本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「健康の守り神」ウェアラブル端末の普及度は? 使い方は? Apple Watch、スマートウォッチ型、スマートバンド型で比べてみると...
腕時計のように体に身に着けるだけで、歩数からカロリー消費量、心拍数、血圧、睡眠の質、生理のリズムまでバッチリ教えてくれる、アナタの健康の守り神、ウェアラブル端末。コロナ禍の2020年ごろから健康志向の高まりもあって、日本で普及し始めたウェアラブル端末だが、いったいどのくらい利用者がいるのだろうか。...
別窓で開く

活動量や睡眠状態を測るならやっぱり軽くてスリムなトラッカーがいいよね
日々の行動は健康状態に深く関わっているもの。アクティビティトラッカーでライフログを把握すれば、健康管理に対する意識を強く持てるようになるのでは。Garmin(ガーミン)の「v?vosmart 5(ヴィヴォスマート 5)」(1万9800円)は、シンプルでスリムなデザインの最新アクティビティトラッカー。...
別窓で開く

スマホのアプリを起動してなくても自動で計測結果を転送!
健康管理には、体重・体組成計でのこまめな計測で自分のカラダを把握しておくことは欠かせません。使い勝手の悪い体組成計でついつい測るのをサボりがち、とならないためにも、体組成計選びは案外大事かも。ヘルスケアブランド・Renphoの体組成計「スマート体組成計-Premium」(8980円)は、スマホの専用...
別窓で開く

Apple Watchだけじゃない!個性あふれる最新スマートウォッチ5選
当然の話ですが、iPhoneユーザーからすればスマートウォッチはApple Watchがベストバイかもしれません。愛用している人も、以前よりかなり増えたイメージです。ではApple Watchがスマートウォッチのベストかというと、必ずしもそういうわけではありません。...
別窓で開く

ついに発見!最強のスマートウォッチ!「GARMIN Instinct Dual Power」をおすすめする3つの理由
この記事を書いたスタッフ ノジマ イオン西新井店 五十嵐 晶洋普段はノジマ イオン西新井店の通信・情報部門で携帯やイヤホンなどの販売をしております。株式会社ノジマは、関東を中心に200以上の店舗を展開している、東証一部上場の家電専門店です。...
別窓で開く

今欲しい“スマートウォッチ”5選 血中酸素まで測定、コロナ対策にも活躍
ライフスタイルや環境の変化に伴い、健康づくりの指標となるさまざまな数値を記録できるアイテムが人気を集めている。ここでは、進化が目まぐるしい“スマートウォッチ”に注目!カラダからのサインを見逃さないために可視化。リモートワークが普及し、生活習慣の乱れによる不調やストレス、運動不足が気になっている人が増...
別窓で開く

はかりたいことで選びたい個性派ウエアラブルデバイス5選
写真や動画の撮影から支払い、ゲーム、歩数計測まで、スマホがあればできることがかなり増えました。通話やネットだけでなく、常に持ち歩くものだからこその多機能化なのかもしれません。とはいえ、スマホは体に密着させているわけではないので、人間の生体活動まではさすがに計測できません。そこで必要となってくるのがウ...
別窓で開く

まるでマラソン中継!? 「Reliveアプリ」を使ってモチベーションアップ
テクニカルライター・田中拓也の『人生変えちゃうアプリ!』。今回ご紹介する「Relive(リライブ)アプリ」は、サイクリングや登山、ハイキングなどの記録を3Dで残すことができ、通った道が「見える」アプリ。楽しい思い出をアニメーションで見返すことができます。...
別窓で開く

GarminのGPSウォッチでSuicaが利用可能に! さっそく決済に使ってみた
ガーミンジャパンと東日本旅客鉄道は、5月21日からGaminのGPSウォッチや活動量計などウェアラブルデバイスのSuica対応を開始しました。対応デバイスとGoogle Payを利用できるアカウントがあれば、デバイスにSuicaを発行してすぐに利用可能。対応デバイスの「Venu」を使って、さっそくS...
別窓で開く


<前へ1次へ>