本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」
(騒動前からスマホはやめてガラケー生活(C)日刊ゲンダイ)【注目の人 直撃インタビュー】 東出昌大(俳優) ついに本格復帰に向けて動きだした。2年前、女優・杏(36)との間に3人の幼子がいながら若手女優との不倫を報じられ、激しいバッシングにさらされた。その後、離婚。当時について「あの時は本当にグチャ...
別窓で開く

「東京オリンピックへの強い憤りが…」トマト農家でもある兼業映画監督が“自主制作だからできた”リアルな表現
 刑事の父(川瀬陽太)と暮らし、交差点で一人サイレントスタンディングを始める女子高生の山吹(祷キララ)。韓国から日本へ流れ着き父親の借金を返すため採石場で働く元騎手のチャンス(カン・ユンス)。岡山県真庭市を舞台に、地方に住む人々の悲哀と抵抗のドラマを紡ぐ映画『やまぶき』(11月5日公開)は、日本映画...
別窓で開く

高級住宅街で起きた交通事故に「女はなんとか繕おうとし、男は…」ナンニ・モレッティ監督が描く“男女の違い”とは
 ある夜、ローマの高級住宅街のアパート前で起きた交通事故。それは、ここに住む三家族それぞれに衝撃を与えその運命を大きく変えていく。 監督は『息子の部屋』でカンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞したナンニ・モレッティ。俳優としても活躍し、『3つの鍵』では堅物の裁判官の役で出演している。ただし独特のユー...
別窓で開く

渦中の河瀬監督の五輪映画、早くも大爆死が確定? イメージダウン必至か
「国内映画ランキング」(興行通信社提供)が6日に発表されたが、3日に大規模公開となった東京五輪の公式記録映画「東京2020オリンピック SIDE:A」(河瀬直美監督)はトップ10圏外で、集客に苦戦していることが明らかになってしまった。 同映画は五輪開催に至るまでの約750日、5000時間の記録を元に...
別窓で開く

暴行報道で渦中の河瀬監督、帰国後の対応に注目が集まる
映画監督の河瀬直美氏が25日(日本時間26日未明)、フランスで開催中のカンヌ国際映画祭で行われた、同映画祭のクラシック部門(カンヌ・クラシック)に選出されているドキュメンタリー映画「東京2020オリンピック SIDE:A」(6月3日公開)の公式上映に出席。上映後に大きな拍手を浴びたことを、各メディア...
別窓で開く

「週刊文春WOMAN」が高コスパ。40〜50代女性が読みたいこと、詰まってます!
「週刊文春WOMAN 2022 創刊3周年記念号」が2021年12月21日に発売された。巻頭カラーページのテーマは、「紙の雑誌だからできること」。雑誌が次々と休刊する時代、紙に印刷された「じっくり醸成されたことば」だからこそ、伝わることがあるのではないかと、問いかける。...
別窓で開く


<前へ1次へ>