本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



ドラフト3位指名から“神”になったジョーダン、7位指名でNBAの頂点に立ったカリー…“ドラ1以外”のベストチームを選定!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれ、その年の最高の選手が1番目に名前を呼ばれてきたが、下位指名でスーパースターに成長し、最終的に1位選手以上の成功を収めた選手も少なくない。...
別窓で開く

「シャックを彷彿とさせる」名手ピッペンが歴代ベスト5にアデトクンボを選出!「私は彼を守れない。大きすぎる」<DUNKSHOOT>
スコッティ・ピッペンは1987〜2004年にNBAでプレーし、リーグ優勝6回、最も偉大な50選手、創設75周年記念チームにも選出されたレジェンの1人だ。“史上屈指のオールラウンダー”と呼ばれた男が、自身が考える最強のスターティング5を答えている。...
別窓で開く

スタークス、ビッグベン、ヴァンブリート…苦境から這い上がった“ドラフト外最強チーム”!<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌1947年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

御意見番バークレーがデュラントの“優勝功績”に疑問「ウォリアーズ時代の彼は“運転手”じゃなく“乗客”だ」<DUNKSHOOT>
プレーオフ1回戦でボストン・セルティックスと対戦しているブルックリン・ネッツだが、第3戦を終えた時点でシリーズ戦績は0勝3敗。いまだ1勝もできず、このままでは今年の1回戦では東西唯一となる、屈辱のスイープ負けを喫しかねない状況に追い込まれている。 第2シードのセルティックスに対し、ネッツは第7シード...
別窓で開く

プレーオフ史上最も多く“スウィープ負け”を喫した選手は?トップには意外なレジェンド選手2人の名前が<DUNKSHOOT>
現地時間4月16日(日本時間17日、日付は以下同)に幕を開けた2021−22シーズンのNBAプレーオフは、ファーストラウンド全8カードのうち7カードが4戦まで終えた。 そのうち、まだ1勝もできていないのはブルックリン・ネッツのみ。...
別窓で開く

復帰間近のシモンズが新天地ネッツでの活躍に自信「自分にはもの凄く高いIQがある」<DUNKSHOOT>
現地時間4月22日、ブルックリン・ネッツのベン・シモンズがメディア向けの会見を行ない、プレーオフ期間中に新天地デビューする意向を語った。 211センチ・108キロの体格を誇る大型PG(ポイントガード)は、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに所属していた昨季のプレーオフ、カンファレンス準決勝第7戦...
別窓で開く

ハーデンの「プレッシャーは感じていない」発言にシクサーズOBが忠告「考え直した方がいい。嘘をつくな」<DUNKSHOOT>
ジェームズ・ハーデンは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズが1982−83シーズン以来のリーグ優勝を果たすうえで、キーマンと目されている。周囲の期待値は非常に高いなか、チームOBのチャールズ・バークレーが檄を飛ばしている。...
別窓で開く

“史上最低のドラ1チーム”を識者が選定。ベネット、クワミ・ブラウンら“ある意味有名な選手”が勢揃い<DUNKSHOOT>
1946年に創設されたNBAは、翌47年からドラフト制度を開始させ、時代によってルールを変えながら現在に至っている。 昨年7月までに計75回のドラフトが行なわれてきたが、年代関係なく指名順位に限定してチームを結成した場合、その顔ぶれはどうなるのか。...
別窓で開く

ミラー&ジャクソンが演じた“最高に魅力的な悪役”。ファンの間で永遠に語り継がれる2人のドラマ【NBAデュオ列伝|後編】<DUNKSHOOT>
■小憎らしい強烈な“ヒール・コンビ”が完成 続く1994-95シーズン、PG(ポイントガード)のグレードアップを図ったブラウンは、古巣のクリッパーズからジャクソンを引っ張ってきた。非常に高い水準を求めるブラウンに認められたことこそ、ジャクソンが優れた司令塔である証だった。...
別窓で開く

共通点は“ニックス憎し”。ミラー&ジャクソンの“ヒール・コンビ”が誕生するまで【NBAデュオ列伝|前編】<DUNKSHOOT>
2005年にレジー・ミラーが引退したとき、ニューヨークのバスケットボールファンは胸を撫で下ろしたはずだ。なにせ彼はニューヨーク・ニックスの最大の宿敵だった。プレーオフでは幾度となくクラッチショットを決められたあげく、「ニックスはビビリ野郎の集団さ」などと屈辱的な言葉さえ投げつけられたからである。...
別窓で開く