本文へジャンプします。

検索結果一覧へジャンプします。


もしかして


閣僚3人の辞任が続き、岸田政権の支持率低下が止まらない。ジャーナリストの鮫島浩さんは「このままでは内閣が持たない、という声が自民党から出始めた。岸田首相は来年5月の広島サミットを悲願としているが、それまでもたないのではないか」という——。■長期政権になるはずだった岸田政権の誤算政界の一寸先は闇だ。岸...
別窓で開く

内閣支持率が続落する中、岸田文雄首相の「孤立」が深刻化している。頻繁に自民党幹部や派閥領袖らとの面会を繰り返しているが、彼らの真意を見極められず疑心暗鬼が広がっているのだ。唯一、全幅の信頼を置く長男を首相秘書官に抜てきしたものの改善効果は見られず、もはや「聞く力」は周囲の進言に耳を傾けない「聞かない...
別窓で開く

寺田稔“更迭ショック”が地元・広島にも波紋…「10増10減」新区割りめぐり大荒れ必至
(寺田稔前総務相は地元でも総スカン(C)日刊ゲンダイ) 寺田更迭ショックが地元・広島政界にも波紋を広げている。先日、法案が成立した衆院小選挙区「10増10減」の区割り変更を巡って、大荒れしそうなのだ。 広島の選挙区は現行7から6に減少。うち、自民現職の新谷正義氏(当選4回)の4区と、寺田前総務相(同...
別窓で開く

2022年上半期(1月〜6月)にプレジデントオンラインで配信した人気記事から、いま読み直したい「編集部セレクション」をお届けします——。(初公開日:2022年3月16日)ロシアのプーチン大統領を説得できる政治家はいないのだろうか。国内では27回の首脳会談を重ねた安倍晋三元首相を特使に推す声がある。ジ...
別窓で開く

東南アジア外遊で「成果」を出すも日本国内に「評価」伝わらず 岸田総理
ジャーナリストの有本香が11月22日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。葉梨康弘前法務大臣、寺田稔前総務大臣が相次いで辞任したことを陳謝した岸田総理について解説した。...
別窓で開く

〈証拠写真〉岸田文雄首相も選挙で“空白領収書”94枚 公選法違反の疑い
 政治資金や選挙運動費用を巡る問題で寺田稔総務相を更迭した岸田文雄首相(65)が、昨年の衆院選(10月31日投開票)に伴う選挙運動費用収支報告書に、宛名も但し書きも空白の領収書を94枚添付していたことが、「 週刊文春 」の取材でわかった。目的を記載した領収書を提出することを定めた公職選挙法に違反する...
別窓で開く

岸田文雄首相は20日夜、政治資金をめぐる複数の問題や疑惑を抱える寺田稔総務相(64)を更迭した。首相公邸を訪れた寺田氏から辞表を受け取り受理した。取材に「相次いで閣僚が辞任することになり、深くおわび申し上げる。私自身、任命責任を重く受け止めている」と謝罪した上で「国民の批判を真摯(しんし)に受け止め...
別窓で開く

〈辞表を提出〉寺田稔総務相  妻の政治団体が“脱税”していた<大臣秘書官が認める>
「週刊文春」 が政治とカネの問題を相次いで報じてきた寺田稔総務相(64)が11月20日、岸田文雄首相に辞表を提出した。岸田政権にとっては3人目の大臣辞任となり、大きな政治的危機を迎えた。 妻の政治団体による脱税疑惑を皮切りに、 「週刊文春」 は関係政治団体が故人を会計責任者にしていた事実など、寺田...
別窓で開く

〈辞表を提出〉寺田稔総務相に新たに公選法違反の疑い 衆院選の選挙費用を虚偽記載〈振込明細で発覚〉
〈辞表を提出〉寺田稔総務相  妻の政治団体が“脱税”していた<大臣秘書官が認める> から続く「 週刊文春 」が政治とカネの問題を相次いで報じてきた寺田稔総務相(64)が11月20日、岸田文雄首相に辞表を提出した。岸田政権にとっては3人目の大臣辞任となり、大きな政治的危機を迎えた。...
別窓で開く

〈辞表を提出〉寺田稔総務相・関係政治団体の会計責任者は故人だった〈有印私文書偽造の疑い〉
〈辞表を提出〉寺田稔総務相に新たに公選法違反の疑い 衆院選の選挙費用を虚偽記載〈振込明細で発覚〉 から続く 「週刊文春」 が政治とカネの問題を相次いで報じてきた寺田稔総務相(64)が11月20日、岸田文雄首相に辞表を提出した。岸田政権にとっては3人目の大臣辞任となり、大きな政治的危機を迎えた。...
別窓で開く


[ 宏池会 ] の関連キーワード

東南アジア

<前へ123456次へ>