本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



6代目山口組への復帰話が取り沙汰される絆會 トップ「織田代表」の姿勢が評価されている3つの理由とは?
■絆會トップが狙われた裏の裏 指定暴力団「絆會」の織田絆誠(よしのり、本名:金禎紀)代表(55)の自宅兼事務所(神戸市長田区)に車が突っ込んだのは、6月6日午後10時前のことだった。その後、6代目山口組系の組員が出頭し、建造物損壊容疑で逮捕された。このタイミングで絆會トップが狙われた理由については、...
別窓で開く

関ケ原の戦いの原因に。秀吉の死を知らずに戦い続けた朝鮮遠征
■明の頑固さで交渉決裂となり再派兵へ大坂城には千畳敷という大広間がございました。伏見城が地震で大損害を受けましたので、明使を迎えるために恥ずかしくないように、大坂城の本丸の南の部分に、突貫工事で建てたものです。地震があったのは、文禄5年(1596年)年の閏7月。閲見があったのは9月のことです。...
別窓で開く

「能の稽古で忙しい」自分を主人公にした作品を残した秀吉
■秀頼のことが心配でしかたなかった秀吉「露と落ち 露と消えにし 我が身かな なにはのことは 夢のまた夢 」という美しい辞世の句を残して秀吉が亡くなったのは、慶長3年(1598年)の8月11日のことでした。辞世の句というのは、本当に死ぬ間際で詠むものでなく、あらかじめ用意しておくもので、この句も私の秘...
別窓で開く

超勉強になる壮大ドッキリ!パンサー尾形を勝手に“石田三成”に据え、令和の関ヶ原の戦い
本日4月2日(土)に放送される、カズレーザー(メイプル超合金)がMCを務める新企画『秘密の教材 ドッキリ式学習塾』。この番組は、芸能人たちに“ドッキリ”を仕掛け、そのVTRをもとにカズレーザーが解説するという新たな教育番組だ。◆「関ヶ原の戦い」をドッキリ式で学習!今回の番組でもっとも壮大なドッキリが...
別窓で開く

領地の石高を過少申告!? 秀吉も頭を悩ませた島津四兄弟の処遇
■毛利輝元を自ら案内する手厚い「おもてなし」中国地方を支配する安芸の毛利輝元さまは、早くから秀吉と友好関係でございましたが、上洛されたのは九州遠征が終わってから、小田原攻めが始まるまでのことでした。懸案の足利義昭さまの帰洛も実現し、なんの支障もなくなったわけです。このときの様子を少し時間を遡りますが...
別窓で開く

関ヶ原の戦いで石田三成を支えた大谷吉継との浄愛
自身を「オカマ」だと公言する山口志穂氏は、日本の歴史は“男色の歴史”であると語ります。戦国時代にも男色嗜好は幅広く好まれていましたが、豊臣秀吉にその気はあまりなかったようです。それでは関ヶ原の戦いで、徳川家康と対決した石田三成はどうだったのでしょうか?■大谷吉継に頭を叩かれても「ありがとう」秀吉の死...
別窓で開く

総理大臣になってほしい武将ランキング 1位は「徳川 家康」
総計で「わからない/特になし」の33%を除くと、1位は「徳川 家康」で18%、2位は同率「織田 信長」と「黒田 官兵衛」で14%、4位も同率で「直江 兼続」と「伊達 政宗」で13%でした。■30代以下は「織田 信長」、その他の年代の人は「徳川 家康」推し年代別を見ると、30代以下のみ「織田 信長」が...
別窓で開く


<前へ1次へ>