本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



■検閲をかいくぐり、同時多発的にデモが発生中国で11月26〜27日の週末、大学生など若者を中心に、ゼロコロナを継続する習近平政権への抗議デモが繰り広げられ、大量の警官が配備されるなど緊張感が走った。中国で真正面から政権批判が行われることは異例のことだからだ。きっかけとなったのは11月24日にウルムチ...
別窓で開く

日経記事の無断共有に賠償命令=首都圏新都市鉄道、著作権侵害—東京地裁
 新聞記事を無断で社内共有され、著作権を侵害されたとして、日本経済新聞社がつくばエクスプレスを運営する首都圏新都市鉄道(東京)に約4400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁の杉浦正樹裁判長は30日、同社に約460万円の支払いを命じた。...
別窓で開く

コロナ禍で旅客需要激減に見舞われたANAHDを救ったのが、貨物事業の存在だ。同社ではその収益性を高めるために、貨物事業を構造からつくり直した。日経ビジネスの高尾泰朗記者の著書『ANA苦闘の1000日』(日経BP)から、一部を紹介しよう——。(第3回)■貨物専用機は100トンだが、旅客機は2トンしか運...
別窓で開く

東京〜有明結ぶ「臨海地下鉄」できる未来 その陰で「ゆりかもめ延伸計画」は
東京都が、都心と臨海部を結ぶ「臨海地下鉄」事業化に着手する——。2022年11月24日、読売新聞(電子版)がこう報じた。東京駅から築地や勝どき、豊洲市場を通り、有明・東京ビッグサイトを結ぶ総延長6キロメートルの路線になるという。実は、有明や豊洲から勝どきを結ぶ路線としては、かつては東京臨海新交通臨海...
別窓で開く

この2年でエンタメ界は激変!? いま求められているオンラインコンテンツとは
この2年で、エンタメ界で一気に進んだオンライン化。そこで起きていたムーブメントを読み解くと、分かち合うことこそエンタメの神髄だと気づかされる。感動も体験も日常的な時間さえも、シェアして楽しもう!エンタメとは本質的にシェアして楽しむもの。コロナ禍以降、加速度的にオンライン化が進んだエンタメの世界。...
別窓で開く

テレワーク、スマホ、メール狙う「サイバーセキュリティの罠」に気をつけろ。
テレワーク、スマホ、メールを狙う最新トラブルとその裏側の実態に迫ったのが、本書「すぐそこにあるサイバーセキュリティの罠」(日経BP)だ。コロナ禍で登場した新たな手口も紹介している。言うまでもなく、いまやインターネットトラブルは、すべての人がターゲットになっている。...
別窓で開く

「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。■おふたりさまのうちにできる準備を進めよう「週刊ダイヤモンド」(2022年7月16・23...
別窓で開く

優待株のKDDI、株価が軟調相場の中で上場来高値まで上昇した「本当のワケ」とは
株式市場では、常に多くの企業の株価が変動しています。株価が大きく動いた時、その原因を調べると、今後の投資に活用できるヒントが得られることがあります。今回は、KDDI(9433)を取り上げます。KDDIの株価は軟調相場の中で上昇し、上場来高値をつけました。では、なぜその上昇が起こったのか、背景を解説し...
別窓で開く

ソニー×ホンダ EV開発で異業種連携 米IT大手の動きにらみ「号砲」!
ソニーグループとホンダが電気自動車(EV)で手を組む。年内に合弁で新会社を作り、2025年の販売開始と、自動車向けサービスの事業化を目指すという。ソニーグループの吉田憲一郎社長とホンダの三部敏宏社長が2022年3月4日、記者会見を開いて発表した。...
別窓で開く

ウクライナ危機と米国利上げの影響は?...東洋経済「株崩落」 ダイヤモンド「M&A」、エコノミスト「グリーン素材&技術」を特集
「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「週刊エコノミスト」、毎週月曜日発売のビジネス誌3誌の特集には、ビジネスパースンがフォローしたい記事が詰まっている。そのエッセンスをまとめた「ビジネス誌読み比べ」をお届けする。...
別窓で開く


[ 日経ネットワーク ] の関連キーワード

首都圏新都市鉄道 ウクライナ kddi 自衛隊 ホンダ
ソニー ana

<前へ123次へ>