本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「普通の言い方」が場の雰囲気を悪くする。提案がすんなり通る「ちょい足しことば」とは?
 話し合いが進まないときや、なかなか結論が出ない会議。良かれと思って提案したのにムッとされてしまい、微妙な雰囲気に.....なんて経験はないだろうか。 自分の意見や考えを伝えるとき、まして反論するときは、誰しも緊張するもの。言い方やタイミングによっては誤解されてしまうこともある。場の雰囲気を悪くする...
別窓で開く

使い方を誤ると逆効果。好かれる人は「なるほど」をどう使う?
 周りから好かれる人は、聞き上手だ。 「そんなことわかってる。自分の話ばかりしないで、相手の話を聞けばいいんでしょ」と思うかもしれない。実際に、日頃から言いたいことをがまんして、相手の話を聞くよう心がけているという人もいるだろう。それなのに、「感じがいいな」という印象を持たれないのはなぜなのか。...
別窓で開く

夫に浮気される(た)妻を、ネット上で省略して「サレ妻」と呼ぶことがある。夫婦問題研究家でパートナーシップアドバイザーの岡野あつこさんは「浮気や不倫は“する方”が悪いに決まっているが、“される側”が原因をつくらないよう努力をすることも大事だ」という——。■「サレ妻」は被害者なのか、自業自得なのかいつの...
別窓で開く

仕出し弁当業界大手の玉子屋(東京都大田区)のメニューは日替わり弁当1種類しかない。菅原勇一郎社長は「1種類しかないからこそ、原価率50%オーバーでも儲けが出せる。野菜も肉も魚も新鮮で良質なものを使っているが、一番こだわっているのは、弁当の主役であるご飯だ」という——。※本稿は、菅原勇一郎『東京大田区...
別窓で開く

夫婦問題研究家が2022年を振り返る! 印象に残った著名人夫婦の決断、共通点は「自分たちらしさ」
2023年がスタートして早くももうすぐ1カ月が過ぎようとしています。昨年を振り返ると、これまでの結婚・離婚のスタイルにとらわれず、新しい夫婦の形を選ぶ芸能人が印象的でした。そこに共通しているのは「自分たちらしく」というキーワードだったのではないでしょうか。自分たちらしく生きていくための離婚や修復とい...
別窓で開く

第1号は宮崎美子の伝説的写真、大塚寧々、眞野あずさ、膳場貴子…みんな「週刊朝日」”出身” 篠山紀信が語る女子大生表紙シリーズ
 今月19日に、5月末での休刊を発表した「週刊朝日」。創刊101年の歴史で一時代を築いたのが、1980年に始まった女子大生表紙シリーズだ。第1回の宮崎美子に始まり、「芸能人の登竜門」と評されるほど多くの女優、アナウンサーを輩出した足跡を、撮影した写真家・篠山紀信氏が語った。...
別窓で開く

局アナから完全フリーランスへ。宇賀なつみの「旅」が詰まった初エッセイ
フリーアナウンサーの宇賀なつみさんの初エッセイ『じゆうがたび』( 幻冬舎)が2月22日に発売される。テレビ朝日入社当日に「報道ステーション」の気象キャスターとしてデビュー。その後もスポーツキャスターとしてアスリートへのインタビューやスポーツ中継、情報番組のMCなど、幅広く活躍してきた宇賀さん。...
別窓で開く

日本人の歌舞伎離れが進んでいる。日本女子大学の細川幸一教授は「特に本丸である『歌舞伎座』の客層は高齢者ばかりで、日によっては半分も埋まらない。伝統と慣習に重きをおくなかで、高齢者からも若い世代からも見放されてしまっている」という——。■人気俳優が揃い、伝統的な演目が並ぶのに東銀座は松竹の本拠地だ。主...
別窓で開く

箱根駅伝18位の立教大に足りなかったもの。上野裕一郎監督「今頃、精神論かよと思われるかもしれないですけど…」
立教大・駅伝監督上野裕一郎氏インタビュー後編前編を読む>>「当日のメンバー変更は何がメリットなのかピンとこない」 立教大、55年ぶりの箱根駅伝は、往路20位、復路16位、総合18位に終わった。前評判では、シード権を獲得できる戦力があるチームとして注目されたが、1区から出遅れてしまい、復路もなかなか思...
別窓で開く

箱根駅伝を立教大・上野裕一郎監督が振り返る。当日のメンバー変更は「普通、そんなことしない。何がメリットなのかピンとこない」
立教大・駅伝監督上野裕一郎氏インタビュー前編 55年ぶりに箱根駅伝に戻ってきた立教大。大学創立150周年記念事業として2024年の箱根駅伝出場を目指すなか、1年早く本戦出場を実現した。2018年に監督に就任した上野裕一郎氏は、指導者として価値を高めたのはもちろん、大学関係者、OBだけではなく、陸上フ...
別窓で開く


[ 立教大 ] の関連キーワード

歌舞伎座 なつみ 裕一郎 あずさ