本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



八村塁と渡邊雄太が揃って躍動! 日本の2大エースが記録した両軍トップの“プラスマイナス”とは【NBA】<DUNKSHOOT>
日本バスケ界が誇る2大エースが、揃って躍動した。 現地時間1月25日、NBAはレギュラーシーズン10試合が行なわれ、渡邊雄太が所属するブルックリン・ネッツは敵地でフィラデルフィア・76ersと、八村塁が電撃加入したロサンゼルス・レイカーズは、ホームでサンアントニオ・スパーズと対戦した。...
別窓で開く

【NBA】八村塁がレイカーズで鮮烈デビュー!12得点に加え、レブロンへの逆転弾アシストで勝利に貢献<DUNKSHOOT>
八村塁が新天地、ロサンゼルス・レイカーズで堂々のデビューを飾った。 現地時間1月25日、本拠地クリプトドットコム・アリーナでサンアントニオ・スパーズとの一戦に臨んだレイカーズは、113−104で勝利。23日にウィザーズからトレードで加入した八村は、途中出場で21分31秒間プレーし12得点(フィールド...
別窓で開く

「レイカーとして最高のシーズンを送っている」衰え知らずのレブロンを元選手が絶賛「彼のやっていることはとんでもない」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは、昨年12月末に38歳となったなかで、リーグ6位の平均30.2点、8.5リバウンド、6.9アシスト、フィールドゴール成功率50.9%、プレータイムも10位の平均36.2分をマーク。...
別窓で開く

レブロンが通算得点で歴代1位に浮上する“Xデー”は? 現地2月9日バックス戦での“ジャバー超え”が濃厚か<DUNKSHOOT>
現地時間1月23日(日本時間24日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズとのトレードで八村塁を獲得することを発表したロサンゼルス・レイカーズ。もともと日本国内でも1、2を争う人気チームだったが、八村の加入により、日本のファンからの関心度がより一層高まっている。...
別窓で開く

「NBAを揺るがした」八村塁のトレードが米メディアを席巻!名門加入はメリット大と断言「レブロンらに次ぐ大きな存在になる」
日本の至宝が、NBA屈指の名門クラブに加入する。 ワシントン・ウィザーズの八村塁が現地時間1月23日、トレードでロサンゼルス・レイカーズへの移籍が決定した。ウィザーズはレイカーズからポイントガードのケンドリック・ナンと3つ(2023、28、29年)のドラフト2巡目指名権を同チームから獲得した。...
別窓で開く

レイカーズはなぜ八村塁を獲得したのか?首脳陣が理由を語る「ウイングのポジションにサイズと厚みを加えたかった」<DUNKSHOOT>
現地時間1月23日、ワシントン・ウィザーズとロサンゼルス・レイカーズの2チーム間でトレードが成立。八村塁がレイカーズ、ケンドリック・ナンとドラフト2巡目指名権3本がウィザーズへ動くこととなった。 2月9日のトレード・デッドラインを待たず取引が成立したが、『Hoops Wire』は八村のトレードの噂が...
別窓で開く

【NBA】八村塁が電撃トレードでレイカーズ移籍!バスケ界の“キング”レブロンとチームメイトに<DUNKSHOOT>
八村塁がNBA伝統の“パープル&ゴールド”のユニフォームに袖を通すことになりそうだ。 現地時間1月23日、『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者ら複数のメディアが、ワシントン・ウィザーズとロサンゼルス・レイカーズのトレードが合意に達したと報じた。...
別窓で開く

「サボニスは当確。4位をキープすればフォックスも入れるべき」“キングス信者”ピアースが主軸2人の球宴入りをプッシュ! <DUNKSHOOT>
NBAの2022−23レギュラーシーズンは折り返し地点を過ぎ、現地時間1月20日時点でイースタン・カンファレンスではボストン・セルティックスがリーグベストの34勝12敗(勝率73.9%)、ウエスタン・カンファレンスではデンバー・ナゲッツが33勝13敗(勝率71.7%)で首位に立っている。...
別窓で開く

レブロンの相棒はデイビスではなくレナードだった? レイカーズOBが2019年夏を回想「私ならカワイを手に入れていた」<DUNKSHOOT>
現地1月13日、マット・バーンズ(元ロサンゼルス・クリッパーズほか)とスティーブン・ジャクソン(元ゴールデンステイト・ウォリアーズほか)がホスト役を務める人気ポッドキャスト番組『ALL THE SMOKE』の最新エピソードが公開された。 2023年一発目のゲストは、NBA史上最高のPG(ポイントガー...
別窓で開く

レブロンを筆頭に4人が20得点以上のレイカーズが今季最長の5連勝!8位ウォリアーズとは1ゲーム差に<DUNKSHOOT>
現地時間1月7日、ロサンゼルス・レイカーズは、敵地ゴールデン1・センターへ乗り込み、サクラメント・キングスと対戦した。 今年に入って負けなしのレイカーズは、前半でレブロン・ジェームズとデニス・シュルーダーが16得点、ラッセル・ウエストブルックが14得点、トーマス・ブライアントが13得点をマークし、7...
別窓で開く