本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



〈再逮捕〉高槻54歳女性殺人 1.5億保険金の受取人は“28歳の養子”だった「アメフト日本一」「愛車はランボルギーニ」
 昨年7月26日、大阪府高槻市に住む高井直子さん(当時54)が自宅の浴槽で変死体となって発見された事件。真犯人が見つからない今年7月、事態が動き、親族の同意を得ないまま違法に高井さんと養子縁組になる手続きを踏んだとして、高井(旧姓・松田)凜容疑者(28)が有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕されていた...
別窓で開く

社会派インフルエンサー・ラブリが謝罪 「強制わいせつ致傷事件」で被害女性と和解が成立
 社会派インフルエンサーのラブリ(32)と、2019年5月にラブリが起こした強制わいせつ致傷事件の被害者である20代女性(事件当時)Aさんとの間で、和解が成立したことがわかった。Aさんの担当弁護士が公表した。■2019年、同室のAさんを襲ったラブリ 事件が起きたのは2019年5月3日。...
別窓で開く

野田聖子氏、最高裁判決に遺憾の意「元暴力団員」報道の夫は「普通の会社員として真面目に勤務」
野田聖子女性活躍担当相が10日、ブログを更新し、野田氏の夫が、週刊文春と週刊新潮に「夫が元暴力団員」などと報じられた記事で名誉を毀損(きそん)されたとして、発行元の文芸春秋と新潮社に損害賠償を求めた裁判の判決が確定したことを受け、経緯などを説明する文書を掲載した。...
別窓で開く

高知東生「事実なら認めた方が楽」野田聖子氏の夫めぐる報道に私見「俺の親父も」自身の経験語る
俳優の高知東生(57)が10日、ツイッターを更新。野田聖子女性活躍担当相の夫をめぐる一連の報道を受け、「事実なら認めた方が楽だしそれで勇気づけられる人もいるかと思います」と私見を述べた。高知は「国会議員さんのご主人が元暴力団員と裁判で結果が出た件」と書き出し、「批判を目にすると複雑な心境になる。なん...
別窓で開く

投資で生計を立てる50代シングルマザーが“投資信託は勧めない”ワケ
「向こう1年、支出は8万円増える」「3年後に退職するつもりだったが諦めた」じわじわ貧しくなるのに“給料が上がらない”残酷な理由 から続く 食品や日用品の値上げラッシュにもかかわらず、給料は上がらない。ジワジワ貧しくなる時代を乗り切るため、プロが実践する投資&節約術を、「 週刊文春WOMAN202...
別窓で開く

「向こう1年、支出は8万円増える」「3年後に退職するつもりだったが諦めた」じわじわ貧しくなるのに“給料が上がらない”残酷な理由
 食品や日用品の値上げラッシュにもかかわらず、給料は上がらない。ジワジワ貧しくなる時代を乗り切るため、プロが実践する投資&節約術を、「 週刊文春WOMAN2022年夏号 」より全文転載します。(全2回の1回目/ 後編 を読む。...
別窓で開く

ジャガー横田の医師夫「コロナ報道に一度も呼ばれない」深刻理由とは?
 世間では新型コロナウイルス「第7波」の感染拡大が凄まじいが、日々刻々と変わる医療状況を説明するコメンテイターに、女子プロレスラーのジャガー横田の夫で医学博士の木下博勝氏がなぜか加われないという。 木下氏といえば、かつては「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)、「サタデープラス」(TBS系)などに...
別窓で開く

最高裁で判決確定 野田聖子大臣の夫が「元暴力団員は真実」
 野田聖子地方創生相(61)の夫・野田文信氏が、過去に暴力団員だったなどと報じた「週刊文春」の記事は事実無根で名誉を傷つけられたとして、発行元の文藝春秋に1100万円の損害賠償を求めていた訴訟。最高裁判所第一小法廷は8月8日、文信氏の上告を棄却。文信氏が元暴力団員と報じた点について、「真実である」と...
別窓で開く

お見送り芸人しんいち“7人同時交際”報道を釈明「交際はしてない」
ピン芸人のお見送り芸人しんいちが9日、自身のYouTubeチャンネルで生配信を行った。同日配信された『文春オンライン』で、19歳女性との連続デートと直撃取材に応じた際に7股をかけていると明かしたことが伝えられたが、自身の思いを打ち明けた。 しんいちは「全部写真も撮られていますので、言い訳しようのない...
別窓で開く

 野田少子化相の夫が、暗号資産業者を巡る記事で名誉を傷つけられたとして、「週刊文春」側に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は8日付の決定で夫側の上告を棄却した。文春側に55万円の支払いを命じた2審・東京高裁判決が確定した。...
別窓で開く


[ 週刊文春 ] の関連キーワード

アメフト 最高裁 ジャガ