本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



なぜ日本企業は世界市場での存在感を失ったのか。経営コンサルタントの太田信之さんは「いまでも日本企業が高い市場シェアをもつ分野はある。しかし、その多くは成熟・衰退市場で、成長市場では存在感が薄い。そのことが日本企業のネガティブなイメージの源泉になっている」という——。■かつて世界のGDPの15%超を占...
別窓で開く

黒田総裁「物価高一時的」は真っ赤なウソ! “本当の上昇率”はすでに3%
 総務省が20日に発表した4月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.1%上昇。メディアも「消費増税の影響を除くと13年半ぶりの高水準」と大きく報じたが、この数値は「物価上昇率2%」の目標を掲げた黒田日銀が重視する生鮮食品を除いた「コア指数」のものだ。今回のCPIで最も重視すべき数値は別にある。...
別窓で開く

岸田首相・麻生氏「財政再建」VS高市氏・安倍氏「積極財政」...自民党内の路線対立があの事件の遠因に?
自民党内が「積極財政派」と「財政再建派」に割れている。国の借金は2022年度末に国内総生産(GDP)の約2倍の1026兆円に達する見込みで、先進国で最悪となっているが、今夏の参院選を前に思惑の違いが表面化し、党の会合では両派が激しく言い争う泥仕合になっている。その余波は霞が関にも及んでいるようだ。...
別窓で開く

イーロン・マスクとジム・ロジャーズが指摘する日本の無策ぶり!
『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、イーロン・マスク氏が指摘した少子化問題に限らず、今の岸田文雄政権は日本の無策ぶりを象徴していると指摘する。...
別窓で開く

 【ワシントン時事】米商務省が26日発表した2022年1〜3月期の実質GDP(国内総生産)改定値は、季節調整済み年率換算で前期比1.5%減と、速報値(1.4%減)から下方修正された。住宅投資などが引き下げられた。 強い伸びだった21年10〜12月期(6.9%増)から一転、7四半期ぶりのマイナス成長と...
別窓で開く

自民・安倍元総理「防衛費倍増目標 政府の方針に明記すべき」 来月策定の『骨太方針』めぐり
政府が来月上旬に策定する経済財政運営の指針となる「骨太の方針」をめぐって自民党の安倍元総理は、現在、GDP比1パーセント程度で推移している防衛費について倍増する目標を明記すべきだとする考えを示しました。「骨太の方針」の素案では、防衛分野について「ロシアがウクライナに侵略するなど安全保障環境は一層厳し...
別窓で開く

 立憲民主党の小川淳也政調会長は26日の記者会見で、岸田文雄首相が防衛費の「相当な増額」を表明したことに関し、「非常に抑制的な立場から、必要なものを積み上げ、結果として防衛費が増えることには賛成、あり得ることだ」と述べた。...
別窓で開く

仕事の視野を広げるには読書が一番だ。書籍のハイライトを3000字で紹介するサービス「SERENDIP」から、プレジデントオンライン向けの特選記事を紹介しよう。今回取り上げるのは『現代ロシアの軍事戦略』(ちくま新書)——。■イントロダクションウクライナ情勢が深刻さを増している。ロシア軍によるとされる攻...
別窓で開く

 【ワシントン時事】米議会予算局(CBO)は25日、2022会計年度(21年10月〜22年9月)の財政赤字が1兆360億ドル(約132兆円)に急減するとの見通しを公表した。前年度は2兆7750億ドル(約353兆円)の赤字だった。新型コロナウイルス危機対応の財政出動が落ち着いた上、力強い景気回復で大幅...
別窓で開く

防衛費増へ調整着手=公明理解、規模焦点に—政府・与党
 岸田文雄首相が先の日米首脳会談で防衛費の「相当な増額」を表明したことを受け、政府・与党は25日、防衛予算をめぐる調整に着手した。公明党は同日、増額に理解を示す提言を政府に提出。ただ、際限のない拡大には反対で、2023年度予算でどの程度の規模とするかが当面の焦点となる。...
別窓で開く


[ gdp ] の関連キーワード

デジカメ 自民党 ロシア