本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



投資やビジネスにおいて、「先を読む力」は重要なスキルの1つです。先を読むことができれば、未来に先回りして手が打てるため、かなりの成功が約束され、しなくてもよい失敗を避けることもできるはずです。では、どうすれば先を読むことができるのでしょうか。運用資産残高1兆円を超える(※)レオス・キャピタルワークス...
別窓で開く

笹川友里がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DIGITAL VORN Future Pix」。この番組では、デジタルシーンのフロントランナーをゲストに迎え、私たちを待ち受ける未来の社会について話を伺っていきます。4月23日(土)の放送は、前回に引き続き、株式会社ビームス(BEAMS)代...
別窓で開く

「ウェブ3.0(スリー)」が注目され、「非代替性トークン」(NFT)の発行が急増している。象徴的な企業が、米国のダッパー・ラボだ。2020年10月、同社はNBAの名プレーシーンをNFTとして集めるゲーム、「NBA Top Shot」を始めた。希少性を担保する仕組みと、レアなカードを集めたいファンの欲...
別窓で開く

コロナ禍の時代が長く続き、世の中では「投資ブーム」が起こっているそうです。確かに日本の経済はいつになっても良くならないし、会社のお給料もなかなか増えないし、「老後2000万円問題」とやらも気になるし、今のうちに何かはじめなきゃ、と思っている人は多いはず。でもじゃあ、一体何からはじめればいいのか? す...
別窓で開く

注目される次世代ネット「Web3(Web3.0)」とは? そもそも「Web1.0」「Web2.0」とは何だったの?
近年注目を集めている「Web3/Web3.0(ウェブスリー)」とは、ブロックチェーン技術を基盤とする新しいインターネットの概念、その利用法です。では、「Web1.0」「Web2.0」とは具体的に何が異なり、どう進化したのでしょうか。今後のインターネット社会がどうなっていくかを占う上で重要となる「We...
別窓で開く

好調な米アップル、GAFAの時価総額が米上場企業に占める割合は......【馬医金満のマネー通信】
みなさん、こんにちは。馬医金満です。米アップルの業績が好調です。2022年1月27日に発表した21年10〜12月期決算は、売上高が前年同期と比べて11%増の1239億4500万ドル(約14兆2000億円)、純利益は20%増の346億3000万ドル(約4兆円)でした。...
別窓で開く

時価総額、世界初3兆ドル! 衝撃の「アップル」は世界経済をどう変える? エコノミストの厳しい目は...
2022年1月3日(現地時間)の米国株式市場で、米アップルの時価総額が一時、3兆ドル(約340兆円)を超えた。大台超えは世界の上場企業で史上初の快挙だ。日本の一部上場企業約2200社の時価総額の半分を、たった1社で稼いだことになる。まさに巨象の周りに群がるアリの群れのような日本企業のありさまだが、こ...
別窓で開く

●FacebookがMetaに社名変更 米Facebookが10月28日付で、社名をMeta(メタ)に変更した。【こちらも】リビアンはEV界の勢力図を変えるか? 従来のSNS事業だけでなく、仮想空間「メタバース」事業に本腰を入れるという決意の表れでもあり、CEOのザッカ—・バーグ氏も「Faceboo...
別窓で開く

株式分割前の買いは吉か凶か!? DX関連事業のグローバルウェイ(同志社大学 SYさん)【企業分析バトル】
8月も終え、徐々に暑さが和らいでくる頃。そんなことは裏腹に、新型コロナウイルスの感染拡大がさらに猛威を振るう。デルタ株の驚異的な広がりに、緊急事態宣言が発令されたが驚きはない。もはや、緊急事態宣言の期間のほうが長いように思うほど。大学はまたもオンラインになりそうな予感......。さて本題だが、今回...
別窓で開く

14日より再上昇? 海外投資家に翻弄される日経平均株価 後編
 菅前首相の辞任より急上昇した日経平均株価は、岸田新首相の誕生と共に大きく下落、心理的節目とされている200日移動平均線をもあっさりと割り込み、27,000円という大きな節目へ再び向かおうとしている。だがこれが岸田新首相の掲げる政策への失望の表れとかといえば、それが全てではないだろう。...
別窓で開く


<前へ12次へ>