本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



TBS『アトムの童』山崎賢人・松下洸平の「尊いわちゃわちゃ」!抜群コンビ感の「正体」
 山崎賢人(28)主演の日曜劇場『アトムの童(こ)』(TBS系)の第3話が10月30日に放送され、平均世帯視聴率が9.1%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)と堅調。山崎と松下洸平(35)が仲良くゲームを作っている、“わちゃわちゃ感”がエモいと好評だ。...
別窓で開く

(特集)ばんえつ物語爆煙ポイント(新潟下り編)(2022年版)
撮影ガイドトップへ 磐越西線 ばんえつ物語撮影ガイド 爆煙ポイント(新潟下り編) 2015/9/19 津川→三川 75kmポスト 下りの新潟は基本的には下り勾配が多く、駅発車以外で煙が期待できるのは鹿瀬のストレートと75kmポストぐらいになります。しかし夕暮れのシーンと煙のコンビネーションの素晴らし...
別窓で開く

全米を笑わせる日本人が語るお笑いの価値「分断をなくすことがスタンダップコメディにできること」
スタンダップコメディアンとして活動するだけでなく、シカゴで行なわれた国際的コメディフェスティバル「World Comedy Expo」の発起人とディレクターも務めるSaku Yanagawa氏。初開催ながら6000人以上の観客を集めた本場アメリカのスタンダップコメディの劇場で、若き日本人が年400回...
別窓で開く

「これからは少しだけエッセイストみたいな顔をして...」アンガールズ田中『ベスト・エッセイ2022』に選出!
 2022年8月5日、光村図書出版より、『ベスト・エッセイ2022』が発売された。 平成元年に刊行された「ベスト・エッセイ」は、作家・林真理子さんが理事長を務める日本文藝家協会が編纂し、年に一度刊行される年間アンソロジー。2022年版は、21年の新聞・雑誌等の媒体に発表されたエッセイの中から選りすぐ...
別窓で開く

フリー芸人だからM-1にも噛みつける! エル上田のタブーなき漫才
エル上田とデロリアン林からなる、お笑いコンビがエル・カブキ。若手では珍しく時事ネタを主とする漫才スタイルで、さまざまな賞レースで爪痕を残している。最近では、上田がラッパーのダースレイダーや、ノンフィクション作家の田崎健太のトークライブに出演するなど、活動の幅を広げている。しかし昨年、10年近く在籍し...
別窓で開く

大谷翔平が不振に喘いでいる。初めてシーズンを通して二刀流でフルに活躍してきた疲労が蓄積されているのだろう。TIMEマガジンの「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたように、ベーブ・ルースを超えた存在は、「世界的にファンを増やし、野球に引き付けた」(エンゼルスのマドン監督=スポニチ9月17日付)。...
別窓で開く

史上初の2部チーム優勝で幕を閉じたアミノバイタルカップ。決勝はPK戦11人目にまでもつれ込む大熱戦に!
 決勝にふさわしい激闘だった。アミノバイタルカップ決勝は関東大学リーグ1部の強豪・法政大と、今大会で快進撃を続け、初の全国となる総理大臣杯出場と初のファイナル進出を決めた関東2部の産業能率大の間で行われたが、まさに一進一退という言葉がぴったりな白熱のゲームとなった。...
別窓で開く

盛り上がったゲーム音楽での五輪入場行進 そういえば「マリオ」は...?
「多様性」と「調和」が基本コンセプトの「東京2020オリンピック開会式」。NHK総合では7月23日(2021年)夜に生中継があった。コロナ禍での強行開催には反対派も多く、そもそも関心がないという人もいて、さほど注目されないか、と思われたが、直前のゴタゴタ騒ぎで一挙に国民的関心事になった感ある。...
別窓で開く

小山田圭吾の『障がい者いじめ』にカズレーザーが怒りの指摘 「的を射てる」と共感の声
東京五輪の開会式で楽曲制作を担当する、ミュージシャンの小山田圭吾さんの過去の言動が議論になっています。2021年7月14日、東京五輪に関わることが発表された小山田さん。しかし、小山田さんが1990年代に受けた雑誌のインタビューで、障がい者へのいじめを明かしていた情報が拡散されたのです。東京五輪に関連...
別窓で開く

エンゼルスの大谷翔平がMLBのオールスターゲームに出場(日本時間2021年7月14日)が決まった。ア・リーグ指名打者部門で、前日に行われる恒例の本塁打競争にも出場する。バッターとしての活躍は目を見張るものがあるから当然だが、ここへきて投手としての大谷に、やや心配な兆候が見える。FLASHが伝えている...
別窓で開く


<前へ12次へ>