本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



2年連続ファイナル4MVPのミチッチ、点取り屋のラーキンーー今夏にNBA行きが期待される欧州選手【Part.1】<DUNKSHOOT>
欧州バスケットボール情報において高い評価を誇る『EUROHOOPS』。同サイトが今オフに、NBA行きの噂がある欧州で活躍中の選手10人をピックアップしている。 考慮されたのは「能力面」においてプレーが可能かという点ではなく、すでにドラフトされている、過去にNBAでプレー経験があるなど、現実的に移籍が...
別窓で開く

【NBAドラフト候補】名は2年連続MVPの大先輩と一文字違い。将来性抜群の大型ウイング、ニコラ・ヨビッチ<DUNKSHOOT>
来週開催されるNBAドラフトで、注目されている欧州選手の1人が、セルビアのニコラ・ヨビッチだ。 彼の名前をローマ字で書くと「Nikola Jovic」。一瞬スペルミスか?と、二度見してしまうのも無理はない。NBAで今季2シーズン連続のMVPに輝いた同国の大先輩、ニコラ・ヨキッチとは1文字違いなのだ。...
別窓で開く

【NBAドラフト候補】フランスの大器ウスマン・ジェン。欧州発、NBL経由で目指す世界最高峰の舞台<DUNKSHOOT>
来週23日にニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで開催される2022年のNBAドラフトには、NCAA在籍中の選手を除く、14人のインターナショナル選手(アメリカ国籍外の選手)がアーリーエントリーしている。 そのなかで、最高位での指名が期待されているのが、フランス出身の19歳、ウスマン・...
別窓で開く

八村塁がU17W杯の歴代“大物選手”7位に選出!トップ2はNBAファイナルを戦う両チームのフォワード<DUNKSHOOT>
7月2〜10日にスペインで開催される「U17バスケットボール ワールドカップ」を前に、FIBA(国際バスケットボール連盟)が過去の同大会出場選手の中から“biggest name(大物選手)”トップ15を発表。日本の八村塁が7位に選ばれた。...
別窓で開く

NBA制覇4回のパーカーは“かつてのライバル”ウォリアーズの優勝を予想「経験が大きな役割を果たす」<DUNKSHOOT>
NBAファイナルはここまで3試合を終えて、ボストン・セルティックスが2勝1敗とリードしている。 第3戦はセルティックスが終盤に地力を発揮したが、この試合からボストンに場所を移したことも彼らには大きな力となったようで、11得点、8リバウンド、6アシストを記録したアル・ホーフォードは試合後、「ファンのエ...
別窓で開く

欧州のバスケ育成はアメリカより上?ヨキッチやドンチッチをその理由に挙げるメディアにデュラントが反論<DUNKSHOOT>
今季のNBAはセルビア人のニコラ・ヨキッチ(デンバー・ナゲッツ)が2年連続でシーズンMVPに輝いた。 その前は、ギリシャ国籍のヤニス・アデトクンボ(ミルウォーキー・バックス)がこちらも2連覇。さらに今年の投票結果を見てみると、上位5位以内にヨキッチ、アデトクンボ、そしてスロベニア人のルカ・ドンチッチ...
別窓で開く

エンビードがフランス国籍取得へ。東京五輪「銀」のバスケ大国入りで、世界の勢力図を一変させるか<DUNKSHOOT>
NBAの今季のMVP候補であるフィラデルフィア・76ersのジョエル・エンビード。トロント・ラプターズとのプレーオフ1回戦でパスカル・シアカムと接触し右眼窩を骨折、さらに軽度の脳震盪と診断されて現在は無期限離脱中だ。 その彼が現在、世界のバスケットボール界を賑わせている。エンビードが今後、フランス代...
別窓で開く

「シャックを彷彿とさせる」名手ピッペンが歴代ベスト5にアデトクンボを選出!「私は彼を守れない。大きすぎる」<DUNKSHOOT>
スコッティ・ピッペンは1987〜2004年にNBAでプレーし、リーグ優勝6回、最も偉大な50選手、創設75周年記念チームにも選出されたレジェンの1人だ。“史上屈指のオールラウンダー”と呼ばれた男が、自身が考える最強のスターティング5を答えている。...
別窓で開く

「みんなマイケルを見るのに忙しすぎた」再びジョーダンに牙を剥くピッペン「我々はただの同僚」<DUNKSHOOT>
元シカゴ・ブルズのレジェンドであるスコッティ・ピッペンは、昨年11月に発売した初の自伝『Unguarded』の告知で、複数のフランスメディアに登場。かつての盟友であるマイケル・ジョーダンに再び辛辣な言葉を浴びせ、波紋を呼んだ。 ブルズと言えば、1991〜93年、96〜98年に2度の3連覇を達成してリ...
別窓で開く

スタークス、ビッグベン、ヴァンブリート…苦境から這い上がった“ドラフト外最強チーム”!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌1947年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く


[ dunkshoot フランス ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン フランス マイケル アメリカ
part nbl ジェン nba

<前へ12345678次へ>