚橋弘至との激戦を制して白星発進!「全勝で優勝することこそ、今、俺に求められてること」
新日本プロレスは20日、大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)で『G1クライマックス30』Bブロック公式戦を開催した。 メインイベントは棚橋弘至が、IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル二冠王者の内藤哲也と対戦。 まず先に棚橋が入場、続いて内藤が2本のベルトを手に白いスーツの&l...
別窓で開く

新日本『G1クライマックス30』直前優勝予想、本命は飯伏幸太の2連覇!対抗は闇に堕ちたあの男
新日本プロレスの毎年恒例となっている、最強戦士決定戦『G1クライマックス30』(以下『G1』)が19日、大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)から開幕する。 第1回大会から真夏に開催されていた『G1』だが、今年は東京オリンピック、パラリンピックシフトを敷いたため、30回目の節目にして、大会...
別窓で開く


<前へ12次へ>