本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



■三井不動産と三菱地所を大幅に上回ったヒューリック 不動産業界の好調が続いている。 コロナ禍により在宅勤務やリモートワークが普及する中でもオフィス需要は堅調であり、また、在宅時間が増えたことで住宅への関心が高まり、住宅販売も好調だ。 2022年3月期は大手不動産5社(三井不動産、三菱地所、住友不動産...
別窓で開く

秋葉原駅から、つくばエクスプレスで約30分。東京大学柏キャンパス(千葉県柏市)の目の前に、一棟のホテルが竣工した。ホテルの名称は「三井ガーデンホテル柏の葉パークサイド」。デベロッパー首位の三井不動産が開発し、2022年7月1日に開業した。客室数は145室、素泊まりならば1部屋7000円強から宿泊でき...
別窓で開く

マリンピア神戸、2023年1月で一時閉館 全面建て替えへ
 三井不動産は、神戸市の商業施設「三井アウトレットパーク マリンピア神戸」(神戸市垂水区海岸通り)を2023年1月15日で一時閉館し、全面建て替えする方針を明らかにした。施設の老朽化に対応し、施設の西側で計画されているレジャー施設と一体となって整備するためで、再オープンは大阪・関西万博が開かれる20...
別窓で開く

銀座で3000万円台、厚すぎる床…“失われたデフレ時代”のすごいマンション
メイド専用室付き10億ション、風呂が3つある…〈値段が高いほどよい〉時代に生まれた“バブル時代のヤバいマンション” から続く 日本を覆う長いデフレの時代。“住まい”という、生活に密着する市場では何が起きていたのか——。 全国に16万棟あると言われるマンションの中には、その後の建築に新たな流れをひ...
別窓で開く

「元・億ション」に「もはや街」…高度経済成長期にできたレジェンドマンションの今〈築40年以上経っても4000万円で売れる理由〉
築55年エレベーターなし、足かけ19年かかった分譲、だが…時代を変えたナゾの“レジェンド団地” から続く 郊外の片隅にそびえる古びたマンションは、高度経済成長期から日本を変えた「レジェンド」だった——。 全国に16万棟あると言われるマンションの中には、その後の建築の方向をひっそりと変えた、「記念...
別窓で開く

「先取りしすぎた」タワマン、“27億ション”…バブル時代の「スペシャルすぎるマンション」
「元・億ション」に「もはや街」…高度経済成長期にできたレジェンドマンションの今〈築40年以上経っても4000万円で売れる理由〉 から続く 都心にたたずむ見慣れたマンションが、もし、「レジェンド物件」だとしたら……? 全国に16万棟あると言われるマンションの中には、建てられて40年経っても高値で取...
別窓で開く

◆電通が企画した外苑再開発—— 明治神宮外苑の再開発に伴い、東京都が約1000本の樹木を伐採しようとしていることが明らかになりました。山岡さんはこの問題を取材し、YouTubeの番組「山岡淳一郎のニッポンの崖っぷち」で解説されていますが、再開発の背景について教えてください。山岡淳一郎氏(以下、山岡)...
別窓で開く

コロナ禍でも成長し続ける東京。大きなパワーを持つ理由と今後の姿を考察
 2020年に発生した新型コロナウイルス感染症の大流行により、私たちの生活は大きく変わりました。緊急事態宣言に商業施設への営業自粛要請、イベントや競技の中止、教育機関でのオンライン授業導入......。経済活動は順次再開されているものの、まだまだコロナ前の生活は取り戻せていない状況です。...
別窓で開く

イオンモール×三井不動産 賑わい戻るショッピングモールの運営会社を比較【ライバル企業の生涯給与】
 街中に人が多くなってきました。これからは観光地を中心に訪日客もやってくるでしょう。コロナ禍以前の賑わいを取り戻すには、もう少し時間がかかりそうですが、週末のショッピングセンターなどでは家族連れをたくさん見かけるようになりました。 今回はショッピングセンターなどを運営する「イオンモール」と「三井不動...
別窓で開く

23区内で住むなら“文京区が最強”のワケ
 コロナ禍は多くの人々に自らのライフスタイルを見直すきっかけを与えた。毎朝毎夕、通勤する、つまり会社に出向いてオフィスの机に座ることが働くことと信じていた価値観に大きな影響を及ぼしたのだ。 今、コロナ禍がある程度の終息を見せるに至って、多くの企業では今まで通り朝の出社を命じ、オフィス街に人が戻りつつ...
別窓で開く


[ 三井不動産 ] の関連キーワード

マリンピア タワマン 三菱地所