本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。



神戸山口組「井上組長」最側近の若頭補佐が傷害容疑で逮捕 出頭直前にスナックからかかってきた電話の中身
■襲撃のために自宅をロケハン その傷害事件が起こったのは、7月2日午後9時過ぎのこと。場所は東京・江戸川区内の住宅街で、神戸山口組の若頭補佐で2代目英組の藤田恭右組長(50)の自宅すぐ近くだった。その後、藤田組長と組の若い衆とされるフィリピン国籍の宮崎大助容疑者(37)が、ある男性の左太ももをナイフ...
別窓で開く

《再逮捕》「カラオケ店で上半身を裸にさせて…」“睡眠薬で女性スタッフを暴行”逮捕の医師(42)が別の同僚に行った“卑劣な行為”
 今年6月、部下の女性スタッフへの準強制性交の疑いで逮捕された美容クリニックの竹澤章一元院長が、事件の翌日にもこの女性に性的暴行を加えたとして、再逮捕されたことが20日にわかった。竹澤容疑者は容疑を認めているという。 なぜこのような卑劣な犯行が起きてしまったのか。竹澤容疑者の素顔を追った当時の記事を...
別窓で開く

ハレンチ外科医『性的暴行』で逮捕…“記憶をなくした”女性複数余罪ありか
(画像)Master1305/Shutterstock「食事中に急に記憶がなくなり、ボーッとなりました」女性は警察にこう話して、被害を訴え出た。美容整形クリニックの院長が、部下の女性を食事に誘い、睡眠作用のある薬物を飲ませて、わいせつ行為に及んだとして逮捕された。...
別窓で開く

「カラオケ店で上半身を裸にさせて…」“睡眠薬で女性スタッフを暴行”逮捕の医師(42)が別の同僚に行った“卑劣な行為”
「竹澤さんが“統括医師”を名乗って権力を持ってから、襲われた女性スタッフは何人もいます。それを拒否すれば、『あいつはダメだ!』と職場のグループLINEに流され、居づらくなってすぐに辞めてしまう。...
別窓で開く

【直木賞候補】読者も「心の形」を暴かれる! 読み応えあるノンストップ・ミステリー。
 「東京、炎上。正義は、守れるのか。」 第167回直木賞候補作『爆弾』(講談社)。著者の呉勝浩(ご かつひろ)さんは、これで3度目の直木賞ノミネートとなる。選考会は7月20日に行われる。 本書は、「爆発を予言する男VS.翻弄される警察」の心理戦を描いたノンストップ・ミステリー。...
別窓で開く

6代目山口組側がついに都内でも! 神戸山口組・井上組長の最側近への抗争計画が! 2日夜発生の「傷害事件」の実態とは?
■太ももから血を流した男が 7月2日午後9時過ぎ、東京江戸川区内で、近隣住民から110番通報があった。現場で血を流していたのは6代目山口組側の関係者で、その近くにいたのは神戸山口組傘下団体の組員だった。ついに都内でも6代目側が神戸側に抗争をしかけてきたのか——。元山口組系義竜会会長の竹垣悟氏(現在は...
別窓で開く

逮捕!睡眠薬を飲ませて女性従業員に乱暴を…悪辣手口の美容外科院長は「厚労省に医師登録なし」の怪
 自身が院長として勤務する美容外科クリニックの20代女性従業員に、レストランで食事中に睡眠薬を飲ませて乱暴したとして、「東京ミッドクリニック」(東京都江戸川区)の院長で美容整形外科医の竹澤章一容疑者が6月30日、警視庁捜査1課に逮捕された。 竹澤容疑者は黙秘を続けているそうだが、同クリニックの患者口...
別窓で開く

目暮警部が権力乱用!? アニメ『名探偵コナン』でシュールな光景「国家権力を動かすコナン」
『名探偵コナン』101巻(青山剛昌/小学館)かねてから“無能”疑惑が上がっていた、『名探偵コナン』世界における警察組織。6月25日に放送されたアニメ第1048話『赤いヒツジの不気味なゲーム(後編)』では、まさにその証拠と言わざるを得ないシーンが登場。目暮警部の言動が物議を醸している。...
別窓で開く

アニメ『名探偵コナン』伝説の“高木刑事BL回”復活!「俺たちは何を見せられてるんだ…」
5月28日のアニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)で、2015年に放送された『高木刑事、手錠で逃走』がデジタルリマスター版で蘇ることに。過去に“伝説の回”と呼ばれたエピソードだったが、今回の復活でも大きな反響を呼んでいる。...
別窓で開く

「竜ちゃんがいなかったら有吉は辞めていた」 高田文夫氏が明かす“竜兵会”の絆
 稀代のコメディアン・志村けんさんが急逝して2年。今度は志村さんを師と仰いだ芸人が自ら命を絶った。定番のギャグとリアクション芸で芸能界を生き抜く一方で、彼がこよなく愛したのは酒と後輩芸人。どん底の時代から慕っていた有吉弘行(47)はその死に直面して……。 ***「ごめん、ごめんな。もう時間なんだ。遅...
別窓で開く


<前へ12次へ>