本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



レイカーズに足りない“高さ”と“身体能力”を持つ八村塁。日本の至宝はレブロン&デイビスと先発起用?<DUNKSHOOT>
現地時間1月23日、八村塁はワシントン・ウィザーズから17回のNBA優勝を誇る名門ロサンゼルス・レイカーズに加入した。 アメリカだけでなく、世界中で高い人気と知名度を誇るチームの一員になったことで、日本のファンの期待値は高まっている。...
別窓で開く

マブズの伝説戦士ノビツキーの“最もすごい彫像”が初お披露目!チームが功労者に贈った“21文字の言葉”とは<DUNKSHOOT>
12月25日(現地時間)、NBAはクリスマスゲームとして5試合が行なわれ、注目カードのひとつであるロサンゼルス・レイカーズ対ダラス・マーベリックス戦は、ホームのマーベリックスが124−115で勝利を飾った。 この試合、マーベリックスは前半を終えて43−54と2桁点差のビハインドを背負っていたものの、...
別窓で開く

ファン愛用のNBAサイトが今年の閲覧選手トップ10を公開!レブロン、カリーの現役スターのほか、MJやコビーもランク<DUNKSHOOT>
現地時間12月14日、アメリカの人気ウェブサイト『Basketball Reference』(バスケットボール・リファレンス)が、今年最も閲覧されたトップ10プレーヤーを公開した。 選手のプロフィールや経歴、シーズンならびに試合ごとのスタッツをチェックする時や、応援しているチームの戦績を調べる際に、...
別窓で開く

「心の中では悩んだし、傷ついた」アイバーソンが“五輪代表”に召集されなかった過去への心境を吐露<DUNKSHOOT>
現在、『Netflix』で配信されているバスケットボールのドキュメンタリー映画『リディームチーム:王座奪還への道』。2002年の世界選手権(現ワールドカップ)でまさかの6位に沈んだことから始まり、2004年のアテネ五輪で銅メダル、さらに06年に日本で開催された世界選手権でも3位に終わったアメリカ男子...
別窓で開く

体重超過で減給のザイオン、減量でボーナス支給のディーオウ——NBA選手たちの特殊な契約形態<DUNKSHOOT>
先日、ニューオリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンが延長契約を締結。内容は5年で1億9300万ドルのMAX契約だが、ここに今季オールNBAチーム入り、あるいはMVP、最優秀守備選手賞に選ばれれば、金額が2億3100万ドルに跳ね上がることが話題になった。 ただしこの契約には条項が盛り込まれてい...
別窓で開く

攻守万能を誇ったジョーダン、ペイトン、オラジュワン…NBA歴代“ベスト2ウェイチームを選定!<DUNKSHOOT>
バスケットボールにおいて、オフェンスだけでなくディフェンスでも一線級の役割をこなす選手は“2ウェイプレーヤー”と称される。NBAでも長い歴史の中で、攻守万能の2ウェイプレーヤーが数多く存在してきた。 今回『THE DIGEST』では、アメリカンスポーツに精通する識者に依頼し、...
別窓で開く

「レブロンのトレードを検討すべき」というコメンテーターの発言に元選手が反論。「コビーをトレードするようなものだ」<DUNKSHOOT>
ロサンゼルス・レイカーズの“キング”レブロン・ジェームズは、来季(2022−23シーズン)にNBA20年目の節目を迎える。 今季優勝候補に挙げられながら、プレーオフ進出どころか、プレーイン・トーナメント出場権すら手にできなかったことで、オフシーズンの大刷新報道が過熱するなか、...
別窓で開く

ウェイド、ピッペン、ガーネットらレジェンド揃い!NBAの歴代ベスト“ドラフト5位チーム”を選定<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は過去4回に続き、「ドラフト5位指名」の最強チー...
別窓で開く

ポール、ウエストブルックらを輩出!NBAの歴代ベスト“ドラフト4位チーム”を選定<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。今回は過去3回に続き、「ドラフト4位指名」の最強チー...
別窓で開く

レブロン、マジック、ジャバー…NBAの歴代ベスト“ドラフト1位チーム”を識者が選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、なかでも毎年注目されるのが、その年のNo.1プレーヤーと目される「ドラフト1位選手」だ。...
別窓で開く


[ dunkshoot レブロン ブライアント アメリカ ] の関連キーワード

dunkshoot ジョーダン レブロン デイビス ポール
nba

<前へ123次へ>