本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「カリーの仕上がりは完璧」カーHCがエースのコンディションに太鼓判。グリーンに対する“注文”も<DUNKSHOOT>
3シーズンぶりのプレーオフ進出を目指す今季のゴールデンステイト・ウォリアーズ。プレシーズンは5戦負けなしと順調に調整を終え、現地時間10月19日(日本時間20日、日付は以下同)のロサンゼルス・レイカーズとのレギュラーシーズン開幕戦に臨むこととなる。 ウォリアーズと言えば、やはりステフィン・カリー抜き...
別窓で開く

ニックスとシクサーズはヤングを「嫌うべき」?同僚ウィリアムズがそう語る理由とは<DUNKSHOOT>
現地時間10月4日(日本時間5日、日付は以下同)に行なわれたマイアミ・ヒートとのプレシーズン初戦で、右大腿四頭筋を打撲したアトランタ・ホークスのトレイ・ヤング。若きエースはその後2試合を欠場し、14日のプレシーズン最終戦で復帰すると、同じくヒート相手にいずれもゲームハイとなる27得点、15アシストを...
別窓で開く

プレシーズン全敗のレイカーズに漂う、“9年前と酷似”する不吉なデータ<DUNKSHOOT>
現地時間10月15日、NBAのプレシーズン全日程が終了した。ここから3日間を挟み、19日から2021-22レギュラーシーズンが幕開けとなる。 各チーム4〜6試合を戦ったプレシーズンでは、ニューヨーク・ニックス、シカゴ・ブルズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、ダラス・マーベリックス、サクラメント・キ...
別窓で開く

ワクチン未接種は「悪いことではない」。新型コロナで家族を失ったNBA戦士がアービングに理解「選択肢を与えられるべき」<DUNKSHOOT>
2021-22シーズンのNBA開幕を控える今、最も注目されている選手はブルックリン・ネッツのカイリー・アービングだろう。ただそれは決してポジティブな話題ではない。 29歳のオールスターガードは、新型コロナウイルスのワクチン接種を拒否しているため、ニューヨーク市のルールによってホームゲームと地元ブルッ...
別窓で開く

【NBA背番号外伝】代表格はジノビリ、ペイトン、アレン。ガードの名手たちが着用した「20番」を振り返る<DUNKSHOOT>
NBAにおいて背番号20で永久欠番となっている選手は2人しかいない。1人はPFのモーリス・ルーカス、もう1人は2018年に欠番になったエマニュエル・ジノビリである。ジノビリも含め、20番はガードの印象が強い番号だ。 アルゼンチンが生んだ史上最高のバスケットボール選手であるジノビリは、2002年にNB...
別窓で開く

史上屈指の技巧派レフティー、ジノビリは現代バスケでこそ生きた?「今のリーグでプレーしてみたい」<DUNKSHOOT>
サンアントニオ・スパーズで4度の優勝に貢献し、2017−18シーズン限りで現役を引退したマヌ・ジノビリが今季、運営部門スペシャルアドバイザーとして古巣へ帰ってくる。 先月末のメディアデーで、ジノビリの仕事内容について聞かれたグレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチ(HC)は、愛弟子への全幅の信頼を語った。...
別窓で開く

「プレーも練習もさせない」ワクチン未接種のアービングにネッツが厳格対応。本人は想いを吐露「こんな形で引退するつもりはない」<DUNKSHOOT>
ブルックリン・ネッツは現地時間10月12日(日本時間13日、日付は以下同)、新型コロナウイルスのワクチン未接種問題に揺れるカイリー・アービングについて、「フルでチームに参加できるようになるまで、プレーも練習もさせないことを決断した」と声明を出した。...
別窓で開く

ウィザーズの新シーズンを現地メディアが予想!11位の低評価にハレルは「誰も期待していないからプレッシャーはない」<DUNKSHOOT>
現地時間10月14日(日本時間15日、日付は以下同)、ワシントン・ウィザーズは翌日に控えるニューヨーク・ニックスとのプレシーズン最終戦に向けてチーム練習を行なった。 ここまでプレシーズン3戦全敗のウィザーズは、20日に敵地スコシアバンク・アリーナでトロント・ラプターズとのシーズン開幕戦に臨むため、こ...
別窓で開く

渡邊雄太へチームメイトがバースデーソングのプレゼント!球団も“某アニメ風”のオリジナル画像で祝福<DUNKSHOOT>
NBA4シーズン目の開幕を控える渡邊雄太に、“一時休戦”とも思える一幕が訪れた。 渡邊にとって27回目の誕生日となった10月13日(現地時間)、プレシーズンゲームがなかったトロント・ラプターズの公式Twitterは、チーム練習後に撮影したと思われる1本の動画を公開した。...
別窓で開く

「もっと上手くならなきゃいけない」セルティックスの若きエースが語る東京五輪の経験と“今季への決意”<DUNKSHOOT>
名門ボストン・セルティックスの若きエース、ジェイソン・テイタムが、キャリア5年目のシーズンを前にさらなる飛躍を誓っている。 昨季のテイタムは2年連続のオールNBAチーム入りこそ逃したものの、オールスターには2年連続で出場。ルーキーシーズンから主要3部門(得点、リバウンド、アシスト)の数字を着実に伸ば...
別窓で開く


[ dunkshoot ] の関連キーワード

ウィリアムズ アレン nba