本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



「ひ弱な選手が多いような印象は受けます」PL学園伝説のスカウト(86)が語った「軟式出身・硬式出身選手の優劣」
「後悔していない」佐々木朗希を登板回避させた結果は大敗…勝利よりも「彼の未来」を選んだ大船渡・元監督のその後 から続く 軟式出身と硬式出身選手のどちらが大成するのか? そんな難解な問いに説得力を持って答えたのが、KKコンビをPLに導いた伝説のスカウト・井元俊秀氏(86)だ。...
別窓で開く

花巻東・佐々木麟太郎まさかの敗退…甲子園“目玉なし”で高野連とテレビ局が早くも悲鳴
(最大の目玉が…(花巻東・佐々木) (C)岩手日報/共同通信イメージズ) 怪物2年生の早過ぎる夏が終わった。 岩手大会の優勝候補の大本命・花巻東が23日に行われた盛岡中央との準決勝で敗退。春夏連続の甲子園出場を逃した。 高校通算74本塁打の佐々木麟太郎(2年)は盛岡中央のプロ注目右腕、最速152キロ...
別窓で開く

前代未聞のセンバツ決勝志願降板。近江のエース山田陽翔に見る「高校野球の采配」の在り方
今大会、獅子奮迅の活躍を見せてきた近江のエース山田陽翔が、マウンド上からベンチに向けた仕草を見て、鳥肌が立った。「結果はホームランでしたけど、それにかかわらず、松尾(汐恩)くんで交代させてもらおうと思っていました。初回からボールが指にかからなくて……。2回が終わった時には...
別窓で開く

右ヒジ炎症のため準決勝を登板回避した近江・岩佐直哉。その決断に過密日程の影響はなかったか<SLUGGER>
 彼の右ヒジが軽症であることをただ祈るのみだ。 これまで快進撃を続けてきた滋賀県代表の近江が準決勝で智弁和歌山に力なく敗れた。 勝利の方程式を描けなかったのだから仕方ない結果と言えるだろう。エースナンバーをつけた岩佐直哉は登板することなく終わった。 近江の多賀章仁監督は言う。「準々決勝の神...
別窓で開く

コロナで2校が出場辞退 夏の甲子園、主催者の対策は十分だったのか
2年ぶりに開催されている夏の甲子園が荒れ模様だ。選手らの間で新型コロナの感染が広がり、宮崎商(宮崎)と東北学院(宮城)が出場を辞退したほか、きのう17日(2021年8月)は23年ぶり降雨コールド試合があった。大雨の影響で18日も予定されていた3試合が延期に。「今大会の順延は6度目で、過去最多となりま...
別窓で開く


<前へ1次へ>