本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



森林は「インターネット」であり、菌類がつくる「巨大な脳」だった──。樹木たちの「会話」を可能にする「地中の菌類ネットワーク」の存在を解明した『マザーツリー 森に隠された「知性」をめぐる冒険』の日本版がいよいよ発売される。刊行直後から世界中で大きな話題を呼び、早くも映画化も決定している同書だが、日本国...
別窓で開く

2023年、お年寄りはレース脱落、米大統領選は新顔対決へ デサンティス対ハリスの戦い濃厚、共和党大統領の必須条件とは
トランプ番女性記者が衝撃記事「来年のことを言うと鬼が笑う」かもしれないが、その諺に反して米国では2024年大統領選に向けた駆け引きが水面下で始まっている。 英語では「Fools set far trysts」(愚か者は遠い先の約束をする)。 その最たる人物がドナルド・トランプ前大統領だと言い切ったの...
別窓で開く

賢い人はたとえ話がうまい。誰でも知性が身につく「6つの秘密」
 多くの人が、「賢い人」に憧れていることだろう。では、「賢い人」とはどんな人だろうか。勉強ができる人? 知識が豊富な人? 『賢い人の秘密』(文響社)の著者クレイグ・アダムスさんは、こう書いている。知性とは、何を知っているかではない。どう思考するかだ。 賢くなるために必要なのは、賢い人に特有の思考法だ...
別窓で開く

「なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?」SNSに潜むウソ拡散のメカニズムを、世界規模のリサーチと科学的研究によって解き明かした全米話題の1冊『デマの影響力──なぜデマは真実よりも速く、広く、力強く伝わるのか?』が日本に上陸した。ジョナ・バーガー(ペンシルベニア大学ウォートン校教授)「ス...
別窓で開く

河野太郎大臣、外務省の給与システム不備を指摘 疑念の中に称賛の声も
自由民主党の河野太郎デジタル担当大臣が23日、自身の公式ツイッターを更新。外務省の人事給与システムに不備があったことを伝えた。【ツイート】河野大臣「事実確認したところ…」■「早急に対応するように求めました」河野大臣はこの日、「外務省職員から22時以降の深夜加算、休日加算が支払われていない...
別窓で開く

アメリカがUFOを脅威と認めた証拠!?米国情報機関の新しいロゴにUFOが登場して騒動に
近年、アメリカは未確認飛行物体を実質上の国家的な脅威であると見なし、軍と政府が一体となって調査を行い、得られた情報を国民に公開していく態度を明らかにしている。 昨年11月にはアメリカ国防総省がAOIMSG(Airborne Object Identification and Management S...
別窓で開く

日中戦争の裏側で、むしろ本当の「戦争」だったと言っても過言ではないインテリジェンスの戦い。最終的に大差をつけて勝利した共産党のインテリジェンスとは、いかほどのものだったのだろうか。インテリジェンス・ヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏が、ユ教授の「日中戦争」論をもとに、日本やアメリカがインテリ...
別窓で開く

あなたの写真も「証拠」に使われているかも? ニュースのど素人が国際調査報道集団になれたワケ
 今後の報道の方法が根本的に変わるかもしれないことを実感させられる一冊である。なにしろ、筆者は自宅のキッチンテーブルでゲームやSNS、ブログ発信にのめりこんでいた「オタク」のような英国人素人だ。日本でいえば「コタツライター」が、あれよあれよという間に、世界に名だたる報道機関や国際機関が協力を申し出る...
別窓で開く

SETI(地球外知的生命体探査)のパイオニア フランク・ドレイク博士亡くなる 92歳
広い宇宙に、我々地球人以外にも知的生命体が存在しているのか、という謎は昔から多くの科学者たちが研究する謎でもある。本当に空飛ぶ円盤に乗って地球にまで訪れているかどうかは別としても、宇宙には無数の天体が存在しているので、地球と同じような条件に恵まれ、知的生命体が存在する天体も低い確率ではあるが存在する...
別窓で開く

「日中戦争」の名を持ちながら、実際には列強の国々が中国の利権を巡って内部に介入し、その誰もが日本など眼中になかった。インテリジェンス・ヒストリー(情報史学)に詳しい山内智恵子氏が、ユ教授の「日中戦争」論をもとにインテリジェンスと外交を駆使した日中戦争の全貌を解説します。...
別窓で開く



<前へ12345次へ>