本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



自由帳に描かれた落書き、あまりの迫力に目を疑う… 「次元が違いすぎ」称賛の声相次ぐ
真っ白なページに思い思いの文字や絵を描く自由帳。子供が落書きしたイラストを見ると、思わず顔がほころぶもの。現在、X(旧ツイッター)上では、自由帳に描かれた「ある落書き」が注目を集めていて…。...
別窓で開く

「日帰りではもったいない」杉山愛さん、飛騨高山で”小旅行気分”…夫との笑顔2ショに「素敵なお写真」の声
 女子テニス元ダブルス世界ランク1位の杉山愛さんが4日に自身のSNSを更新。夫との2ショットを公開した。  岐阜県高山市を訪れた杉山さんは、インスタグラムに「日帰りではもったいない あー ゆっくり来たいなぁと思う場所のひとつです」と、夫と笑顔の2ショットをアップ。...
別窓で開く

女性の50代は最強にして最後の「ひとり旅適齢期」だった!
 ひとり旅なんて、アラサーのころに思い立って出かけたのを最後に、もう20年近くしていない。旅行に行くときは友人と一緒に、結婚してからは夫とふたりで、子どもが生まれてからは家族で行くのが当たり前になった。 「いまさらひとり旅なんて無理無理」と思っているアラフィフ女性が、読めばきっと旅に出かけたくなるの...
別窓で開く

蕎麦打ち名人から海老フライの達人へ、華麗な転身を遂げた料理人が目指すもの 普段着の京都(第6回)
取材・文=岡本ジュン 撮影=村川荘兵衛京都の住宅街に誕生した、海老フライの名店 海老フライって、不思議とテンションが上がる食べ物ですよね(昭和世代だけでしょうか?) 。今回はそんな海老フライが大好きな料理人さんのお店です。「いまから なかじん」は京都御所の北西、静かな住宅街にある料理店。...
別窓で開く

「仕事が義務にならないように」清水ミチコの言葉にももクロ感動!
「一夜限りのゲストとの深夜食」をテーマに、ゲストとの極上トークをメインディッシュに見立て、メニューを選びながら会話を楽しむ番組『ももクロちゃんと!』。前回に引き続き、大先輩・清水ミチコから楽しく仕事をする術を学ぶ。前回はデヴィ夫人のものまねを伝授されたももクロ。今回、新たに挑戦するのは桃井かおり。...
別窓で開く

死別の悲しみとどう向き合うか “坂東龍汰&西野七瀬”共演『君の忘れ方』制作決定
坂東龍汰、西野七瀬 ©2024『君の忘れ方』製作委員会映画監督・作道雄が、亡き恋人とのラブストーリーを描いたオリジナル脚本『君の忘れ方』の映画化が決定。主演を坂東龍汰、ヒロインを西野七瀬が務めることが発表された。...
別窓で開く

主演・坂東龍汰×ヒロイン・西野七瀬『君の忘れ方』25年公開へ 恋人を亡くした青年が立ち直っていく様を描くラブストーリー
坂東龍汰が主演し、西野七瀬がヒロインを務める映画『君の忘れ方』が、2025年正月第2弾として全国公開されることが決まった。坂東は映画単独初主演。 本作は、映画監督・作道雄が、亡き恋人とのラブストーリーを描いたオリジナル脚本を映画化。...
別窓で開く

カギはSNSの発信力と多言語化! 「インバウンド特需」が地方へと拡がる理由
現在、外国人観光客が急増中という岡山県倉敷市の街並み上がらぬ給与に、高騰する物価。冷え切った日本経済の先行きには暗雲が重く立ち込めるが、一筋の光となりそうなのがインバンド特需だ。日本政府観光局の推計値によると、2023年4月の訪日外国人数は194万9100人。これでもコロナ前の2/3ほどで、「今後さ...
別窓で開く

初めてが減った今こそ出かけどき! 50代でひとり旅の虜になった料理家が綴る旅エッセイ
 飲食店やエンタメ施設などを一人で楽しむ人を意味する「おひとりさま」。言葉自体はずいぶんと浸透しましたが、まだまだハードルが高いと感じる人も多いのではないでしょうか。特に心身に老いを感じ始める年代になると、おっくうさも増してくるかもしれません。けれど、「50代こそ人生で最強にして最後のひとり旅適齢期...
別窓で開く

山深い飛騨高山“初の東京直通”から25年 未完の「中部縦貫道」 激セマ山道が解消される日は
今でも凄腕テクでバスは山道を駆け抜けています。飛騨を変えた! 高速バス高山〜新宿線25周年 岐阜県高山市を拠点とする濃飛バス(濃飛乗合自動車)が2023年6月24日(土)から、会社創立80周年と高速バス新宿線開業25周年を記念したデザインバスの運行を開始します。...
別窓で開く


[ 飛騨高山 ] の関連キーワード

インバウンド sns ミチコ

<前へ12345次へ>