本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



財源の当てなき「防衛費」増額...岸田首相の指示に、自民党の対応は?
岸田文雄首相が防衛力強化に向けて、矢継ぎ早に指示を出している。政権支持率の低下に歯止めがかからないなか、指導力をアピールする狙いだ。ただ、肝心の財源についての議論はほぼ手つかずと言っていい。政府・与党は年末までに具体策をまとめるとしているが、前途多難な状況だ。...
別窓で開く

激変に苦しむ独ショルツ政権=大転換の政策、実行へ正念場—発足1年
 【ベルリン時事】ドイツのショルツ首相率いる3党連立政権発足から8日で1年。発足から2カ月余りで起きたロシアのウクライナ侵攻にドイツも大きな影響を受け、長期的政策の大転換を迫られた。ただ、構造的変革を要するため実行は容易ではなく、実際は足踏みのものも多い。物価高騰などで支持率も低迷しており、変革を着...
別窓で開く

ここへきて「増税」のトーンを下げざるを得ない岸田政権の「事情」 防衛費増額の財源問題
ジャーナリストの須田慎一郎が12月5日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。「防衛計画の大綱」に代わって新たに策定される「国家防衛戦略」の概要案について解説した。...
別窓で開く

果たして防衛費倍増が正解か〜森永卓郎『経済“千夜一夜”物語』
森永卓郎 (C)週刊実話Web5年以内の抜本的な防衛力強化に向け、政府は現在GDP(国内総生産)比の1%となっている防衛費について、OECD(経済協力開発機構)が公表している一般的な指標を基に2%まで倍増させる方針だ。そのためには5兆4000億円の財源が必要となる。...
別窓で開く

防衛費5.4兆円→11兆円で増税の不安 荻原博子さんは「所得は倍増どころか、半減するかもしれません」
「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」から報告書を受けた岸田文雄首相は11月28日、防衛費を2027年度にGDPの2%程度に増額するよう鈴木俊一財務相と浜田靖一防衛相に指示した。財源をどう確保するかが今後の課題となるが、SNS上では所得税を上げられるのは困るという声が多数出ている。...
別窓で開く

「習近平、退陣!」叫ぶ抗議デモ、「第2の天安門事件」に発展? エコノミストが指摘...「中国の失速、世界経済大混乱に」「中国もウィズコロナに変わる」
「第2の天安門事件が起こるか!」。共産党の1党独裁下、厳しい言論統制が敷かれている中国全土に、異例の「ゼロコロナ」抗議デモが広がっている。公然と「共産党、退陣!」「習近平、退陣!」と叫ぶ中国民衆の姿に、2022年11月28日、中国経済の混乱を不安視して、欧米や香港・上海の株式市場と、原油先物市場など...
別窓で開く

「反撃できない者を徹底的にいたぶる『集団リンチ』と同じ」皇族の結婚問題、生活保護受給者バッシングに“共通するもの”
日本人の6人に1人は偏差値40以下、5人に1人しか役所の書類を申請できない…“見えない格差”をつくった知識社会のザンコク から続く ヒトは徹底的に社会的な動物で、家族や会社、地域社会などの共同体に埋め込まれている。しかしそこには、善意の名を借りた他人へのマウンティングや差別、偏見などが存在する。...
別窓で開く

■日本と同じく平和ボケは重症?今年の2月27日、つまり、ロシアのウクライナ侵攻の3日後、ドイツのショルツ首相(SPD)は臨時国会を召集し、2023年には1000億ユーロ(約13兆円)を国防強化のために臨時に投入するとか、23年以降は一般の国防費をGDP比の2%台にのせるとか(現在は約1.5%)、歴史...
別窓で開く

歴史的な転換点に、COP27で途上国が勝利し「1.5℃目標」は死んだ 気候変動問題は「脱炭素化」から「南北問題」になった
(池田 信夫:経済学者、アゴラ研究所代表取締役所長) エジプトで開かれていた国連のCOP27(第27回気候変動枠組条約締約国会議)が、11月20日に閉幕した。昨年(2021年)グラスゴーで開かれたCOP26では石炭の廃止をめぐって大論争が行われたが、今年はほとんど話題にならなかった。だが蓋を開けると...
別窓で開く

「『敵基地攻撃能力』保有が明記されたことは進歩」 防衛力有識者会議報告書案を有本香が解説
ジャーナリストの有本香が11月22日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。11月21日に開かれた政府の「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」が報告書に明記した内容について解説した。...
別窓で開く


[ gdp ウクライナ ] の関連キーワード

天安門 ドイツ 自民党