本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


投資信託の4つの種類とは?つみたてNISAを利用するメリットもあわせて解説
− 投資信託の仕組みやつみたてNISAの特徴 −運用商品には株式や債券、不動産などのほか、投資信託という商品があります。なかでも投資信託は投資初心者に向いているといわれており、最近注目されています。しかし、実際に運用を行うためには、投資信託の特徴やその種類についてしっかりと理解しておく必要があります...
別窓で開く

年金は本当にもらえる?年金保険料を払って損はない?
職場の同僚や友人たちと『給料から引き落としされているけど、私たちの世代は年金もらえないのでは?』なんて話をしていませんか?結論からいうと、年金をもらえないということはありませんが、老後生活を補う金額としては足りません。その不足分を自分で用意しなければなりません。なぜ年金だけだと生活費が足りないのか、...
別窓で開く

NISAやiDeCoは節税効果が大きいが、気をつけるべき落とし穴はないか。マネーコンサルタントの頼藤太希さんは「特にお金が少ないときに、安易にiDeCoに入ることはおすすめしません」という——。※本稿は、頼藤太希監修『いちからわかる! FIRE入門 積立投資で目指す 早期リタイア術』(インプレス)の...
別窓で開く

長生きリスクに備える「WPP理論」って何だ? 上手な年金の受け取り方を知る
【60歳からの究極のお金の使い方】#78 今年の年金改正に向け、2年ほど前から「WPP」という言葉を聞くようになりましたが、ご存じでしょうか。 企業名? と思う人もいそうですが、年金における、長生きリスクに備えるための理論です。働けるうちはできるだけ長く働き(Work longer)、私的年金(Pr...
別窓で開く

日本で富裕層は「2%」。富裕層から読み解く、お金持ちとそうではない人の違い3選!
ボーナスのシーズンが近づく中、貯蓄についていろいろ考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。金融庁はつみたてNISAの普及を目的にゆるキャラのデザインを公募し、それをマスコットに国民の資産運用を推進しています。出所:金融庁『「つみたてNISAキャラクター」決定について』今回は、資産1億円以上の...
別窓で開く

平均年収が30年以上も変わらない日本の実態。普通の家庭年収400万円はどれくらいか
国税庁の民間給与実態調査統計では、令和2年の平均年収は433万円。この日本の平均年収ですが、じつは30年以上も大きく変化していないという実態をみなさんご存知でしょうか。出所:国税庁「民間給与実態統計調査」経済協力開発機構(OECD)が公表する世界の平均賃金データによると、日本の平均年収は35カ国中2...
別窓で開く

40代と70代ではこんなに違う!お金のジェネレーションギャップ
■40代と70代のお金のジェネレーションギャップ70代の団塊世代とその子どもである40代後半の団塊ジュニア、どちらも非常に人口の多い年代です。しかし、戦後から高度成長期を過ごしてきた70代と、バブルも知らず就職氷河期を経験した40代世代では、親子とはいえ「お金」や「生き方」に対する考え方も大きく異な...
別窓で開く

子育てに専念するために仕事を辞めると、どんなリスクがあるのか。ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんは「正社員であれ派遣であれパートであれ、どんなかたちでも仕事を続けたほうがいい」という——。※この連載「高山一恵のお金の細道」では、高山さんのもとに寄せられた相談内容をもとに、お金との付き合い方をレ...
別窓で開く

【つみたてNISAとiDeCo】今さら聞けない「6つの違い」はじめる前に知っておきたいポイントを解説
− 非課税期間や非課税枠などを確認 −通常、利益に対して20.315%かかる税金が非課税になる「つみたてNISA」と「iDeCo」。老後の不安もあり、はじめようかと考えている方も多いのではないでしょうか。どちらも自分で金融商品を選び、毎月一定金額を積み立てていくものになります。...
別窓で開く

私立高校の授業料が無償化も…知らないと損をする制度がたくさん
自治体から助成金がもらえる制度をフル活用することも、最強の家計を目指す上で見逃せない。特に、近年は子育て世帯の負担軽減に力を入れる自治体が増えている。今回は家計再生コンサルタントの横山光昭氏と、マネーコンサルタントの頼藤太希氏に話を聞いてきた。...
別窓で開く


[ ideco ] の関連キーワード

wpp