本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「グッドフェローズ」レイ・リオッタさん死去、67歳 映画ロケで睡眠中に息引き取る
映画「グッドフェローズ」「フィールド・オブ・ドリームス」出演などで知られる米俳優レイ・リオッタさんが、ドミニカ共和国で死去した。67歳。欧米メディアが伝えた。睡眠中に息を引き取ったという。現地報道などは広報担当者の話として、リオッタさんが映画「デンジャラス・ウオーターズ」のロケ中だったとしている。...
別窓で開く

ロシアの不正なロンダリング マネーに石油、盗んだ小麦をたたき売る
ウクライナに軍事侵攻したロシアに対し、西側諸国は結束して経済制裁を続けている。しかし、ロシアは抜け道を探し、制裁から逃れようとしている。マネーも、オイルも、穀物も「ロンダリング」されているという。日本にも影響が出ている。■「NYの新しい王」「ロンダリング」とは、もともとは洗濯のこと。洗い流してきれい...
別窓で開く

知ってる? 大隈重信の電話番号は何と〇〇〇だった
 世の中には、どの分野にも一定数「数字マニア」が存在する。 ここで言う「数字マニア」とは、数字で表現される情報には執着するが、それ以外の情報には鈍感になりがちな人を指す。たとえば野球なら、年齢も年俸も打率も背番号もOPSも知ってるけど、その選手の顔は覚えていない、というような人がいる。...
別窓で開く

昭和を彩った歌手、女優、タレントたちが自ら命を絶った“それぞれの理由”〜芸能人・非業の死⑦
藤圭子さん (C)週刊実話Web昭和を代表する歌手として、また宇多田ヒカルの母親としても知られた藤圭子さん(享年62)は、長年うつ病とみられる症状に悩まされていたという。「ヒカルの稼ぎ出す莫大なカネを持って、世界を放浪。2006年3月には、藤さんが持ち込もうとした米ドルなど現金計約4900万円相当を...
別窓で開く

いまの新型コロナにマスクは本当に必要なのか? 海外では緩和の動き
 新型コロナが流行し始めた2019年から繰り返し俎上に載せられてきた、「マスクは本当に必要なのか」という話題。シンガポールが3月末に屋外でのマスク着用義務を解禁しながら、新型コロナの新規感染者が減少したこともあり、改めて脱マスクに向けた議論が起きている。...
別窓で開く

【本棚を探索】第16回『冤罪と人類 道徳感情はなぜ人を誤らせるのか』管賀 江留郎 著/濱口 桂一郎
■結論を普通にみせる怪著 文庫本ながら700頁近い分量というだけでなく、その中身も「怪著」の名に値する。元は「いくつかの出版社を渡り歩き、紆余曲折のうえに」2016年に洋泉社から刊行された書籍で、21年に早川書房から文庫化された。原著ではいま副題になっている「道徳感情はなぜ人を誤らせるのか」がメイン...
別窓で開く

中国の通信機器最大手の華為科技(ファーウェイ)は4月1日、同社の副董事長兼CFO(副会長兼最高財務責任者)の孟晩舟氏が、新たに輪番董事長(交代制の会長職)を兼務すると発表した。同社の説明によれば、この人事は輪番董事長の1人だった副董事長の郭平氏が同じ日に監事会主席(監査役会議長)に選出され、輪番董事...
別窓で開く

再燃する「ハンター事件」、バイデン大統領次男への捜査が加速 検察当局は新たな証拠を得たのか?
(古森 義久:産経新聞ワシントン駐在客員特派員、麗澤大学特別教授) バイデン大統領の次男ハンター・バイデン氏に対する脱税や不正資金洗浄の容疑での刑事事件捜査が最近になって活発に進んでいることが、米国の多数のメディアの報道で明らかとなった。 そうしたメディアのなかには、これまで「ハンター事件」には否定...
別窓で開く

戦後の共産主義者釈放、歓迎会の主催は朝鮮人団体だった 「赤旗」の再刊資金の出どころは
 釈放された共産主義者たちは、そのまま東京・西新橋の飛行会館へと向かい、「自由戦士出獄歓迎人民大会」に出席して熱狂的な歓迎を受けた。だがその参加者もほとんどが朝鮮人で、赤旗とともに太極旗が至る所で振られていた。これも主催は朝鮮人団体だったのだ。...
別窓で開く

ロシア向けの「取引停止要請」だけでは足りない 〜日本に欠ける健全な暗号資産への取り組み
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月15日放送)に経済アナリストのジョセフ・クラフトが出演。金融庁と財務省が日本国内の暗号資産(仮想通貨)交換業者30社に対して行った、ロシアとの取引停止要請について解説した。...
別窓で開く


[ 司法省 ] の関連キーワード

グッドフェローズ リオッタ ロシア

<前へ12345次へ>