本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



習近平主席へ宛てた宮家邦彦の“手紙”〜天安門事件から32年、見解を変えない中国
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月4日放送)に外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が出演。中国外務省が32年前に起こった天安門事件を「暴乱」とみなすこれまでの見解を変えていないと述べたニュースについて解説した。...
別窓で開く

面従腹背の文在寅 ソウルに戻ると即、金正恩に“詫び状” 米国でも始まった「嫌韓」
 中国・北朝鮮側に大きく傾いていた韓国。5月21日の米韓首脳会談で、米国側に一気に引き戻された。しかし、ワシントンから帰国した文在寅(ムン・ジェイン)大統領は直ちに北朝鮮に「詫び状」を書いた。韓国観察者の鈴置高史氏が展開を読む。...
別窓で開く

科学的に証明された“脳汁”の正体…大人気パチンコ・海物語は「演出の信頼度が40%っていうのが絶妙」
「もう一回こないかな〜」パチンコ関係者にとって“待望”だった休業要請…とある店長がもらした“本音”とは から続く 虹保留、激熱演出、フリーズ、リーチ目出現……。パチンコやパチスロをはじめとしたギャンブル全般で、的中を予感したときの恍惚感を「脳汁が出た」と表現することをご存知だろうか。...
別窓で開く

中西輝政氏緊急提言《米中新冷戦》第1ラウンドは米国の“作戦勝ち” バイデン政権はなぜ対中強硬路線に舵を切ったか
「新疆ウイグル自治区、香港、台湾、アメリカへのサイバー攻撃、同盟国への経済的威圧など、中国の行動に強い懸念を抱いている」 3月18日に米アラスカ州アンカレジで開かれたバイデン政権下初の米中対話。冒頭発言でアメリカ側のブリンケン国務長官がこう中国の姿勢を非難した。...
別窓で開く

菅総理が日米首脳会談でバイデン大統領に「話すべきこと」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月30日放送)にジャーナリストの有本香が出演。米バイデン大統領が英ジョンソン首相と電話会談を行い、中国の「一帯一路」に対抗する構想を提案したというニュースについて、評論家の石平氏を電話ゲストに招いて解説した。...
別窓で開く

米中外交トップ会談がアラスカで行われるそれぞれの「理由と事情」
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月18日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。アラスカ州で行われる米中外交のトップ会談について、東京大学公共政策大学院教授・政治学者の鈴木一人氏を電話ゲストに迎えて解説した。...
別窓で開く

玉森裕太“潤之介”、上白石萌音“奈未”へのパワーワードからハグの追撃に視聴者メロメロ「心打たれました」
上白石萌音が主演を務めるドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、毎週火曜22:00〜)の第7話が、2月23日に放送。インターネット上では、中沢涼太 (間宮祥太朗)の思いやりや、宝来潤之介(Kis-My-Ft2・玉森裕太)のある言葉に大きな反響があった(以下、ネタバレが含まれます)。...
別窓で開く

【北朝鮮国民インタビュー】地方住民は党大会に極めて冷淡な反応
北朝鮮の平壌で、先月5日から12日まで開催された朝鮮労働党第8回大会。国民が制裁・災害・コロナの三重苦に苦しめられている中での大会で、いかなる政策が示されるか注目された。デイリーNKは、党大会の感想を探るために、北朝鮮国内の複数の情報筋を通じて幹部にインタビューを行ったが、それに続けて、平安北道(ピ...
別窓で開く

"赤鬼"が最後に見せた弱さ。トランプはなぜ支持者を切り捨てて日和ったのか?
1月20日の大統領交代を目前にして、首都ワシントンで起きたトランプ支持者たちの大暴走。しかし、それをあおった張本人は、最後の最後に「日和(ひよ)った」。...
別窓で開く

英国史上“最高額&最高齢”の金庫破り事件!『キング・オブ・シーヴズ』は英国の名優×ジャズ×懐メロの組み合わせで魅せる実話クライムサスペンス
『キング・オブ・シーヴズ』©2018 / STUDIOCANAL S.A.S. - All Rights reserved■伊達男からタダ者ではない老紳士へ! 映画ファンを魅了する名優マイケル・ケイン現在の映画界で「タダ者ではない老紳士」がハマリ役の俳優といえば、マイケル・ケインの名前を思...
別窓で開く


<前へ12次へ>