本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



読売新聞主筆・渡辺恒雄「若い世代に戦争を伝えることの意義」
「天皇制を潰して、共和国にしようと思った」知られざる“渡辺恒雄の共産党時代” から続く 読売新聞グループ代表取締役主筆を務める渡辺恒雄氏、96歳。戦後政治の表も裏も目の当たりにしてきた“最後の生き証人”とも言われる。この渡辺氏へのロングインタビューを元にしたノンフィクション『 独占告白 渡辺恒雄...
別窓で開く

2022年下半期(7月〜12月)、プレジデントオンラインで反響の大きかった記事ベスト5をお届けします。政治経済部門の第3位は——。(初公開日:2022年9月26日)■欧米諸国の首脳陣が列席するはずが…「あれさ、やっぱやらないほうがよかったんじゃね? 比べるなっていうけれど、エリザベス女王の国葬を見ち...
別窓で開く

千葉県流山市は、全国の市の中で6年連続人口増加率1位となっている。その理由のひとつに、市内中心部を走るつくばエクスプレスの存在がある。新線誘致に尽力した当時の市長に、ジャーナリストの大西康之さんが取材した——。(第2回)※本稿は、大西康之『流山がすごい』(新潮新書)の一部を再編集したものです。■御年...
別窓で開く

岸田内閣の目指す「防衛費のGDP比2%への増額」は望ましいのか。元海上自衛隊自衛艦隊司令官の香田洋二氏は「防衛予算は『防衛計画の大綱』の存在によっていびつな構造になっている。予算を増やす必要はあるが、やみくもに増やしても、『1%文化』が変わらなければ、防衛力強化はおぼつかない」という——。※本稿は、...
別窓で開く

岸田政権に「副総理」がいない「本当の理由」
元内閣官房副長官で慶應義塾大学教授の松井孝治が1月6日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。岸田政権に副総理がいない理由について解説した。...
別窓で開く

安倍元総理とも親交が深かった「葛西敬之さん」、国鉄分割民営化を成し遂げるまでの暗闘【2022年墓碑銘】
 満ちては引く潮のように、新型コロナウイルスが流行の波を繰り返した2022年。今年も数多くの著名な役者、経営者、アーティストたちがこの世を去った。「週刊新潮」の長寿連載「墓碑銘」では、旅立った方々が歩んだ人生の歓喜の瞬間はもちろん、困難に見舞われた時期まで余すことなく描いてきた。その波乱に満ちた人生...
別窓で開く

防衛予算の増額、重要視すべきは数字ではなく「防衛政策」「防衛構想」にあり
2月24日にロシアがウクライナに侵攻し、戦争は続いている。また、北朝鮮は異常な頻度でミサイルの発射実験を行っている。さらには、中国が台湾を武力統一するのではないかという観測も強まっている。日本を取り巻く国際情勢がこのように厳しくなるのに伴い、岸田文雄首相は今後5年間(2023年度〜27年度)の防衛費...
別窓で開く

「力道山が刺された直後に私に放った言葉は…」 現場となった「ニューラテンクォーター」元社長が真相を語る
■力道山刺傷事件の現場「ニューラテンクォーター」 知られざる舞台裏を元社長が語り尽くす(前編) 贅(ぜい)を尽くした内装に最高級の音響、そして海外から招かれた一流ミュージシャンたち。昭和34年12月、東京・赤坂に誕生した「ニューラテンクォーター」には皇族から政財界の大物、ヤクザまでが足繁く通った。...
別窓で開く

圧倒的な男性社会である自衛隊。そんな中で、女性自衛官の草分け的存在として道を切り開いてきたのが竹本三保氏だ。信念に基づき自衛隊生活を全うし、2011年に1等海佐で退職した竹本氏は退官後、公立高校の校長、奈良県教育委員会参与を経て、現在は奈良女子大学で教べんを執る。竹本氏が“国防”と“教育”に身をささ...
別窓で開く

神風特攻隊員、2度の選挙落選…スーパー「ライフ」創業者・清水信次氏 波瀾万丈の96年
 大手スーパー「ライフ」を創業した「ライフコーポレーション」の名誉会長、清水信次氏が10月25日、老衰のため死去した。96歳だった。葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れの会を予定しているという。 売上高は約7600億円、関東や近畿を中心に約300店舗を擁する大手スーパー「ライフ」は、地域特性に応じた...
別窓で開く



<前へ12345次へ>