本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



宇垣美里「私は正気を保っていられるのだろうか」新しいトラウマが増えた理由
元TBSアナウンサーの宇垣美里さん。大のアニメ好きで知られていますが、映画愛が深い一面も。 そんな宇垣さんが映画『ピンク・クラウド』についての思いを綴ります。●作品あらすじ:世界中で突然発生した毒性のピンク色の雲によって部屋の中に閉じ込められてしまった人々、それは一夜の関係を共にしていた男女、ジョヴ...
別窓で開く

良い人間関係を構築するにはどうすればいいか。元外交官で作家の佐藤優さんは「深い人間関係を築くには、一緒に食事をすることが大切だ。特に鍋や焼き肉は親密度が増しやすい」という——。※本稿は、佐藤優『君たちの生存戦略 人間関係の極意と時代を読む力』(ジャパンタイムズ出版)の一部を再編集したものです。■リモ...
別窓で開く

元白鵬、最後の取組は長男の眞羽人に押し出される 現在はバスケ部所属に会場は笑い
2021年秋場所後に引退した元横綱白鵬の宮城野親方(37)が28日、東京・両国国技館で『白鵬引退宮城野襲名披露大相撲』を行った。 「最後の取組」では、3人が元白鵬の対戦相手に。1人目は、父が元白鵬の父の弟子でモンゴル相撲の横綱、曽祖父もモンゴル相撲の横綱で元白鵬の父の師匠にあたり、高校から留学して現...
別窓で開く

既婚男性の2人に1人、既婚女性の4人に1人が不倫。驚きの研究データ。
 不倫をテーマにしたマンガや小説は数えきれないが、日本では客観的な研究がほとんどなかった。本書『不倫』(中公新書)は社会学者と経済学者が大規模な調査を行い、不倫の実態に迫ったものだ。経験者は何%か。どんな人が不倫しやすいのか。どこで出会い、いかに終わるのか。家族にどんな影響があるのか。驚きの研究デー...
別窓で開く

一番信頼できるテレビのコメンテーターランキング!3位 玉川徹、2位 カズレーザー、1位は?
報道番組やワイドショーなどで、独自の見解だけではなく民意もくみ取りながらニュースについて発言しているコメンテーターたち。中でも特に支持されているのは一体誰なのでしょうか。そこで今回は、テレビ番組に出演しているコメンテーターの中で、一番信頼できるのは誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみ...
別窓で開く

【内田雅也の広角追球】審判に生きた谷村友一さんをしのぶ プロアマ交流を推進 殿堂入りあと一歩
 【内田雅也の広角追球】谷村友一さんの訃報が伝わったのは今月12日だった。甲子園大会などアマチュア野球とプロ野球双方で長年審判員を務めた功労者である。野球殿堂特別表彰の候補にも名を連ねており、殿堂入り発表の前日だった。 亡くなったのは昨年7月31日。新型コロナウイルス感染症のため兵庫県川西市の病院で...
別窓で開く

同志社大助教を逮捕=女子高生買春か—大阪府警
 SNSを通じて知り合った女子高校生に現金を渡し、わいせつな行為をしたとして、大阪府警は27日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、同志社大助教の中村祐士容疑者(32)=京都府木津川市兜台=を逮捕した。容疑を認めているという。 逮捕容疑は2022年4月9日と5月5日、大阪府内のホテルで、18歳未...
別窓で開く

雨の中、こんぴら参りへ。1368段の階段を登った先の“ガッカリ景色”
初詣シーズンもだいぶ落ち着いてきましたが、まだこれから行く人もいるかもしれません。今回は秋に香川県にある金刀比羅宮(ことひらぐう)へ一人で行き大変な目にあった女性の体験談を紹介します。金比羅参りを考えている方は参考にしてみてください。◆家事育児の合間を縫ってひとり旅へ 家事や育児、仕事に追われる日常...
別窓で開く

専修大・仲本七虹、前年度8強との1時間超え大熱戦制す 伊藤、長﨑らは白星スタート<全日本卓球2023女子単4回戦?>
<天皇杯・皇后杯 2023年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部) 日時:1月23日〜29日 場所:東京体育館>26日、全日本卓球選手権大会は4日目を迎え、女子シングルス4回戦が行われた。仲本七虹(専修大)は前回大会ベスト8の木村光歩(中国電力)と対戦。第6ゲームでは木村がマッチポイントを握る場...
別窓で開く

NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ
(あとから何も出てこないよね?(C)日刊ゲンダイ) NHK大阪放送局の武田真一アナ(55)が退局し、フリーアナウンサーに転身すると「デイリー新潮」が伝えている。 武田アナといえば、筑波大学卒業後、1990年にNHK入局。入局後は、出身地でもある熊本放送局や松山放送局赴任を経て、2000年4月に平日正...
別窓で開く


[ 同志社 ] の関連キーワード

原始時代 同志社大 nhk 専修大