本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



“インド最高峰の大学”に毎年合格者を出す私塾「スーパー30」創設者の奮闘を実話を元に描く 「スーパー30 アーナンド先生の教室」を採点!
■〈あらすじ〉 アーナンド・クマール(リティク・ローシャン)は、天才的な数学の才能が認められ、英国ケンブリッジ大学の入学許可を得るも、渡航費用を工面できず断念。有名予備校の経営者ラッランにスカウトされ教壇に立ち、瞬く間に看板講師となった。 しかし、路上で学ぶ貧しい少年との出会いを機に予備校を辞め、私...
別窓で開く

〈ママ友に懲役15年判決〉福岡5歳児餓死 洗脳された母は拘置所て?「息子か?夢に出る」
〈ママ友に懲役15年判決〉福岡5歳児餓死 皮下脂肪1ミリに追い込んた?"洗脳LINE" から続く 福岡県篠栗町のマンションで碇利恵被告(40)の三男・翔士郎ちゃん(当時5)が餓死した事件。21日、保護責任者遺棄致死や詐欺などの罪に問われた“ママ友”・赤堀恵美子被告(49)の裁判員裁判判決公判が福...
別窓で開く

離婚を経て9歳下の彼氏と…田中律子が51年の人生で手にしたもの
 8月31日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジ系)で、年下彼氏の存在を明かした田中律子(51)。「明石家さんまから『年の差は?』と突っ込まれると、『9歳下』と照れながら正直に告白した」(放送記者) 田中は12歳の時に東京・町田のデパートでスカウトされ、芸能界入り。モデルを皮切りに、吉田拓郎らが設立...
別窓で開く

「ナウシカとクシャナ、古典歌舞伎にいない主体的な女方が主役の物語」 尾上菊之助が『風の谷のナウシカ』を新作歌舞伎に選んだ理由
「長い古典を歌舞伎にするとき、どこを切り取るかかなり悩む」 尾上菊之助がアニメ『平家物語』の脚本家と語る“平家の苦しみ” から続く 約800年前の古典が初めてアニメ化され注目を集めたTVアニメ『平家物語』。古川日出男現代語訳版を原作とし、脚本を『けいおん!』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の...
別窓で開く

〈初公判でママ友が無罪主張〉福岡5歳児餓死 洗脳された母は拘置所て?「息子か?夢に出る」
 福岡県篠栗町のマンションで碇利恵被告(40)の三男・翔士郎ちゃん(当時5)が餓死した事件。29日、保護責任者遺棄致死や詐欺などの罪に問われた“ママ友”・赤堀恵美子被告(49)の初公判が福岡地裁であった。碇被告への洗脳や、生活保護費を騙し取ったとされる一連の容疑を全面的に否認。無罪を主張している。...
別窓で開く

安倍元総理補佐官の公費不倫騒動、「おじいちゃん」理由に関係を否定? コロナ禍でうやむやか【芸能界“ドロ沼”不倫ファイル】
安倍晋三元総理が7月8日、奈良市で街頭演説中に拳銃で撃たれ殺害された。悲報を受け、岸田文雄総理は同月14日、安倍元総理の「国葬」を執り行うことを表明。戦後、総理大臣経験者の国葬は1967年の吉田茂氏以来55年ぶり2人目となる。安倍元総理は、通算8年8カ月総理大臣を務めて憲政史上最長を記録し、海外首脳...
別窓で開く

〈一家を再逮捕〉「儲けは全て親父が持っていった」給付金9億6千万円詐取“三重のビッグダディ”の豪遊生活
 谷口光弘容疑者(48)らが家族ぐるみで9億円以上もの持続化給付金を騙し取った事件。警視庁は8月2日、谷口容疑者や元妻の谷口梨恵容疑者(45)、長男の大祈容疑者(22)ら関係者5名を詐欺罪で再逮捕した。 約1800件もの虚偽申請を乱発した谷口一家。詐欺の手口や、主犯の光弘容疑者の転落人生を詳報した「...
別窓で開く

〈一家を再逮捕〉早大不合格、水商売、住宅ローン詐欺、油田開発…「9億6000万詐欺で逮捕」谷口光弘の転落人生
 谷口光弘容疑者(48)らが家族ぐるみで9億円以上もの持続化給付金を騙し取った事件。警視庁は8月2日、谷口容疑者や元妻の谷口梨恵容疑者(45)、長男の大祈容疑者(22)ら関係者5名を詐欺罪で再逮捕した。 約1800件もの虚偽申請を乱発した谷口一家。詐欺の手口や、主犯の光弘容疑者の転落人生を詳報した「...
別窓で開く

「峯岸みなみ」以前にもあった!丸坊主ザンゲした美女アイドルの「インド逃避行」
 AKB48の元メンバー・峯岸みなみが、丸坊主で涙ながらに謝罪する様子が公開されたのは、2013年1月31日。同日、「週刊文春」でダンサー・白濱亜嵐とのお泊り愛が報じられ、AKB48には恋愛禁止のルールがあったため、頭を丸めて謝罪に及んだものだ。人気絶頂のアイドルに何があったのかと、当時はこのニュー...
別窓で開く

東出昌大、群馬で「巨大な全粒粉」を抱える姿がシュール! 女性ファンに声をかけられとった対応
2022年5月、朗読劇の会場をあとにする東出昌大の手には全粒粉が…… 5月14日の昼過ぎ、東出の姿は群馬県前橋市にあった。 詩人・萩原朔太郎の代表作の初版本発行を題材にした朗読劇に出演したのだ。座席数600人のホールは、ほぼ満席。年配の観客に交じって、東出のファンらしき若い女性たちの姿もちらほら。...
別窓で開く


<前へ12次へ>